PowerPoint の背景

写真の背景

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ロゴをスライドに追加する方法と、スライドの背景に画像を使う方法 (および画像を薄くする方法) について説明します。また、画像を使って印象的な効果をもたらす方法も紹介します。

画像の背景

  • [挿入]、[画像] の順にクリックして、ロゴなどの画像を追加します。

  • 画像を背景として使用するには、テキストがよく見えるように透過性を低くします。スライドの空白部分を右クリックします。[背景の書式設定]、[塗りつぶし (図またはテクスチャ)] の順にクリックして、メニューを使用して [透過性] を変更します。

さらに詳しく

ウェビナー: Office で写真を操作する

ここでは、画像の背景を使う方法をいくつかご説明します。

スライドでは透かしやロゴがよく使われます。

透かしやロゴを使うには、前のビデオでご説明したように、スライド マスターを開く必要があります。それでは、スライド マスターを開きましょう。

[表示]、[スライド マスター] の順にクリックします。

左側にあるのはプレゼンテーションではなく、すべてスライド マスターです。

一番上のスライド マスターを選んでロゴを追加することもできますが、そうすると、すべてのスライドにロゴが表示されてしまいます。

ロゴをすべてのスライドに表示する必要はないので、一部のスライドだけでよいでしょう。 セキュリティに関するロゴの場合は別ですが。

そこで、このスライドを選んで、ここにロゴを追加します。

追加するロゴが小さければ、通常の画像のように挿入します。

これから追加するのは背景ではなく、小さい透かし、いわゆるロゴです。

[挿入]、[画像] の順にクリックします。オンラインから画像を選ぶこともできますが、 今回はデスクトップから選びます。 ロゴを選びます。

これをドラッグして、好きな位置に移動できます。ロゴの外側をクリックし、下に移動します。

他のアイテムとまっすぐの位置になったことを示すガイドが表示されます。ここに移動することにします。

これで、プレゼンテーションでこのスライドを選ぶと、このロゴが表示されるようになります。

これは後でお見せすることにして、ついでに画像も追加しましょう。

追加するのは、スライド全体に表示される背景画像です。

スライドの空白の部分を右クリックし、[背景の書式設定] をクリックします。

また [塗りつぶし (図またはテクスチャ)] を使います。

今回は、[ファイル] から画像を追加します。この画像を選びます。

イベント開始の最初のスライドとして使ったり、

広告で何度も使うスライドとして使えるでしょう。

この画像は、たくさんの色が使われた、とても目立つ画像です。

背景として使うので、あまり目立たないようにします。重要なのは前面に表示する内容です。

そこで、[透明度] バーを移動して、画像をかなり薄くします。 元の画像がかすかに見えるくらいです。

この操作が済んだら、リボンの [マスター表示を閉じる] をクリックします。 プレゼンテーションに戻りました。

新しいスライドを追加します。 ここに、先ほど作成した新しいスライドがあります。

ロゴ付きの背景を使いたいときは、いつでもこのスライドを選ぶことができます。

この他に、画像を使ったちょっと面白い方法があります。私にとってはとても面白い方法です。

画像を生き生きと活用できます。 その方法をお見せしましょう。

通常の画像を挿入します。 新しいスライドを使いましょう。 新しい空白のスライドです。

[挿入]、[画像] の順にクリックします。 前と同じ画像を選びます。

前回とは少し使い方を変えます。 このボックスをクリックして [図の書式設定] メニューを閉じます。

右下隅を見てください。

[ズーム] メニューがあります。これは、スライドではなく作業スペースの大きさを調整するためのものです。

[ズーム] を使って、作業スペースを小さくします。 大きな白いボックスは、画像が挿入されたスライドそのものです。

左側のサムネイルでは、スライドに対する変更を確認できます。 作業は左右の領域を見ながら行います。

ここで行いたい操作は、 この画像の一部を使うことです。

なにより、この美しい画像を活用したいと思います。

質の良い画像の場合、引き伸ばしても見栄えの良さはそのまま残ります。

これからやろうとしていることがおわかりかもしれません。 この画像の一部だけを使います。

画像の中で動きのある、跳ねている足の部分です。

そして、ここに何もないスペースができました。このセメントの部分です。テキストを載せるのに最適な場所です。

実際にテキストを入力してみましょう。 [挿入]、[テキスト ボックス] の順にクリックします。

ここに大きなテキスト ボックスを挿入します。 簡単なテキストを入力します。 大きなフォントを選んで、

後ろの席からでも見えるようにします。

テキストを入力できました。

同時に左側のサムネイルを見ると、どのように表示されるかがわかります。

すべての操作が済んだら、どのように表示されるか見てみましょう。 このようになりました。

動きのある生き生きとした大きな写真を使った素晴らしい方法だと思います。

画像をそのまま背景として使っていますが、まったく邪魔になっていません。

とても生き生きとしていて、ストーリーを伝えるのに役立っています。

実はもっと手を加えることもできます。見てみたいですか?

それではもう少し手を加えてみましょう。 ご覧ください。 PowerPoint 2013 の新しいツールにスポイトがあります。 スポイトを使って、こんなことができます。

テキストを選び、この小さいメニューが表示されたら、フォントの色を変えます。

これをクリックします。 ここにある [スポイト] を使います。 画像のどの部分の色でも使うことができます。

芝生の緑色やジーンズの青色も使えます。 シャツのオレンジ色を使ってみましょう。シャツをクリックします。

テキストの色が、画像から選んだ色に変わりました。 とても見栄えのよいスライドになりました。

次のビデオでは、PowerPoint で背景を削除する方法についてご説明します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×