画像、クリップ アート、テキスト、その他のオブジェクトにアニメーション効果を適用する

画像やアートなどにアニメーション効果を適用する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

PowerPoint 2013 のあらゆるオブジェクトにアニメーション効果を適用できます。この操作は簡単です。テキスト、画像、グラフ、図形などにアニメーション効果を適用しましょう。また、アニメーションの軌跡効果を使って華やかなプレゼンテーションを作成することもできます。

このコースの内容:

画像、図形、テキスト、およびその他のオブジェクトにアニメーション効果を適用する (4:05)
3 つの手順でどんなものにもアニメーション効果を適用することができます。アニメーション効果を適用するものを選択して、アニメーションを選択し、効果オプションで調整します。

テキストにアニメーション効果を適用する (4:22)
上手なプレゼンテーションでは、テキストをあまり使用せず、より視覚に訴えるスライドが作成されています。ただし、特にアニメーションを適用すれば、テキストを効果的に使用することができます。

画像や図形にアニメーション効果を適用する (4:24)
任意のオブジェクトにアニメーション効果を適用するプロセスは同じです。アニメーションを付けるものを選択して、アニメーションを選択し、効果オプションを選択します。画像や図形にアニメーション効果を適用する場合も、同じ方法で行います。

グラフや SmartArt にアニメーション効果を適用する (3:29)
グラフの場合、グラフのスタイルに合ったアニメーションを見つけることが秘訣です。SmartArt のアニメーションにも当てはまります。グラフィックス要素をどのように表示させ、強調させるのかを考慮して、使用するアニメーションを選択します。

アニメーションの軌跡を使って独自のアニメーションを作成する (3:35)
冒険好きなタイプの方なら、アニメーションの軌跡を多用して、素晴らしいプレゼンテーションを作成してみてはいかがでしょうか。一度コツをつかめば、まったく難しくありません。

コースのまとめ
このコースの重要なポイントを簡単におさらいします。

Microsoft Office トレーニングでは他にも各種のコースを用意しています。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×