画面切り替えの速度およびタイミングを設定する

画面切り替えの速度およびタイミングを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[画面切り替えは、プレゼンテーションの流れを制御する方法を提供します。 コントロールには、[次へ] と [画面切り替えが開始されるとすぐに使いこなすの 1 つのスライドの切り替え方法のために画面切り替えのタイミングと速度を設定することができます。

画面切り替えの速度を設定する

[継続時間]で画面切り替えの速度を設定します。このオプションの値が小さいほど、スライドは早く切り替わり、値が大きいほどスライドはゆっくり切り替わります。

変更する画面切り替えが含まれているスライドを選びます。[画面切り替え] タブの [タイミング] グループで、[継続時間] ボックスに継続時間を分数単位で入力します。

ヒント: すべてのスライド ショーの画面切り替えを同じ速度にする場合は、[すべてに適用] をクリックします。

画面切り替えのタイミングを設定する

[画面切り替えのタイミング] で、次のスライドに画面が切り替わるまでにどのくらいの時間スライドが表示されているかを指定して、画面切り替えのタイミングを設定します。タイミングを選ばないと、マウスとクリックしたときに画面が切り替わります。

タイミングを設定するスライドを選びます。[画面切り替え] タブの [タイミング] グループの [画面切り替えのタイミング] で、次のいずれかの操作を行います。

  • 画面を手作業で切り替える場合は、 [クリック時] チェック ボックスをオンのままにします。

スライド切り替えを自動的に選択、 ] チェック ボックス、[分または希望する秒数を入力します。アニメーションまたはスライドの他の効果が終了したら、タイマーが起動します。

  • 自動画面切り替えを手作業で行う場合は、 [クリック時] チェック ボックスと [自動的に切り替え]チェック ボックスの両方をオンにします。[自動的に切り替え] で、分数または秒数を入力します。スライドのアニメーションまたは他の効果がすべて終わったら、マウスをクリックすると、スライド切り替えタイマーが起動します。

    注: スライド ショー表示モードでタイミングを正しく動作させるには、[スライド ショー] タブの [設定] グループで、[タイミングを使用] チェック ボックスをオンにします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×