発行サイトにページを作成して管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint 発行ページには、簡単な Web ページを作成するための使い慣れたボタンとツールが用意されています。ページはページ レイアウトに基づいており、レイアウトはページの外観とコンテンツの配置を定義するテンプレートです。基本レイアウトはテンプレートで定義されるため、作成者はテキストの作成と書式設定、グラフィックなどの要素の挿入、完成したページの発行に集中できます。

リボンについての概略ツアー

チーム サイトやドキュメント ライブラリを操作したことがある場合、リボンをお使いになったことがあるでしょう。しかし、発行サイトには、サイト ページを作成して発行するために使えるいくつかの独自のボタンや機能があります。では、それらを見ていきましょう。

注: 使えるオプションは、有効化されている機能、ページのレイアウト方法、構成されているコンテンツ タイプに応じて異なります。使いたいオプションがリボンで淡色表示になっている場合、サイト管理者にお問い合わせください。

[ページ] タブ

発行ページを編集、保存、チェックイン、チェックアウトするためのさまざまなボタンが表示された [ページ] タブのスクリーン ショット

[ページ] タブはページの編集、保存、チェックイン、チェックアウト、履歴の表示、プレビューの表示、SEO プロパティの設定 (パブリック Web サイトのみ)、ページ レイアウトの変更などに使います。変更はリアルタイムで行われるため、変更内容が反映されるのを待つ必要はありません。

[発行] タブ

承認用に発行ページを発行、発行の取り消し、送信するためのボタンが表示された [発行] タブのスクリーン ショット

[発行] タブは、実稼働用サーバーにページを発行する (ページを公開する)、またはサイトに発行ワークフローが設定されている場合は承認用に送信するために使います。また、ページのコンテンツが古くなった場合や不要になったとき、または承認ワークフローを取り消すときに、ページの発行を取り消すこともできます。ページが発行できるようになる前に変更を加える必要があることがわかり、ワークフローを取り消すことがあります。

すべてのサイトでは、承認ワークフローを使用します。ワークフローは、サイトの複数の関係者を含むまたはすべてのコンテンツを公開する前に慎重に確認する必要がある場合非常に便利です。ワークフローでは、承認のためのページの回覧の自動化し、により、すべての承認を受信するまでに、コンテンツが発行しないことです。発行サイトまたはサイト コレクションをプロビジョニングするときに、サイト管理者は、ワークフローを構成します。発行ワークフローの詳細については、発行承認のワークフローを使用するを参照してください。

[テキストの書式設定] タブ

テキストを書式設定するためのさまざまなボタンが表示された [テキストの書式設定] タブのスクリーン ショット

[テキストの書式設定] タブのボタンは、Microsoft Word や PowerPoint などの Office アプリケーションで使い慣れたボタンのはずです。これらのボタンを使って、フォント サイズやスタイルの制御、箇条書きや段落番号の挿入、切り取りと貼り付け、スペル チェックなどを実行できます。

[挿入] タブ

表、ビデオ、グラフィック、リンクをサイト ページに挿入するためのボタンが表示された [挿入] タブのスクリーン ショット

[挿入] タブは表、画像、音声ファイル、ビデオ、ハイパーリンクなどを挿入するために使います。このタブで、アプリ パーツや Web パーツを挿入することもできます。アプリ パーツとは、特定のタスクを実行する小さい Web アプリケーションです。たとえば、Access データベースからサイト ページにデータを取得するための Access アプリを追加できます。

Web パーツは、Web ページに機能を追加するために使える、あらかじめ構成されたコントロールです。たとえば、サイトのホーム ページに歓迎文を書くとします。用意されているサイト コンテンツとサイトの構成のしかたの両方をユーザーに示すため、それにハイパーリンクが設定された目次を含めます。これは、ページに目次 Web パーツを挿入するだけで簡単に実行できます。挿入後は、サイトの階層が反映され、すべてのハンパーリンクが挿入された状態で目次が自動的に構成されます。

サイト管理者または適切な権限を持つ他のユーザーには、チームまたは組織のニーズに合ったカスタム アプリを作成できます。詳細については、 Office と SharePoint 用アプリを開発するためのサポート リソースを参照してください。

 ページの先頭へ

発行ページを作成する

発行サイトが構築されたら、そのサイト用の新しいページを簡単に作成できます。しかし、サイト ページを作成するには、サイトの所有者またはメンバー グループに属している必要があります。これらのグループのメンバーではない、またはよくわからない場合、サイト管理者にお問い合わせください。

  1. ページを作成する発行サイトに移動します。

  2. 設定 [サイトの設定] の代わりになる小さな [設定] ギア >の追加] ページをクリックします。

  3. [ページの追加] ダイアログ ボックスで、ページの名前を入力します。この名前は、新しいページの最上部、サイド リンク バー、ブラウザー ウィンドウのタイトル バーに表示されます。

  4. [作成] をクリックします。新しいページが編集モードで開き、ページがチェックアウトされていることが最上部に示されます。

    ページがチェックアウトされていることを示す黄色のバーが新しい発行ページに表示されたスクリーン ショット

ページがチェックアウトされている限り、他のユーザーが変更内容を参照する、または自分で変更を加えることはできません。ページをチェックインすると、組織内の他のユーザーがチェックアウトして編集できるようになりますが、サイトの閲覧者にはまだ表示されません。ページを発行するまでは、サイトの閲覧者には表示されません。

 ページの先頭へ

発行ページを編集する

  1. 編集する発行ページに移動します。

  2. [ページ] タブの [編集] をクリックします。

  3. 必要な変更を行い、[保存] をクリックします。変更内容は、ページをチェックインするまでは、組織内の他のユーザーに表示されることはありません。

 ページの先頭へ

発行ページをチェックアウトする

発行ページの作成または編集時、ページは自動的にチェックアウトされます。次の手順に従うと、手動でチェックインまたはチェックアウトできます。

  1. チェックアウトする発行ページに移動します。

  2. [ページ] タブの [チェックアウト] をクリックします。

ページの先頭へ

発行ページをチェックインする

  1. チェックインする発行ページに移動します。

  2. [ページ] タブの [チェックイン] をクリックします。

  3. チェックインに関するコメントを入力します。これらはページ履歴に表示されます。

  4. [続行] をクリックします。

 ページの先頭へ

ページを発行する、または発行を取り消す

  1. 発行するページに移動します。

  2. [発行] タブで、次の操作を行います。

    • [送信]    をクリックし、サイトの少なくとも 1 人の関係者の承認用にページをキューに送信します。このボタンは、サイト管理者が発行ワークフローを設定するまでは有効になりません。

    • [発行]    ページを即時に発行する準備ができており、発行する権限がある場合、 をクリックします。このボタンは、発行前にコンテンツの承認を要求するように発行ワークフローが設定されている場合はページ上に表示されません。

ページの発行を取り消すには、次の操作を行います。

  1. 発行を取り消すページに移動します。

  2. 設定 [サイトの設定] の代わりになる小さな [設定] ギア >リボンの表示] をクリックします。

  3. [発行] タブで、[発行取り消し] をクリックします。

 ページの先頭へ

発行ページを削除する

  1. 削除するページに移動します。

  2. [管理] タブの [ページの​​削除] をクリックします。

  3. 確認メッセージが表示されたら [OK] をクリックします。ページはゴミ箱に移動されます。

 ページの先頭へ

ごみ箱から削除したページを復元する

  1. [サイトの設定] の代わりになる小さな [設定] ギア設定] をクリックして >サイト コンテンツ

  2. SharePoint サイトで、左側のナビゲーション ウィンドウで、[ごみ箱] を選びます。

  3. 復元する項目をクリックします。

  4. [選択したアイテムの復元] をクリックします。

  5. 確認メッセージが表示されたら [OK] をクリックします。

 ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

SharePoint サイト コレクションのごみ箱を管理します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×