画面切り替えとアニメーション効果を設定しよう (2)

この記事は以下の 2 ページから構成されています。

  1. 画面切り替え効果を設定してみよう

    画面切り替え効果を設定しよう

    サウンドを追加しよう

  2. 文字や画像にアニメーション効果を設定してみよう (このページ)

    アニメーション効果を設定しよう

    アニメーション効果をコピーしよう

    アニメーションの順番を変更しよう

文字や画像にアニメーション効果を設定してみよう

スライド内の文字や画像、イラストなどにアニメーション効果を設定しましょう。アニメーション効果を利用することで、インパクトのあるプレゼンテーションを作成することができます。

アニメーション効果を設定しよう

  1. 2 枚目のスライドを選択します。

    2 枚目のスライドを選択します。

  2. 文字列にアニメーション効果を設定します。

    "2 年前、旅行先で…" の文字列内をクリックして選択しましょう。

    文字列内をクリックして選択します。

  3. [アニメーション] タブの [アニメーション] の一覧から任意のアニメーション効果をクリックしてみてください。そのアニメーション効果が、どのように適用されるのかを画面上で確認できます。

    [アニメーション] タブの [アニメーション] の一覧のアニメーション効果をクリックし、どのように適用されるのかを画面上で確認します。

    [その他] ボタン (その他) をクリックすると、さらにたくさんの効果を選択できます。

    ヒント アニメーション効果の種類

    アニメーション効果には、以下の種類があります。

    [開始]: 文字やオブジェクトを表示するときの効果です。

    [強調]: 点滅させる、色を変えるなど、文字やオブジェクトを強調するときの効果です。

    [終了]: 表示した後、文字やオブジェクトを消したり、隅に移動したりするときの効果です。

  4. 使用するアニメーション効果をクリックします。

    使用するアニメーション効果をクリックします。

    アニメーション効果が設定されます。

  5. 一覧の右端にある [効果のオプション] をクリックすると、その効果に適用できるオプションを選択できます。

    ※表示されるオプションは、選択したアニメーション効果によって変わります。

    [効果のオプション] をクリックすると、その効果のオプションを選択できます。

  6. 次に、2 枚目のスライドの写真をクリックして選択します。

    写真にも文字列と同じアニメーション効果を追加できます。手順 3 ~ 5 を参照してアニメーション効果を設定しましょう。

    写真にもアニメーション効果を設定します。

  7. [アニメーション] タブの [アニメーションのプレビュー] (アニメーションのプレビュー) をクリックします。

    [アニメーション] タブの [アニメーションのプレビュー] をクリックします。

    実際のアニメーション効果がプレビューされます。

    実際のアニメーション効果がプレビューされます。

ヒント スライドに表示される数字は何 ?

アニメーション効果を設定すると、スライド上に1, 2 … の数字が表示されます。この数字は、スライド ショーで実行される順番を表しています。

アニメーションの順番を表す数字

※この数字は、[アニメーション] タブが選択されているときにしか表示されません。

ヒント アニメーション効果を削除する方法

アニメーション効果を削除するには、アニメーション効果が設定されている文字や画像を選択し、[アニメーション] タブの [アニメーション] の一覧から [なし] を選択します。

[アニメーション] タブの [アニメーション] の一覧の [なし]

ページの先頭

アニメーション効果をコピーしよう

アニメーション効果を、コピーして貼り付けることもできます。

ここでは、2 枚目のスライドの写真に設定したアニメーションをコピーして、3 枚目のスライドの写真に適用してみましょう。

  1. 2 枚目のスライドを選択して、写真をクリックします。

    2 枚目のスライドを選択して、写真をクリックします。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーションのコピー / 貼り付け] をクリックします。

    [アニメーション] タブの [アニメーションのコピー / 貼り付け] をクリックします。

  3. 3 枚目のスライドを選択します。

    3 枚目のスライドを選択します。

  4. マウス ポインターの形が [アニメーションのコピー / 貼り付け] のマウス ポインター となっていることを確認して、左上の写真をクリックします。

    左上の写真をクリックします。

    2 枚目の写真と同じアニメーションが適用されます。

アニメーションの順番を変更しよう

アニメーション効果は、設定した順番に 1,2… と数字が振られます。この数字がスライド ショーで実行される順番となります。この順番は後から変更することができます。

現在 2 枚目のスライドでは、文字列が 1 、写真が 2 という順番になっています。この順番を変更して、写真のアニメーションが先に実行されるように設定しましょう。

  1. 2 枚目のスライドを選択して、写真をクリックします。

    2 枚目のスライドを選択して、写真をクリックします。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーションの順序変更] で [順番を前にする] をクリックします。

    [アニメーション] タブの [アニメーションの順序変更] で [順番を前にする] をクリックします。

    写真のアニメーションの順番が 1 に変更されます。

    写真のアニメーションの順番が 1 に変更されます。

    ※[順番を前にする] をクリックすると、アニメーションの順番が 1 つ前に移動し、[順番を後にする] をクリックすると、アニメーションの順番が 1 つ後ろに移動します。

  3. スライド ショーを実行して、設定した画面切り替えとアニメーション効果を確認しましょう。

ヒント スライド ショーを実行する

スライド ショーについては、「プレゼンテーションを実行してみよう」を参照してください。

ヒント アニメーション効果の継続時間を設定するには ?

[アニメーション] タブの [継続時間] で時間を指定すれば、アニメーション効果の継続時間を設定することができます。

継続時間を短くすると、アニメーションの動きが速くなります。

[アニメーション] タブの [継続時間]

ページの先頭

<<前へ| 1 2|

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×