スキップしてメイン コンテンツへ
表、画像、透かしを挿入する

Word で画像の周囲で文字列を折り返す

画像の周囲で文字列を折り返す

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ヒント: ビデオがお使いの言語ではない場合、 [クローズド キャプション] [クローズド キャプション] ボタン を選択してみてください。

  1. 図を選びます。

  2. [文字列の折り返し] または [レイアウトのオプション] を選択します。

    テキストの折り返しを選択して、[配置] パネル > 図の書式設定

  3. 目的のレイアウトを選択します。

    ヒント: [行内] では、テキストの場合と同じように図を段落内に配置します。 テキストが追加または削除されると、図の位置が変更されます。 その他の選択では、図の周りにテキストを配置して、ページ上で図を移動させることができます。

文字列の折り返しのオプションおよび折り返し点について詳しくは、「文字列の折り返しのオプション」をご覧ください。

文書の左上隅に図を追加し、その周りに縦書きまたは横書きのテキストを配置できます。

画像の右と下へ折り返された文字列

  1. 図を選択します。

  2. [図の書式設定]または [ > の位置] に移動し、[文字列の折り返し] の[左上] を選びます

    リボンの [位置] ボタン

    ヒント: 文書の中で画像をドラッグして、思いどおりに配置することができます。 [書式設定] を選択して、テキストの折り返し >その他のレイアウトオプションを > て、文書の折り返しをカスタマイズします。

文書の中央にピクチャを追加し、その周りに縦書きまたは横書きのテキストを配置できます。

画像のすべての辺の周囲で折り返された文字列

  1. 画像を選びます。

  2. [図の書式設定] または [書式設定] をクリックしてテキスト >四角形>折り返します。

    リボンの [文字列の折り返し] オプション

  3. [位置] >その他のレイアウトオプションを選択します。

  4. [位置] タブで [配置] を選択し、ドロップダウンフィールドを [中央] に変更します。

  5. [相対参照] の横にある [ページ] を選択し、[ OK]を選択します。

    注: 文書の中で画像をドラッグして、思いどおりに配置することができます。 [形式]、[文字列の折り返し]、[その他のレイアウト オプション] の順にクリックして、文字列の折り返しをカスタマイズします。

文書に画像を追加し、画像の形状に合わせてその周りに縦書き/横書きのテキストを配置することができます。

ヒント: 最適な結果を得るには、透明、白、または単色の背景を使って図を使用します。

菱形の画像の周囲で折り返された文字列

  1. 図を選択して、ページの中央または任意の場所にドラッグします。

  2. [図の書式設定] または [書式設定] をクリックして文字列> >折り返します。

    リボンの [文字列の折り返し] の [外周] オプション

  3. [書式] タブで、[背景の削除] を選択します。

    リボンの [背景の削除] アイコン

    注: ベクター画像から背景を削除することはできません。

  4. 画像の外側の任意の場所を選択して、画像の周囲でテキストがどのように折り返されているかを確認します。

文字列の折り返しの微調整

テキストと画像の間の空間が広すぎる場合は、折り返し点を手動で設定することができます。

  1. 画像を選択し、[図の書式] または [書式] に移動し、[文字列の折り返し]> [折り返し点の編集] を選択します。

    リボンの [文字列の折り返し] の [折り返し点の​​編集] オプション
  2. 見た目に満足がいくまで、黒色の折り返し点をドラッグしてピクチャに近づけたり遠ざけたりします。 追加の折り返し点を作成するには、赤い線をドラッグします。

文字列の折り返しのオプションおよび折り返し点について詳しくは、「文字列の折り返しのオプション」をご覧ください。

行内に挿入された図は、テキスト内の挿入位置に結び付けられ、テキスト文字と同じように扱われます ("行内")。 これらの図は、周囲のテキストと共に自動的に移動されます。

  1. 画像を選びます。

  2. [図書式設定] または [書式] に移動し、[文字列の折り返し] > を選択します。

テキストを追加または削除したときに、図がそのままの場所に残るようにすることができます。

  1. 図を選択します。

  2. [図の書式設定] または [書式] に移動し、[文字列折り返し] > 選択します。

画像または描画オブジェクトを囲む文字列の折り返しを構成する

  1. 図またはオブジェクトを選びます。

  2. [図の書式] または [図形の書式設定] に移動し、[配置] を選択して文字列を折り返す> ます。

    [文字列の折り返し] をクリックして、画像または描画オブジェクトの周りの文字列を折り返す方法を選択します。

    ウィンドウの幅が十分ある場合は、Word の [図の書式設定] タブに [折り返して​​全体を表示する] が直接表示されます。

  3. 適用する折り返しオプションを選択します。

    たとえば、[行内]、[上下]、[背面] があります。

文字列に対する画像または描画オブジェクトの位置を変更する

  1. 画像または描画オブジェクトを選択します。

  2. [図の書式] または [図形の書式設定] に移動し、[位置>配置] を選択します。

    [位置] をクリックして、周りの文字列に対する表の位置を設定します。

    ウィンドウの幅が十分ある場合は、Word の [図の書式設定] タブに [位置] が直接表示されます。

  3. [位置] メニューで、目的の位置の種類を選ぶか、[その他のレイアウトオプション] を選択して [詳細レイアウトオプション] を選択します。

    [位置] メニューで、周りの文字列に対する、選択した画像または描画オブジェクトの位置を選択します。

表を囲む文字列の折り返しを構成する

  1. Ctrl キーを押しながら表をクリックして、[表のプロパティ] を選択します。

    ショートカット メニューに [表のプロパティ] が表示されない場合、Ctrl キーを押しながら、表の別の部分をクリックします。

  2. [表のプロパティ] の [文字列の折り返し] で、[周囲] を選択します。

    [する] をクリックして、選択した表の周りで文字列を折り返します。
  3. 表の周囲のテキストからの距離を変更するには、[位置] を選択し、[表の位置] で、[周囲の文字列との間隔] の値を設定します。

    [周囲の文字列との間隔] で選択したテーブルと本文テキストとの間隔を設定します。

図または描画オブジェクトの周りにテキストを回り込ませる

  1. 図またはオブジェクトを選びます。

  2. [書式] を選択し、[配置] で [折り返している文字列] を選択します。

    Word の [配置] グループ

  3. 適用する折り返しオプションを選択します。

    ヒント: テキストに対する図または描画オブジェクトの位置を変更するには、図またはオブジェクトを選択し、[位置>書式] を選択して、目的の位置を選びます。

表の周りにテキストを回り込ませる

  1. 表をクリックします。

  2. [表のレイアウト] タブをクリックして、[設定] の [プロパティ] をクリックします。

    [テーブルのレイアウト] タブ、[設定] グループ

  3. [文字列の折り返し] で [する] をクリックします。

  4. 表の垂直位置や水平位置、周囲のテキストからの間隔などのオプションを設定するには、[文字列の折り返し] の下の [位置] をクリックして、目的のオプションを選びます。

    ヒント: [罫線を引く] ツール ([] タブの [罫線の作成] にあります) を使用して表を作成する場合、自動的に文字列が回り込むようにするには、Option キーを押しながら表の罫線を引きます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する