画面の領域ツールが機能しなくなった理由

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Windows + S のキーボード ショートカットを使って画面の領域を作成していて、これが機能しなくなった場合、その理由はお使いのソフトウェアが最近更新されたためだと考えられます。 OneNote 2013 の最新の更新では、Windows + Shift + S が、画面の領域を挿入するための新しいキーの組み合わせになります。

OneNote のこの変更は、Windows 8.1 での検索用のキーボード ショートカットに対応するためです。 Windows キーを押しながら S キーを押すと、新しい [検索] ウィンドウが開きます。

ヒント: いずれかのキーボード ショートカットで画面の領域を挿入できない場合は、[挿入]、[画面の領域] の順にクリックするか、[OneNote に送る] ツールを使用できます。 Windows キーを押しながら N キーを押してツールを表示し、画面に表示される [画面の領域] をクリックします。
 

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×