画面にタイマーを挿入する

動きのあるタイマーや進行状況バーを追加することで、プレゼンテーションをより魅力的なものにすることができます。たとえば、トレーニングの最後に時間制限付きのクイズを実施して、時間のカウントダウンを表示することができます。PowerPoint でアニメーションの機能を使用して、さまざまな種類のタイマーを作成できます。

プレゼンテーションに割り当てられた制限時間内に収まるかどうか確認するためにプレゼンテーション時間を計測したい場合は、「スライド ショーの実行時に発表者のノートを表示する」を参照してください。

カウントダウン タイマーを作成する

このタイマーは、単純でありながら印象的なアニメーション シーケンスを使用します。5 から 1 まで、1 秒間隔でカウントダウンが表示されます。

  1. まず 5 つのテキスト ボックスを作成し、数字の 5 から 1 までを挿入します。その後、1 秒に 1 つずつ消えるようにアニメーションを設定します。

    カウントダウン ボックス。

    ヒント: アニメーションの順番を設定しやすくするため、最大のものから最小のものへ順にボックスを作成します。

  2. テキスト ボックスを作成するには、[挿入] タブの [テキスト] グループで、[テキスト ボックス] をクリックし、スライド上にテキスト ボックスを描画します。数字を入力します。コピーと貼り付けを使用してボックスを複製してから編集することもできます。

  3. 番号の付いたテキストの四角形の内側をクリックします。

  4. [アニメーション] タブの [アニメーションの詳細設定] グループで、[アニメーションの追加] をクリックし、下のほうにある [終了] に移動します。ここで任意のアニメーションを選ぶことができます。ここでは、[クリア] を使用します。

    [アニメーション] タブの [アニメーションの詳細設定] グループで [アニメーションの追加] をクリックします。さまざまなアニメーション オプションがあります。
  5. 残りの四角形についても、4、3、2、1 の順に選択して、同じ終了のアニメーション ([クリア]) を一度に 1 つずつ設定します。

  6. [アニメーション] > [アニメーション ウィンドウ] をクリックして、[アニメーション ウィンドウ] を表示します。PowerPoint はスライド上の他のオブジェクトも考慮するため、四角形の番号は少しわかりにくいことがあります。右側にある番号が、四角形の中にある数字を示しています。

    [アニメーション]、[アニメーション ウィンドウ] の順にクリックし、アニメーション ウィンドウを表示します。 コロンの右側の数字は、四角形の番号を表します。
  7. クリックしたときに「5」と書かれた最初の四角形のみが開始し、1 秒間だけ画面上に表示されるように指定する必要があります。その他のボックスは、それぞれ 1 秒待ってから順に自動的に消えるように指定します。

    「5」の四角形を選択し、[アニメーション] > [タイミング] グループで、[開始:クリック時] と [継続時間:.01] はそのままにし、[遅延:] は 01.00 (1 秒) に設定します。

    [タイミング] グループで、[開始] を [クリック時] に設定します。
  8. [アニメーション ウィンドウ] で、4 から 1 までの四角形を一度に 1 つずつ選び、[タイミング] グループで、タイミングの詳細を次のように設定します: [開始: 直前の動作の後]、[継続時間:自動]、[遅延: 01:00]。

    [タイミング] グループでは、タイミングの詳細を設定できます。
  9. 完了したら、スライドショー モードにして [現在のスライドから] を指定して再生します。クリックすると、カウントダウンが始まります。

ヒント: 

  • アニメーション効果はいつでもプレビューできます。[アニメーション] タブの [プレビュー] グループで、[プレビュー] をクリックします。

  • カウントダウンの後に、[終了!] などのテキスト ボックスのアニメーションを追加することもできます。これを行うには、テキスト ボックスを挿入し、選択して、[アニメーション]、[アニメーションの詳細設定]、[開始]、[アピール]の順に選択します。次に、[タイミング] グループで、[開始:] を [直前の動作の後] に、[継続時間:] を [自動] に、[遅延:] を [00.00] に設定します。このテキスト ボックスも [アニメーション ウィンドウ] に表示されます。

注: PowerPoint では、開始や終了のアニメーションを使って、さまざまな図形を簡単に表示させたり消したりすることができます。間隔は自由に指定できますが、一連のオブジェクトには同じ遅延を設定することをお勧めします。

カウントダウンの後、"Finished" のアニメーションを追加できる

ページの先頭へ

進行状況バー タイマーを作成する方法

効果的なカウントダウン タイマーを追加するもう 1 つの方法は、進行状況バーを使うことです。

  1. [挿入] タブの [] グループで [図形] をクリックし、四角形を選択します。

    [図] グループの [図形] セクションで、四角形などの図形を選ぶことができます。
  2. スライド上で、進行状況バーを置きたい場所をクリックし、スライドの左枠線の端から始まる長方形を描画します。

    進行状況バー。
  3. バーの色は好きなように設定できます。バーを右クリックし [図形の書式設定] > [図形のオプション] > [塗りつぶし] > [塗りつぶし (単色)] を選びます。

    青く塗りつぶされた進行状況バー。
  4. [アニメーション] タブの [アニメーション] グループで、[スライド イン] を選びます。

  5. [効果のオプション] をクリックし、[左から] を選びます。

  6. [タイミング] グループで、[継続時間:] に、進行状況バーを実行させる秒数 (30 秒など) を指定します。[開始:] には [クリック時] を指定します。

    設定は次のようになります。

    進行状況バーの特定の効果に対する設定。

完了したら、スライドショー モードにして [現在のスライドから] を指定して再生します。クリックすると、タイマーが始まります。進行状況バーが画面の左端から現れて伸びていき、30 秒後に止まります。

注: また、Office ストアでは、ストップウォッチなどの他の種類のタイマーも提供されています。

関連項目

アニメーション効果をテキストまたはオブジェクトに適用する

スライド間で画面切り替えを追加、変更、削除する

画面切り替えの速度およびタイミングを設定する

画像、クリップ アート、テキスト、その他のオブジェクトにアニメーション効果を適用する

スライド ショーのタイミングをリハーサルする

スライド マスターを使ってプレゼンテーションをカスタマイズする

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×