画面切り替えのタイミングおよび速度を設定する

画面切り替えのタイミングおよび速度を設定する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

画面切り替えの期間を変更し、画面切り替え効果を変更する、切り替え中に再生するサウンドを指定するもできます。また、次に進む前に、スライドに費やした時間を指定できます。

画面切り替えの速度を設定するのにには、期間を使用します。短い期間は、れたスライドを進めます高速化、および大きめの数値を切り替える場合は、速度が遅いを意味します。

  1. [画面切り替えを変更するために含まれるスライドを選択します。

  2. [画面切り替え] タブの [タイミング] グループの期間] ボックスに、希望する秒数を入力します。

PowerPoint 2010 のリボンの [画面切り替え] タブの [タイミング] グループ

ヒント: 同じ速度にすべてのスライド ショーの画面切り替えを設定する場合は、 [すべてに適用] をクリックします。

ページの先頭へ

すべてではなく、多くのPowerPointで画面切り替えをカスタマイズすることができます。

  1. [画面切り替えを変更するに含まれるスライドを選択します。

  2. 画面切り替え] タブの [このスライドに画面切り替え] で、[効果オプション] をクリックし、必要なオプションを選択します。

    [画面切り替え] グループの [効果のオプション]

この例では、ギャラリー切り替えがスライドに適用し、右からオプションを選択します。

スライドショー中のギャラリー切り替え

右からオプションを選択して、プレゼンテーションの実行中のギャラリー切り替えします。

ページの先頭へ

切り替えのタイミングは、どのくらい時間スライド表示されたままに、次のスライドへの移行を開始する前に指定することで、画面切り替えのタイミングを設定します。タイミングを選択していない場合、マウスをクリックすると、スライドが進みます。

  1. 切り替えのタイミングを設定するスライドを選択します。

  2. 画面切り替え] タブの [タイミング] で、スライドの切り替え] の下で、次のいずれかの操作を行います。

    PowerPoint 2010 のリボンの [画面切り替え] タブの [タイミング] グループ

    • マウスをクリックすると、次のスライドに進むスライドをするためには、 [マウスのクリックして] チェック ボックスを選択します。

    • 切り替える場合は、自動的にするために、[] チェック ボックスを選択し、[分または希望する秒数を入力します。アニメーションまたはスライドの他の効果が終了したら、タイマーが起動します。

    • マウスと自動切り替えを有効にするには、 [マウスのクリックして] チェック ボックスと] チェック ボックスを選択します。次にで分または希望する秒数を入力します。スライド、自動的に切り替えは、マウスをクリックしてより迅速に進むことができます。

ヒント: すべてのスライドを同じ速度を使用して、必要な場合は、すべてに適用] をクリックします。

ページの先頭へ

  1. [画面切り替えを変更するために含まれるスライドを選択します。

  2. 画面切り替え] タブで、[サウンド] ボックスの一覧で、タイミング] で、目的のサウンドを選択します。

    PowerPoint 2010 のリボンの [画面切り替え] タブの [タイミング] グループ

    注: 独自のサウンドを使用する場合は、サウンドの一覧から、[その他のサウンドします。[オーディオの追加] ダイアログ ボックスで、必要なサウンドを選択し、[ OK ] をクリックしてください

ページの先頭へ

関連項目

スライドの画面切り替え効果を追加、変更、削除する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×