画像を挿入して配置する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office InfoPath 2007フォーム テンプレートをデザインする際に、タイトル、ロゴなどの画像やクリップアートを挿入し、そのサイズや位置を変更できます。フォーム テンプレートの背景として画像やクリップアートを設定することもできます。

ヒント: フォーム テンプレートに画像コントロールを追加すると、ユーザーは、フォームへの入力時に画像をそのコントロールに挿入したり、リンクを画像に挿入したりできるようになります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

背景画像を追加する

画像を挿入します。

クリップ アートを挿入する

画像に対するテキストの折り返し位置を指定する

画像のサイズを変更します。

背景画像を追加する

フォーム テンプレートをデザインする場合は、フォーム テンプレートの背景に色または画像を含めることができます。

  1. [表示] メニューで、プロパティを表示する] をクリックします。

  2. [全般] タブをクリックします。

  3. 背景画像を使う] チェック ボックスを選択します。

  4. [背景の画像の追加] ダイアログ ボックスで、必要な画像を選択し、し、[ OK] をクリックします。

  5. 画像を透かしとして表示する場合は、ビューのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[左右に並べて表示または左右に並べて表示] チェック ボックスを選択します。

    ヒント: フォーム テンプレートで、透かしの効果を作成するには、低の彩度を使用する背景の画像を追加します。

  6. その他の必要なオプションを選択します。

ページの先頭へ

画像を挿入する

  1. フォーム テンプレート上で画像を挿入する場所をクリックします。

  2. [挿入] メニューの [] をポイントし、[ファイルから] をクリックします。

  3. 挿入する画像をクリックします。

  4. [挿入] ボタンの横の矢印をクリックして、[挿入] または [ファイルにリンク] をクリックします。

ページの先頭へ

クリップ アートを挿入する

  1. フォーム テンプレート上でクリップ アートを挿入する場所をクリックします。

  2. [挿入] メニューの [画像] をポイントし、[クリップ アート] をクリックします。

  3. [クリップ アート] 作業ウィンドウの [検索する文字列] ボックスで、挿入するクリップについて説明した語句を入力するか、クリップのファイル名の全体または一部を入力し、[検索] をクリックします。

  4. 使用するクリップを検索結果から選択します。

ヒント: 検索結果を絞り込むには、次のいずれかの操作を行います。

  • 検索結果を特定のクリップのコレクションだけに限定するには、[探す場所] ボックスで、検索するコレクションをクリックします。

  • 検索結果を特定の種類のメディア ファイルだけに限定するには、[種類] ボックスで、検索するクリップの種類の横にあるチェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

画像に対するテキストの折り返し位置を指定する

  1. 画像を右クリックして、ショートカット メニューの [図の書式設定] をクリックします。

  2. [文字列の折り返し] タブをクリックします。

  3. 使用する文字列の折り返しスタイルをクリックします。

ページの先頭へ

画像のサイズを変更する

マウスを使用するか、特定のサイズを指定して、画像のサイズを変更できます。

マウスを使用して画像のサイズを変更する

  1. サイズを変更する画像をクリックします。

  2. サイズ変更ハンドルのいずれかにマウス ポインタを置きます。

  3. オブジェクトが必要な形状やサイズになるまでハンドルをドラッグします。

特定のサイズを指定して画像のサイズを変更する

  1. サイズを変更する画像を右クリックして、ショートカット メニューの [図の書式設定] をクリックします。

  2. [サイズ] タブをクリックします。

  3. 画像の縦横比を同じに保つには、[縦横比を固定する] チェック ボックスをオンにします。

  4. [高さ] ボックスと [] ボックスに、希望のサイズを入力します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×