発表者ツールを使う

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

PowerPoint を使うとすばらしいプレゼンテーションを作成でき、

発表者ツールによって PowerPoint はさらに使いやすくなります。

従来の発表では、視聴者が PowerPoint のスライド画面の方を向き、

発表者が視聴者と画面の間に立ってコンピューター上でスライドを切り替えます。

プロの発表者でもなければ、

紙のノートをめくったり、その場でスライドを読み上げながら進める必要もあるでしょう。

発表者ツールがあれば、コンピューターのマルチモニター機能を利用して、

視聴者用の画面とスライド ショーの操作を切り離すことができます。

視聴者がメイン画面でスライドを見ている間、

発表者は発表者ツールを使用して、自分専用の別の画面でショーを制御できます。

発表者ツールは、ショーの実行に必要なものをすべて 1 つのウィンドウにまとめたダッシュボードのようなものです。

ノートはここにあります。

このモニターに表示されるのは、視聴者用の画面ですが、画面切り替え、効果、ビデオは表示されません。

このモニターには次のスライドが表示されます。

ここにはすべてのツールが揃っており、視聴者から見えないように選択できます。

ここをクリックすると、スライドを前後に進めることができます。

プレゼンテーションの開始時にスタートするタイマーと時計もあります。

目の高さから少し下にノート PC を置いて発表者ツールを操作すると、視聴者の顔を見ることもでき、画面を振り返る必要もありません。

レーザー ポインターや描画ツールを選択したり、スライド ナビゲーターを使用して別のスライドを選択したり、

発表者は舞台裏をすべて把握でき、視聴者は発表の内容に集中できます。

発表者ツールは、発表者の集中力を高める上でも有効です。

すべてのコントロールが大きなアイコンとシンプルなデザインで 1 つのウィンドウに表示されるので、操作が簡単です。

興味があれば、発表者ツールをぜひ試してみてください。

次のビデオでは、プレゼンテーションを設定します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×