発行サイトの使用の概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、発行サイト テンプレートおよびコンテンツ タイプを使用するための情報を示します。

この記事の内容

発行機能に対応したサイト テンプレートについて

コンテンツ タイプの発行が有効にについて

発行機能に対応したサイト テンプレートについて

サイトを構築するときは、[テンプレートの選択] ボックスの一覧からサイト テンプレートを選択します。たとえば、チームの Web ページを発行するサイトを構築する場合は、テンプレートの一覧から [発行サイト] を選択します。

サイト テンプレートは、サイトの全体的な外観を指定したファイルです。このファイルには、次のような情報が定義されています。

  • Web パーツ ページ

  • カスタム ページ

  • テーマと枠線

  • サイド リンク バーに対するカスタマイズ内容

  • サイトのコンテンツ (リスト ライブラリとドキュメント ライブラリのコンテンツ - 任意)

発行サイトの発行機能は有効になっています。このテンプレートに含まれるリボンのコマンドを使って、承認を受けるためのページの送信、プロパティの管理、ページの発行、チェックイン、およびチェックアウトを実行できます。次の表で、それぞれの発行サイト テンプレートについて簡単に説明します。

テンプレート

用途

発行サイト

Web ページを発行するサイトを構築します。このテンプレートには、Web 発行リソースを格納するためのドキュメント ライブラリと画像ライブラリが用意されています。チームのメンバーは、[ページ編集] ツールバー、チェックアウト、コンテンツ エディターなどの機能を使用して、サイトの更新管理を効率化できます。

ワークフロー付き発行サイト

承認済みのワークフローを使用して、Web ページをスケジュールに従って発行するサイトを構築します。このテンプレートには、Web 発行リソースを格納するためのドキュメント ライブラリと画像ライブラリが用意されています。既定では、このテンプレートで作成したサイトの下位には、発行サブサイトのみを作成できます。

エンタープライズ Wiki

カテゴリとページ レイアウトを備えた大規模な Wiki を作成します。エンタープライズ Wiki テンプレートを利用可能にするには、[サイト コレクションの機能] ページで、エンタープライズ Wiki レイアウトを有効にする必要があります。

注記: 

  • 発行サイトのサブサイトを作成する場合、既定で選択できるのは、[発行サイト] と [ワークフロー付き発行サイト] サイト テンプレートのみです。ただし、[サイトの設置] ページの [ページ レイアウトとサイト テンプレート] で、使用する追加のサイト テンプレートを有効にすることができます。

  • [エンタープライズ Wiki] サイト テンプレートを使用してサイト コレクションを作成できるのは用語ストア管理者のみですが、[エンタープライズ Wiki] サイト テンプレートを使用するサブサイトを作成する場合は、用語ストア管理者である必要はありません。

ページの先頭へ

発行機能に対応したコンテンツ タイプについて

コンテンツ タイプを変更するだけで、そのコンテンツ タイプが適用されているすべてのページをまとめてカスタマイズできます。たとえば、すべてのアーティクル ページにイメージ フィールドを 1 つ追加する場合は、アーティクル ページ コンテンツ タイプを変更します。この場合、イメージ フィールドをページ レイアウト要素として扱うことができます。変更後、このコンテンツ タイプが適用される全ページで、新しいフィールドを使用できるようになります。

発行機能が有効になっているコンテンツ タイプを管理およびカスタマイズするには、サイト コレクションのトップレベル サイトのコンテンツ タイプ ギャラリー ページを使用します。

  1. [サイトの操作] メニューの [サイトの設定] をクリックします。

  2. [サイトの設定] ページで、[ギャラリー] の [サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

  3. 変更するコンテンツ タイプをクリックします。

コンテンツ タイプを変更する際に、そのコンテンツ タイプが継承されるページにも変更内容を適用するかどうかを選択できます。[リストおよびサイト コンテンツ タイプの更新] セクションで、そのサイト コンテンツ タイプが継承される子サイト コンテンツ タイプにも変更を適用するかどうかを指定します。

発行機能が有効になっているコンテンツ タイプは 6 つあります。これらのコンテンツ タイプが表示される一覧の名前と、各コンテンツ タイプの用途について次の表で説明します。

コンテンツ タイプ

一覧の名前

コンテンツ タイプの説明

アーティクル ページ

ページ レイアウトのコンテンツ タイプ

リソース発行機能を使用して作成されるシステム コンテンツ タイプ テンプレートです。既定のページ レイアウトに関連付けられるテンプレートで、発行機能が有効なサイト内でアーティクル ページを作成する際に使用できます。

リダイレクト ページ

ページ レイアウトのコンテンツ タイプ

リソース発行機能を使用して作成されるシステム コンテンツ タイプ テンプレートです。リダイレクト ページ レイアウトに関連付けられます。

ウェルカム ページ

ページ レイアウトのコンテンツ タイプ

リソース発行機能を使用して作成されるシステム コンテンツ タイプ テンプレートです。既定のページ レイアウトに関連付けられるテンプレートで、発行機能が有効なサイト内でウェルカム ページを作成する際に使用できます。

ページ

発行用コンテンツ タイプ

リソース発行機能を使用して作成されるシステム コンテンツ タイプ テンプレートです。ページ コンテンツ タイプの列テンプレートは、発行機能によって作成されるすべてのページのライブラリに追加されます。

ページ レイアウト

発行用コンテンツ タイプ

リソース発行機能を使用して作成されるシステム コンテンツ タイプ テンプレートです。すべてのページ レイアウトには、ページ レイアウト コンテンツ タイプの列テンプレートが適用されます。

マスタ ページの発行

発行用コンテンツ タイプ

リソース発行機能を使用して作成されるシステム コンテンツ タイプ テンプレートです。すべてのマスタ ページには、マスタ ページ コンテンツ タイプの列テンプレートが適用されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×