発行ページの開始日と終了日をスケジュールする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ページを作成した後は、サイトの閲覧者が反映される発行する必要があります。発行ページが使用可能になるし、発行ページに利用不可になったときに指定することも、日付を指定できます。ページの発行をスケジュールするには、リストまたはライブラリ ページを含むのアクセス許可を承認する必要があります。

この記事の内容

ページのスケジュール設定の概要

開始日と発行ページの終了日をスケジュールします。

ページのスケジュールの概要

機能の依存関係     ページの発行をスケジュールする機能は、Microsoft Office SharePoint Server 2007 の発行機能の一部です。つまり、ページのスケジュールは、Office SharePoint Server 2007 のバージョン管理とモデレートの機能に依存しています。特定のアイテムのスケジュールが正しく機能するためには、そのアイテムが格納されているリストまたはライブラリで、バージョン管理とモデレートが有効になっている必要があります。発行サイトでは、ページの発行をスケジュールできるように、ページ ライブラリに対するバージョン管理とモデレートが既定で有効にされています。

ページのバージョン管理    バージョン管理を有効にすると、各ページには、バージョン番号があります。メジャーまたはマイナー バージョンができます。メジャー バージョンは、その数フォーム x.0、x には、たとえば、2.0 正の整数。マイナー バージョン番号は、フォーム x.y x に負の任意の整数、y は正の整数、たとえば、場所、0.4 します。

ページを編集するたびに、そのページのマイナー バージョンが新たに作成されます。以前のバージョンがメジャーであるか、マイナーであるかに関係なく、新しいマイナー バージョン番号は、そのページの直前のバージョンに対して 0.1 ずつ増やされます。たとえば、バージョン番号が 2.0 であるページを編集した場合、新しいバージョン番号は 2.1 になります。

注: 編集対象がページのコンテンツである場合も、編集対象がページのプロパティである場合も、新しいマイナー バージョンが作成されます。

ページが承認された場合は、そのページの新しいメジャー バージョンが作成されます。以前のバージョンがメジャーであるか、マイナーであるかに関係なく、新しいメジャー バージョン番号は、そのページの直前のバージョンの次に大きい正の整数になります。たとえば、バージョン番号が 3.5 であるページを承認した場合、新しいバージョン番号は 4.0 になります。

ページのモデレート     モデレートが有効になっている場合、ページを発行するためには、そのページの承認依頼が送信されている必要があります。各ページには、モデレート プロセスの段階を表す状態が割り当てられます。ページには 5 つの状態が存在し、通常は次の順序で推移します。

  1. 下書き     ページの作成は済んでいるものの承認依頼が送信されていない状態、または、ページの承認は済んでいるものの発行終了日を経過してしまっている状態を指します。下書き状態のページにはすべて、マイナー バージョンが割り当てられます。

  2. 承認待ち     ページが作成されて承認依頼も送信されているが、まだ承認が済んでいない、却下された、または、既に承認はされているが発行開始日が来ていない状態を指します。

  3. 期限付き     ページの作成も承認も済んでいるが、発行スケジュールが将来の日付に設定されている状態を指します。発行日が来ると、ページの状態が "承認済み" に変わります。

  4. 承認済み/却下     承認済みとは、ページの作成と承認が済んでいることに加え、承認と同時に発行するようにスケジュールされている (または既に発行開始日を経過している) こと、および、発行終了日が設定されていない (または終了日がまだ来ていない) ことをすべて満たした状態を指します。承認済みのページにはすべて、メジャー バージョンが割り当てられます。却下とは、ページの作成と承認依頼の送信は済んでいるが、発行が拒否された状態を指します。却下されたページにはすべて、マイナー バージョンが割り当てられます。

ページのスケジュール     承認されたページは、その後、発行されることになります。既定では、承認の済んだページは即座に発行され、発行終了日は指定されません。既定の設定はサイトによって異なる場合があります。ページのコンテンツまたはページのプロパティを編集するときに、スケジュールされている開始日と終了日を変更できます。

発行のための承認は下りているが、発行開始日がまだ来ていない場合、そのページは "期限付き" の状態になります。開始日が来ると、ページの状態が "期限付き" から "承認済み" に変わります。承認されたページの発行終了日が来ると、ページの状態が "承認済み" から "下書き" に変わります。

ページの先頭へ

発行ページの開始日と終了日をスケジュールする

ページの開始日と終了日は、次の手順に従ってスケジュールできます。

  1. スケジュールの対象となるページを表示します。

  2. [ページ編集] ツールバーが表示されていない場合は、[サイトの操作] メニューの [ページ編集ツール バーの表示] をクリックします。

  3. [ページ編集] ツールバーの [発行開始日] リンクをクリックします。[ページの設定] ページが開きます。

  4. [ページの設定] ページの [スケジュール] セクションでは、次のプロパティを設定できます。

    • [開始日]     ページを今すぐ発行する場合は、[即時] をクリックします。

      発行スケジュールを将来の日付に設定するには、[以下の日付] をクリックし、カレンダー型のアイコンをクリックして日付を選択します。カレンダー型のアイコンの横にあるメニューを使って、発行開始日の特定の時刻を指定することもできます。日付だけを選択し、時刻を指定しなかった場合、午前 0 時が使用されます。

    • 終了日     無期限に発行するには、ページにする場合は、[しない] をクリックします。サイトの通知設定を使っている場合は、ページの連絡先が定期的にアラームの内容が現在と適切なであることを確認するページをチェックするを受信する間隔を指定することもします。これを行うには、ページの連絡先に、コンテンツの確認を要求する電子メールを送信するには、間隔を選択し、間隔を指定します。ページの連絡先は、指定した間隔でが渡されるたびにページを確認を求めるメッセージを受信します。

      発行したページの終了日を指定するには、[以下の日付] をクリックし、カレンダー型のアイコンをクリックして日付を選択します。カレンダー型のアイコンの横にあるメニューを使って、発行終了日の特定の時刻を指定することもできます。日付だけを選択し、時刻を指定しなかった場合、午前 0 時が使用されます。発行終了日を選択した場合で、かつ、サイトの通知設定が有効になっている場合、発行終了日が近づいていることを告げるアラームを、ページの連絡先に送信する間隔を指定することもできます。この場合は、[ページの連絡先に通知する] をオンにしてから間隔を指定します。発行終了日が近づくと、ページの連絡先に対し、指定された間隔に基づいてアラームが送信されます。

  5. ページのスケジュール設定が済んだら、[ページの設定] ページの一番下の [OK] をクリックします。

注: 既に発行されているページの発行終了日が過ぎた場合、発行終了日を将来の日付に変更しない限り、そのページのプロパティは変更できません。ページのプロパティを編集すると新しいマイナー バージョンが作成されますが、マイナー バージョンを発行することはできないためです。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×