発行ページ レイアウトに概要リンクの一覧を追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、ページ レイアウトに概要リンク Web パーツを挿入する方法を説明します。Web パーツ ページのレイアウトに追加すると、そのページ レイアウトから作成されるすべての発行ページに表示するハイパーリンクの一覧が発生します。ページ レイアウトの詳細については、「発行ページ レイアウトを作成する」を参照してください。

重要: 概要リンク Web パーツは、Microsoft Office SharePoint Server 2007 を実行しているサーバー上に配置されているサイトでのみ使用できます。事前にサーバーの管理者が、サイト コレクションのトップレベル サイトの Web パーツ ギャラリーでこの Web パーツを使用できるようにしておく必要があります。また、ページ レイアウトを開いて編集するには、トップレベル サイトの作成権限が必要です。

このトピックの内容

概要リンク Web パーツとは何ですか。

検索し、ページ レイアウトを開く

概要リンク Web パーツを挿入します。

概要リンク Web パーツとは

概要リンク Web パーツを使用すると、コンテンツ所有者がハイパーリンクの自由形式の一覧を簡単に作成できるようになります。一覧のハイパーリンクは、所有者の希望どおりに正確に分類できます。コンテンツ所有者が使用するページ レイアウトを作成する担当者は、コンテンツにハイパーリンクの一覧を含めたり、独自の見出しでリンクを分類したりする要望があると考えられる場合に、概要リンク Web パーツをページ レイアウトに挿入します。コンテンツ所有者が Web ベースのフォームを作成するときには、概要リンク Web パーツは次の図のように表示されます。

編集時の概要リンク Web パーツ

コンテンツ所有者はこの図のインターフェイスを使用して、[新しいリンク] をクリックして新しいハイパーリンクを追加したり、[新しいグループ] をクリックして、ハイパーリンクの一覧を表示するための新しい見出しを追加したりすることができます。次の図は、ページが発行された後、ユーザーがブラウザでページを表示したときに、概要リンク Web パーツがどのように表示されるのかを示しています。

発行後の概要リンク Web パーツ

ページの先頭へ

ページ レイアウトを見つけて開く

概要リンク Web パーツは、任意の Web パーツ ページに追加できます。ただし、この Web パーツをページ レイアウトに追加すると、そのページ レイアウトから作成されるすべての発行ページにハイパーリンクの一覧が表示されるようになります。まず、使用するページ レイアウトを見つけます。

  1. Microsoft Office SharePoint Designer 2007 で、概要リンクを表示するページ レイアウトを含むサイトを開きます。

  2. [_catalogs] フォルダの横にあるプラス記号 (+) をクリックして展開し、[masterpages] フォルダの横にあるプラス記号 (+) をクリックして展開し、概要リンク Web パーツを挿入するページ レイアウトをダブルクリックします。ページ レイアウトが開いて編集できるようになります。

    注: ページ レイアウトには拡張子 .aspx が付いています。.aspx ファイルの一覧で目的のページ レイアウトが見つからない場合は、各ファイルを右クリックして、ショートカット メニューの [プロパティ] をクリックします。[全般] タブにページ レイアウトのタイトルが表示されます。ブラウザのユーザー インターフェイスではページ レイアウトのタイトルが使用されるため、ファイル名ではわからなくてもタイトルからわかる可能性があります。タイトルを表示することで、目的のページ レイアウトを見つけやすくなります。

ページの先頭へ

概要リンク Web パーツを挿入する

ページ レイアウトを開いたら、概要リンク Web パーツを挿入します。

  1. ページ レイアウトを Office SharePoint Designer 2007 で開いた状態で、コンテンツを追加するプレースホルダをクリックし、表示される矢印をクリックします。続いて [ユーザー設定のコンテンツの作成] をクリックすると、プレースホルダのロックが解除されて編集できるようになります。

    コモン コンテンツ タスク リストを表示したプレースホルダ

  2. [作業ウィンドウ] メニューの [Web パーツ] をクリックします。

  3. [Web パーツ] 作業ウィンドウで、Web サイトのギャラリー (Fabrikam Publishing ギャラリーなど) を参照して、概要リンク Web パーツを見つけます。

    概要リンク Web パーツが選択されている [Web パーツ] タスク ウィンドウ

    ヒント: 概要リンク Web パーツが見つからない場合は、表示している Web パーツのギャラリーや、設定されているフィルタが間違っていないかどうかを確認してください。現在のギャラリーで一覧に表示される Web パーツを変更するには、[フィルタ] をクリックし、[表示] ボックスの一覧のオプションをクリックします。

  4. [概要リンク Web パーツ] をコンテンツ プレースホルダにドラッグします。

    Web パーツがページに挿入されます。

  5. 概要リンク Web パーツが挿入された状態のページ レイアウトをプレビューするには、[共通] ツールバーの [ブラウザでプレビュー] をクリックします。

    ページがブラウザで表示されます。この時点では、概要リンク Web パーツはまだ空の状態です。内容が表示されるようになるのは、コンテンツ所有者がこのページ レイアウトからページを作成し、リンクやグループを追加して、それらのリンクのスタイルやレイアウトを構成した後です。コンテンツ所有者は、リンクの一覧や概要を目的に応じて自由に作成できます。その操作はすべてブラウザから行うことができます。ブラウザで概要リンク Web パーツを使用および構成する方法の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

  6. 概要リンク Web パーツのレイアウトや外観を変更するには、ブラウザを閉じて、デザイン ビューで Web パーツを右クリックし、ショートカット メニューの [Web パーツのプロパティ] をクリックします。

  7. [概要リンク Web パーツ] ダイアログ ボックスで必要に応じてプロパティを変更し、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×