発行ページ レイアウトをカスタマイズする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office SharePoint Designer 2007 で、発行ページ レイアウトを全般的にカスタマイズできます。このトピックでは、Office SharePoint Designer 2007 でページ レイアウトを迅速に開く方法、およびユーザー設定のコンテンツを追加する方法について説明します。また、コンテンツ所有者がブラウザを介してコンテンツを共同作成できるようにする、ページ フィールドおよびコンテンツ フィールドを挿入する方法についても説明します。

重要: 発行ページ レイアウトを作成するには、Microsoft Office SharePoint Server 2007 が稼働しているサーバー上のサイトで作業する必要があり、サイト コレクションの最上位サイトで発行を有効にする必要があります。また、コンテンツ タイプ (発行ページに挿入されるコンテンツを定義する場合に使用する) を作成するために、最上位サイトに対する作成権限を持っている必要があります。ページ レイアウトを作成できない場合は、サーバー管理者に問い合わせてください。

この記事の内容

ページ レイアウトとは何ですか。

編集用のページ レイアウトを開く

ページ レイアウトにユーザー設定のコンテンツを追加します。

ページ フィールドを挿入します。

コンテンツのフィールドを挿入します。

ページ レイアウトとは

ページ レイアウトの発行および設定を有効にすると、コンテンツ所有者はそのレイアウトを使用して自分のブラウザで Office SharePoint Server 2007 サイトの Web ページを作成できます。ページ レイアウトは、ページをどのような外観にするか、どのページ フィールドおよびコンテンツ フィールドを利用可能にするか、どの要素 (リストやライブラリなど) をページに表示するかを定義するページ テンプレートです。たとえば、ページ レイアウトの 1 つを出張レポート用に、2 つ目をニュースレター トピック用に、3 つ目を計画更新用にセットアップすることもできます。権限を持つユーザーは、これらのページ レイアウトに基づいて新規発行ページを作成することができます。特定のタイプのコンテンツに対して作成した新規ページは、統一された書式に準拠しています。

Office SharePoint Server 2007 で発行すると、ワークフロー プロセスが自動化され、発行ページに基づいた新規ページ作成をブラウザで容易に実行できます。ページの作成および編集が完了すると、コンテンツ所有者は校閲用にページを送信します。校閲者がトピックを承認および発行すると、サイトの他のユーザーがページを見ることができるようになります。

ページ レイアウトを作成した後で、Office SharePoint Designer 2007 を使用してページ レイアウトを全般的にカスタマイズすることができます。

ページとコンテンツ タイプの発行についての詳細については、「発行ページ レイアウトを作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

ページ レイアウトを編集のために開く

ページ レイアウトから作成された発行ページを参照しているときに、基になるページ レイアウトの変更が必要になる場合があります。サイト内の発行ページはすべてサイトレベルの [ページ] ドキュメント ライブラリに格納されています。このライブラリでは、各ページの作成に使用されたページ レイアウトを識別できます。

  1. ブラウザでサイトに移動し、[サイトの操作] メニューの [すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、[ページ] ドキュメント ライブラリをクリックします。

    または、http://your_site/pages/forms/allitems.aspx に直接移動します。ここで、your_site は自分の URL です。たとえば、fabrikamweb/finance for the http://fabrikamweb/finance subsite のようになります。

    [ページ] ドキュメント ライブラリは、発行機能により自動的に作成されます。このライブラリには、ページ レイアウトから作成されたサイト内のページがすべて格納されます。[ページ レイアウト] 列で、特定のページにどのページ レイアウトが使用されたかを確認し、リンクをクリックしてブラウザでページを表示することができます。

  2. Office SharePoint Designer 2007 でカスタマイズするページ レイアウトを開くには、次のいずれかの操作を行います。

    • [ページ] ドキュメント ライブラリでページをクリックし、[Microsoft Office SharePoint Designer で編集] をクリックします。メッセージが表示されたら、[ページ レイアウトの編集] をクリックします。

    • サイト コレクションの最上位サイト内の [マスタ ページ ギャラリー] に移動します。ここには、サイト コレクション用に利用可能なページ レイアウトがすべて格納されています。[サイトの操作] メニューの [サイトの設定] をポイントし、[すべてのサイト設定の変更] をクリックします。[ギャラリー] の下の [マスタ ページおよびページ レイアウト] をクリックします。必要なページ レイアウトをクリックしてから、[Microsoft Office SharePoint Designer で編集] をクリックします。

      または、http://your_top_level_site/_catalogs/masterpage/page_layout_file_name、your_top_level_site はどこのトップレベル サイト http://fabrikam fabrikam などのサイトの URL を直接参照することができます。この URL は、ページ レイアウトはトップレベル サイトのフォルダーにある [マスター ] フォルダーにあることを説明します。この URL を開き、ページ レイアウトを編集するために、トップレベルのサイトを編集するアクセス許可が必要にも表示されます。

ページの先頭へ

ユーザー設定のコンテンツをページ レイアウトに追加する

Office SharePoint Designer 2007 でページ レイアウトを編集のために開いた後で、マスタ ページに適用された他のページの場合と同じように編集することができます。ユーザー設定のコンテンツをページ レイアウトに追加すると、以降、そのページ レイアウトから作成されるすべての発行ページにそのコンテンツが表示されます。

  1. SharePoint Designer でページ レイアウトを開いた状態で、コンテンツを追加する対象のプレースホルダをクリックし、表示された矢印をクリックします。次に、[ユーザー設定のコンテンツの作成] をクリックして、編集のためにプレースホルダのロックを解除します。

    コモン コンテンツ タスク リストを表示したプレースホルダ

  2. これで、通常のページ編集の機能を使用して、このページのセクションを編集できるようになりました。たとえば、次の機能を使用することができます。

    •     [] メニューの [表の挿入] オプションをクリックし、内容の整列に役立つ表を作成できます。

    • グラフィック    画像フォルダの画像をクリックして、ページのこのセクションまでドラッグできます。

    • テキスト    テキストを表示したい場所をクリックして入力することができます。

    • Web パーツ領域    Web パーツ領域を挿入して、ページの訪問者に Web パーツ (ドキュメント ライブラリおよびリストのビューなど) を追加または削除するオプションを提供します。

    • Web パーツ    ドキュメント ライブラリやリストのビューをページに挿入します。

  3. [ファイル] メニューの [上書き保存] をクリックして、ページを保存します。または、Ctrl キーを押しながら S キーを押します。

ページの先頭へ

ページ フィールドを挿入する

Office SharePoint Server 2007 における発行とは、承認とその後の発行を通じて、Web コンテンツを下書きの段階から発行へと移行させるシステムです。Web コンテンツの作成の担当者である場合は、Web ページにその Web ページ自体の情報を表示する必要があるかもしれません。たとえば、ニュース サイトを担当している場合、トピックのページにトピック コンテンツを表示するだけでなく、コンテンツ名、ファイル名、あるいはサイトでのトピックの公開または削除をスケジュール設定している日付を表示することが必要になるでしょう。ページ フィールドをページ レイアウトに挿入することにより、これらの効果を実現できます。

また、ページ フィールドを使用して、コンテンツ共同作成者がブラウザからフィールドに情報を入力できるようにすることが可能です。たとえば、発行に際して、ページを発行する日付を指定できるように [開始日のスケジュール設定] を設定することができます。また、ページをサイトに表示しなくなる日付を指定できるように、[終了日のスケジュール設定] を設定することもできます。[開始日のスケジュール設定] および [終了日のスケジュール設定] は、ページに挿入できるページ フィールドであるため、コンテンツ所有者はこれらの日付をブラウザで変更することができ、発行システム内のスケジュール エンジンへの迅速な更新が可能です。ページ レイアウトに関連付けられたコンテンツ タイプに必要なフィールドを追加した後で、これらのページ フィールドをページ レイアウトに挿入することにより、各発行ページの一意のコンテンツをコンテンツ所有者が共同作成する方法を迅速に作成することができます。

次の図は、ブラウザ内のページ レイアウト コンテンツ タイプの列を示しています。このコンテンツ タイプ内の列は、Office SharePoint Designer 2007 の [ツールボックス] にフィールドとして表示されます。

ページ レイアウト タイプ情報と表示されたフィールド間のリレーションシップ

次の手順に従って、ページ フィールドをページ レイアウト内の編集可能な範囲に挿入します。

  1. SharePoint Designer でページ レイアウトを開いた状態で、コンテンツを追加する対象のプレースホルダをクリックし、表示された矢印をクリックします。次に、[ユーザー設定のコンテンツの作成] をクリックして、編集のためにプレースホルダのロックを解除します。

    注: 既存のページに追加するテーブルを作成する場合、最初にテーブルを空白ページに作成した方が作業が簡単になることがあります。この方法では、情報の書式設定および構造を自由に設定した後で、テーブルをコピーして、テーブルを発行する対象のページ上のプレースホルダに貼り付けることができます。次に、残りの手順に従って、ページ フィールドをテーブル内の割り当てられた領域に挿入します。

  2. [ツールボックス] が表示されていない場合は、[タスク ウィンドウ] メニューの [ツールボックス] をクリックします。

  3. [ページ フィールド] セクションから、編集可能な領域に挿入するページ フィールドをドラッグします。

    コントロールがページに挿入されます。

    注: [ツールボックス] の [ページ フィールド] セクション内のアイテムが表示されていない場合は、ページ レイアウトを編集中でないことが原因として考えられます。ページ フィールドおよびコンテンツ フィールドは、ページ レイアウトの場合にのみ利用可能です。

ページの先頭へ

コンテンツ フィールドを挿入する

コンテンツ フィールドを使用して、ページ レイアウトに挿入済みのコンテンツ (メタデータ) に関する情報を表示することもできます。ニュース サイトの例を使用しましょう。ページ レイアウトにトピックの本文用のフィールドが含まれている場合は、そのフィールドと共に、トピックの本文が最後に修正された日付および時刻を表示する別のフィールドも挿入できます。これは、コンテンツ フィールドをページ レイアウトに追加することにより実行します。コンテンツ フィールドをページ レイアウトに追加するには、次の操作を行います。

  1. SharePoint Designer でページ レイアウトを開いた状態で、コンテンツを追加する対象のプレースホルダをクリックし、表示された矢印をクリックします。次に、[ユーザー設定のコンテンツの作成] をクリックして、編集のためにプレースホルダのロックを解除します。

    注: 既存のページに追加するテーブルを作成する場合、最初にテーブルを空白ページに作成した方が作業が簡単になることがあります。この方法では、情報の書式設定および構造を自由に設定した後で、テーブルをコピーして、テーブルを発行する対象のページ上のプレースホルダに貼り付けることができます。次に、残りの手順に従って、ページ フィールドをテーブル内の割り当てられた領域に挿入します。

  2. [ツールボックス] が表示されていない場合は、[タスク ウィンドウ] メニューの [ツールボックス] をクリックします。

  3. [コンテンツ フィールド] セクションから、編集可能な領域に挿入するコンテンツ フィールドをドラッグします。

    コントロールがページ上のコンテンツに挿入されます。

    注: [ツールボックス] の [ページ フィールド] セクション内のアイテムが表示されていない場合は、ページ レイアウトを編集中でないことが原因として考えられます。ページ フィールドおよびコンテンツ フィールドは、ページ レイアウトの場合にのみ利用可能です。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×