発行済みフォーム テンプレートを変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

発行済みフォーム テンプレートを変更するには、作業用のフォーム テンプレートのコピーを変更し、その作業用コピーを元の発行場所に再発行します。

この記事の内容

概要

フォーム テンプレートの作業用コピーを取得する

変更したフォーム テンプレートをドキュメント ライブラリに再発行する

変更したフォーム テンプレートを共有ネットワーク フォルダに再発行する

概要

発行済みフォーム テンプレートを変更する前に、変更によって、そのフォーム テンプレートを基にした既存のフォームにどのような影響があるかを考慮しておきます。たとえば、フォーム テンプレートのdata sourceを変更すると、そのフォーム テンプレートに基づいた既存のフォームのデータが永久に失われる可能性があります。

フォーム テンプレートに次の変更を行うと、データが失われる可能性があります。

  • 繰り返しフィールドまたは繰り返しグループから繰り返しでないフィールドまたはグループへの変更

  • rich text fieldのデータ型の変更

  • データ ソースのフィールドまたはグループの名前変更、移動、または削除

    注: フォーム テンプレートからコントロールを削除すると、そのコントロールにバインドされているフィールドまたはグループ、およびそのフィールドまたはグループにあるデータはデータ ソースに残ります。ただし、フィールドまたはグループにバインドされているコントロールを削除しているので、そのフィールドまたはグループにあるデータはフォーム上には表示されません。フォーム テンプレートからコントロールを削除したときに、削除したコントロールにバインドされているフィールドまたはグループにあるデータを表示するには、別のコントロールをフォーム テンプレートに追加し、その新しいコントロールを既存のフィールドまたはグループにバインドします。

発行済みのフォーム テンプレートを変更するには、最初にそのフォーム テンプレートの作業用コピーを変更します。作業用コピーは作業中のコンピュータまたは Microsoft Visual SourceSafe のようなバージョン コントロール プログラムに保存されています。作業用コピーを変更した後は、発行場所に再発行できます。フォーム テンプレートの作業用コピーがない場合に、Microsoft Windows SharePoint Services を実行しているサーバーのドキュメント ライブラリまたは共有ネットワーク フォルダにフォーム テンプレートを発行したとき、フォーム テンプレートのコピーを発行場所からコンピュータに保存できます。この保存したコピーが作業用コピーになります。この作業用コピーを変更して、元の発行場所に再発行することができます。変更したフォーム テンプレートを元の発行場所に発行すると、最初に発行されたフォーム テンプレートは、変更されたフォーム テンプレートで上書きされます。

フォーム テンプレートを発行することと、フォーム テンプレートを保存することは同じではありません。フォーム テンプレートを発行すると、発行ウィザードは発行場所と処理命令をフォーム テンプレートに追加して、ユーザーがこのフォーム テンプレートに基づくフォームを開けるようにします。フォーム テンプレートを保存すると、コンピューターにファイルを保存するときと同様に、フォーム テンプレートのコピーを保存します。フォーム テンプレートにユーザーが記入できるようにする場合には、必ず、発行ウィザードを使用する必要があります。

ページの先頭へ

フォーム テンプレートの作業用コピーを取得する

ドキュメント ライブラリまたは共有ネットワーク フォルダに発行されているフォーム テンプレートを変更する場合に、フォーム テンプレートの作業用コピーがないときは、フォーム テンプレートの作業用コピーを発行場所からコンピュータに保存できます。

ヒント: フォーム テンプレートの作業用コピーを管理するには、Microsoft Visual SourceSafe のようなバージョン コントロール プログラムを使用することもできます。

フォーム テンプレートのコピーをドキュメント ライブラリからコンピュータに保存する

  1. Web ブラウザーでは、フォーム テンプレートが発行されたドキュメント ライブラリを開きます。

  2. [設定] メニューの設定] をクリックし、[フォーム ライブラリの設定] をクリックします。

  3. [全般設定] で [詳細設定] をクリックします。

  4. [ドキュメントのテンプレート] の [テンプレートの編集] をクリックします。

    Microsoft Office InfoPath では、フォーム テンプレートが開きます。

  5. [Microsoft Office InfoPath] ダイアログ ボックスの [はい] をクリックします。

  6. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  7. Microsoft Office InfoPath ] ダイアログ ボックスで、[ OK] をクリックします。

  8. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、フォーム テンプレートのコピーを保存する場所を指定し、[保存] をクリックします。

フォーム テンプレートのコピーを共有ネットワーク フォルダからコンピュータに保存する

  1. [ファイル] メニューには、フォーム テンプレートのデザインをクリックします。

  2. [フォーム テンプレートを開く] の [自分のコンピュータ上] をクリックします。

  3. 発行済みフォーム テンプレートの共有ネットワーク フォルダーを参照して、フォーム テンプレート] をクリックし、[開く] をクリックします。

  4. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  5. Microsoft Office InfoPath ] ダイアログ ボックスで、[ OK] をクリックします。

  6. 名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、以外の元のフォーム テンプレートの作業のコピーを保存する場所を公開して、[保存] をクリックする場所を選びます。

注: フォーム テンプレートは、フォーム テンプレートを最初に発行した共有ネットワーク フォルダに保存しないでください。フォーム テンプレートを共有ネットワーク フォルダに保存すると、既存のフォーム テンプレートが上書きされます。既存のフォーム テンプレートを上書きしてしまうと、このフォーム テンプレートに基づいた既存のフォームをユーザーが開けなくなる可能性があります。

ページの先頭へ

変更したフォーム テンプレートをドキュメント ライブラリに再発行する

ドキュメント ライブラリに最初に発行されたフォーム テンプレートの作業をしている場合は、フォーム テンプレートの作業用コピーに必要な変更を加えた後、ドキュメント ライブラリに再発行することができます。

  1. [ファイル] メニューの [発行] をクリックします。

  2. 発行ウィザードの [InfoPath Forms Services をインストール済み/未インストールの SharePoint サーバーへ] をクリックして、[次へ] をクリックします。

  3. ウィザードの次のページで、フォーム テンプレートを最初に発行した SharePoint サイトの場所を入力し、[次へ] をクリックします。

  4. ウィザードの次のページの [ドキュメント ライブラリ] をクリックして、[次へ] をクリックします。

  5. ウィザードの次のページの [既存のドキュメント ライブラリのフォーム テンプレートを更新する] をクリックします。次に、フォーム テンプレートを最初に発行したドキュメント ライブラリをクリックして、[次へ] をクリックします。

  6. ドキュメント ライブラリの既定のビューの列として表示するフォーム テンプレートのフィールドを選択します。

    方法

    1. [追加] をクリックします。

    2. ドキュメント ライブラリで列として追加するフィールドを選択し、次のいずれかの操作を行います。

      • 列名] ボックスで、[列の名前を入力します。

      • サイト列グループ] リストで、サイト内の列を選択し、列名] ボックスの一覧で名前を選択し、[ OK] をクリックします。

        注: ドキュメント ライブラリでのデータを表示する繰り返しフィールドを選択した場合、関数リストで値をクリックして、ドキュメント ライブラリでフィールドを表示する方法を定義できます。すべての値を結合するかどうか、フィールド、フィールド、またはすべてのフィールドのアイテムの数の最後の値の最初の値を表示するかどうかを選択できます。

    3. [OK] をクリックします。

    ドキュメント ライブラリの列にデータを表示する方法については、[参照] に掲載されているリンクを参照してください。

  7. ウィザードの次のページの [発行] をクリックします。

    フォーム テンプレートが発行されたら、ウィザードの最後のページで確認メッセージが表示されます。

  8. 次のいずれかの操作を行います。

    1. ドキュメント ライブラリを開いて、フォーム テンプレートに基づいたフォームに入力する処理をテストするには、[このドキュメント ライブラリを開く] チェック ボックスをオンにして、[閉じる] をクリックします。ドキュメント ライブラリが Web ブラウザで開きます。リスト ツールバーの [新規] をクリックすると、このフォーム テンプレートに基づいたフォームが InfoPath で開きます。

      ヒント: フォーム テンプレートが入力用に使用可能であることをユーザーに通知する場合は、フォーム テンプレートを発行したドキュメント ライブラリへのリンクを電子メールで知らせます。

    2. フォームとフォーム テンプレートを含む電子メール メッセージをユーザーに送信するには、[電子メールの宛先にフォームを送信する] チェック ボックスをオンにして、[閉じる] をクリックします。

      メッセージの本文にフォームが含まれる電子メール メッセージが開くので、必要な情報を入力してユーザーに送信します。ユーザーが Microsoft Office Outlook 2007 を使っている場合は、電子メール メッセージを開いてフォームに入力できます。それより前のバージョンの Outlook または他の電子メール アプリケーションを使っているユーザーは、フォームとフォーム テンプレートが添付された電子メール メッセージを受け取ります。ユーザーは、添付されたフォーム テンプレートを開き、自分のコンピューターにフォーム テンプレートをインストールできます。その後、ユーザーは添付されたフォームを開いて、InfoPath でフォームに入力できます。

      ヒント: 電子メール メッセージの [序文] ボックスに、信頼できる送信者からの電子メール メッセージに添付されたファイルのみを開くよう注意するユーザーへの警告を入力します。

ページの先頭へ

変更したフォーム テンプレートを共有ネットワーク フォルダに再発行する

共有ネットワーク フォルダに最初に発行されたフォーム テンプレートの作業をしている場合は、フォーム テンプレートの作業用コピーに必要な変更を加えた後、共有ネットワーク フォルダに再発行することができます。

  1. [ファイル] メニューの [発行] をクリックします。

  2. 発行ウィザードの [ネットワークの場所へ] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  3. ウィザードの次のページの [参照] をクリックします。

  4. フォーム テンプレートを最初に発行した共有ネットワーク フォルダを参照し、フォーム テンプレートの名前をクリックして、[OK] をクリックします。

  5. ウィザードの次のページで、[フォーム テンプレートの名前] ボックスのパスとフォーム テンプレートの名前が正しいことを確認して、[次へ] をクリックします。

  6. パブリックな Uniform Resource Locator (URL) のような共有ネットワーク フォルダの代替パスがある場合は、ウィザードの次のページのボックスに入力します。

  7. [次へ] をクリックします。

  8. ウィザードの次のページの [発行] をクリックします。

    フォーム テンプレートが発行されたら、ウィザードの最後のページで確認メッセージが表示されます。

  9. 次のいずれかの操作を行います。

    • ドキュメント ライブラリを開いて、フォーム テンプレートに基づくフォームに入力する処理をテストするには、[このドキュメント ライブラリを開く] チェック ボックスをオンにして、[閉じる] をクリックします。ドキュメント ライブラリが Web ブラウザで開きます。[設定] メニューの [新規] をクリックすると、このフォーム テンプレートに基づいたフォームが InfoPath で開きます。

      ヒント: フォーム テンプレートが入力用に使用可能であることをユーザーに通知する場合は、フォーム テンプレートを発行したドキュメント ライブラリへのリンクを電子メールで知らせます。

    • フォームとフォーム テンプレートを含む電子メール メッセージをユーザーに送信するには、[電子メールの宛先にフォームを送信する] チェック ボックスをオンにして、[閉じる] をクリックします。

      メッセージの本文にフォームが含まれる電子メール メッセージが開くので、必要な情報を入力してユーザーに送信します。ユーザーが Microsoft Office Outlook 2007 を使っている場合は、電子メール メッセージを開いてフォームに入力できます。それより前のバージョンの Outlook または他の電子メール アプリケーションを使っているユーザーは、フォームとフォーム テンプレートが添付された電子メール メッセージを受け取ります。ユーザーは、添付されたフォーム テンプレートを開き、自分のコンピューターにフォーム テンプレートをインストールできます。その後、ユーザーは添付されたフォームを開いて、InfoPath でフォームに入力できます。

      ヒント: 電子メール メッセージの [序文] ボックスに、信頼できる送信者からの電子メール メッセージに添付されたファイルのみを開くよう注意するユーザーへの警告を入力します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×