画面切り替えとアニメーション効果を設定しよう (1)

PowerPoint の "画面切り替え効果" や "アニメーション効果" を使うと、次のスライドへ切り替わるときや、文字やイラストが表示されるときに、アニメーションのような動きや音を加えることができます。このような効果を加えることで、インパクトのあるプレゼンテーションを作成することができます。

ヒント 画面切り替え効果 と アニメーション効果 の違いって ?

スライドには、"画面切り替え効果" と "アニメーション効果" の 2 種類の効果が設定できます。

画面切り替え効果とは、スライド ショーでスライドが表示されるときの効果のことです。スライドが左右から徐々に表示されたり、遠くからだんだん近づくように表示されたりするなど、さまざまな効果が設定できます。

アニメーション効果とは、スライド上の文字や、イラスト、画像、図形などに加える効果のことです。自分の説明に合わせてイラストが飛び出してきたり、文字が回転したりするなど、ユニークな設定ができます。


この記事は以下の 2 ページから構成されています。

  1. 画面切り替え効果を設定してみよう (このページ)

    画面切り替え効果を設定しよう

    サウンドを追加しよう

  2. 文字や画像にアニメーション効果を設定してみよう

    アニメーション効果を設定しよう

    アニメーション効果をコピーしよう

    アニメーションの順番を変更しよう


画面切り替え効果を設定してみよう

ここでは、以下のような披露宴で使うオープニング ムービー用のプレゼンテーションを使って、画面切り替え効果を設定してみましょう。

披露宴オープニング ムービー用のプレゼンテーション

画面切り替え効果を設定しよう

  1. PowerPoint を起動し、プレゼンテーションを開きます。

    PowerPoint を起動し、プレゼンテーションを開きます。
  2. 1 枚目のスライドが選択されていることを確認し、[画面切り替え] タブをクリックします。

    [画面切り替え] タブをクリックします。
  3. [画面切り替え] の一覧から、任意の画面切り替え効果をクリックしてみてください。その画面切り替えが、どのように適用されるのかを画面上で確認できます。

    [画面切り替え] の一覧の画面切り替え効果をクリックし、どのように適用されるのかを画面上で確認します。

    一覧の右端にある [その他] ボタン (その他) をクリックすると、さらにたくさんの効果を選択できます。

  4. 使用する画面切り替え効果をクリックします。

    使用する画面切り替え効果をクリックします。

    画面切り替え効果が設定されます。

  5. 一覧の右側にある [効果のオプション] をクリックすると、その効果のオプションを選択できます。

    ※表示されるオプションは、選択した画面切り替え効果によって変わります。

    [効果のオプション] をクリックすると、その効果のオプションを選択できます。
  6. [画面切り替え] タブで [プレビュー] をクリックします。

    [画面切り替え] タブで [プレビュー] をクリックします。

    実際の画面切り替え効果がプレビューされます。

    実際の画面切り替え効果がプレビューされます。
  7. 他のスライドにも、画面切り替え効果を設定してみましょう。

    ヒント 小さなスライドに星のマークが表示されたけど ?

    画面切り替え効果やアニメーション効果を追加すると、画面左側に表示されるスライドの一覧に [アニメーションの再生] (アニメーションの再生) が表示されます。

    このマークをクリックすると、画面切り替え効果やアニメーション効果がプレビューされます。

    [アニメーションの再生] をクリックすると、画面切り替え効果やアニメーション効果がプレビューされます。


    ヒント すべてのスライドに同じ画面切り替えを適用する

    1 枚目のスライドに画面切り替え効果を追加した後、すべてのスライドに同じ効果を適用したい場合は、[画面切り替え] タブの [すべてに適用] をクリックします。

    [画面切り替え] タブの [すべてに適用]


    ヒント 画面切り替え効果を削除するには ?

    画面切り替え効果を削除するには、[画面切り替え] タブの [画面切り替え] の一覧から [なし] をクリックします。

    [画面切り替え] タブの [画面切り替え] の一覧の [なし]

ページの先頭へ

サウンド効果を追加しよう

画面切り替えに、サウンド (効果音) を付けてみましょう。

  1. 1 枚目のスライドを選択し、[画面切り替え] タブをクリックします。

  2. [サウンド] の右端にある [▼] をクリックします。

    [サウンド] の右端にある [▼] をクリックします。

    サウンドの一覧が表示されます。

    一覧の上にマウス ポインターを置くと、どんなサウンド効果か聞くことができます。

    ※一覧の最後の項目 [その他のサウンド] をクリックすれば、パソコンにサウンドとして保存してあるオーディオ ファイルを選択することもできます。

  3. 使用するサウンドをクリックします。

    使用するサウンドをクリックします。

    サウンドが設定されます。

  4. [画面切り替え] タブの [プレビュー] をクリックして、画面切り替え効果と一緒にサウンドが設定されていることを確認します。

    [画面切り替え] タブの [プレビュー] をクリックします。
  5. 他のスライドにもサウンドを設定してみましょう。

    ヒント 画面切り替え効果の継続時間を設定するには ?

    [画面切り替え] タブの [継続時間] で時間を指定すれば、画面切り替え効果の継続時間を設定することができます。

    継続時間を短くすると、画面切り替えのアニメーションの動きが速くなります。

    [画面切り替え] タブの [継続時間]


    ヒント スライドが自動的に切り替わるように設定する

    スライド ショー実行時に、クリックしなくても自動的に次のスライドに切り替わるように設定することもできます。

    1. [画面切り替え] タブの [画面切り替えのタイミング] の [自動的に切り替え] チェック ボックスをオンにします。

    1. [画面切り替え] タブの [画面切り替えのタイミング] の [自動的に切り替え] チェック ボックスをオンにします。

    2. スライドを表示する秒数を指定します。

      [画面切り替え] タブの [画面切り替えのタイミング] の [自動的に切り替え]

      スライド ショーでは、ここで指定した秒数を経過すると、2 枚目のスライドが表示されます。

      ※指定したタイミングを使用するには、[スライド ショー] タブの [タイミングを使用] チェック ボックスをオンにする必要があります。

      [スライド ショー] タブの [タイミングを使用] チェック ボックス

ページの先頭へ


次は「文字や画像にアニメーションを設定しよう」です。

12|次へ>>

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×