スキップしてメイン コンテンツへ
Office

画像やその他のバイナリタイプのデータをデータモデルに読み込む

SQL Server などのこのデータ型をサポートするデータソースから、画像などの blob データをデータモデルに読み込むことができます。 データモデルに blob データを読み込むと、Power View レポートで画像を視覚化できます。

バイナリ型の列には、画像などの大きなデータサイズを格納できます。 大きいデータサイズは、バイナリラージオブジェクト (BLOB) と呼ばれます。 また、ファイル、コンテンツ、Web コンテンツなどの Power Query ライブラリ関数を使って、blob コンテンツを読み込んでデータモデルに保存することもできます。

データモデルに画像を読み込む

SQL Server データベースのイメージをデータモデルに読み込むとします。 クエリによって製品名と画像の一覧がインポートされます。 SQL データベース

ThumbNailPhoto image などのバイナリデータ列を読み込む

  1. データをデータモデルに読み込みます。 データモデルにデータを読み込む方法については、「 Excel ワークシートにクエリを追加する」を参照してください。

  2. の [ POWERPIVOT ] リボンタブで、 管理します。

  3. Powerpivot の場合 [デザイン] リボンタブで、 表のプロパティ

  4. の [表のプロパティ] フォームで、 ThumbNailPhoto などのバイナリデータ列。 これにより、バイナリデータを含む列を有効にすることができます。 Click 保存します。

    バイナリ
  5. Powerpivot の場合 [詳細設定] リボンタブで、 テーブルの動作

  6. の [テーブルの動作] フォームで、 [ProductID] などの行識別子既定の画像(ThumbNailPhoto など)。 Click [OK]を選びます。 [テーブルの動作]

Power View レポートで画像を視覚化します。

Power View

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×