用紙の特定の位置にラベル、はがき、ネーム タグ、または名刺を印刷する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

1 枚の用紙または特定のメーカーの製品に文書を印刷して、文書の位置を希望の位置に合わせることができます。

印刷時に、特定のメーカーの製品に文書を合わせたり、文書の複数のコピーを 1 枚の用紙に印刷したりしやすくするには、裁ちトンボを有効にします。文書を用紙に合わせた後、裁ちトンボを無効にすることができます。

注: 1 枚の用紙にさまざまなページを印刷する場合は、たとえば、差し込み印刷を使用すると宛名ラベルを作成するのには、さまざまなラベル、ネーム タグ、または同じ用紙に名刺を印刷するを参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

枚の用紙に文書を中央揃え

ページ上の別の位置に印刷する

枚の用紙に文書を中央揃え

文書を用紙の中央に合わせる場合 (たとえば、多数印刷する前に校正刷りを作成する場合など) は、[印刷] ダイアログ ボックスの [文書および用紙の設定] タブの [用紙 1 枚に 1 ページ] をクリックするとすばやく行うことができます。

注: 用紙 1 枚の 1 つのページ] をクリックすると、余白ガイドを調整することはできません。

  1. [ファイル] メニューの [印刷] をクリックします。

  2. 印刷] ダイアログ ボックスでは、文書および用紙の設定] タブをクリックし、[用紙 1 枚の 1 つのページを選択します。

デスクトップ プリンタの印刷外領域を特定する

  1. Microsoft ワードパッドを開きます。

    方法

    • Windows タスク バーの [スタート] メニューの [すべてのプログラム] をポイントします。次に、[アクセサリ] をポイントし、[ワードパッド] をクリックします。

  2. [ファイル] メニューの [ページ設定] をクリックします。

  3. []、[]、[]、および [] の余白値をゼロに設定します。プリンタでサポートされる最小の余白に合わせて、余白が自動的に再設定されます。

  4. 最小の余白をメモします。

[ファイル] メニューの [印刷プレビュー] をクリックして文書をプレビューすることによって、境界線の矩形全体を確実に印刷できます。

ページの先頭へ

ページ上の別の位置に印刷する

白紙に印刷するか、特定のメーカーの製品に印刷するかにかかわらず、手順は同じです。

重要: 特定のメーカーの製品 (NCR 社の #NCR 982403 名刺用用紙) に印刷する文書 (名刺など) を作成する場合は、必ず名刺文書を作成する前にその製品を選択してください。最初に名刺をデザインしてからメーカーの製品を選択すると、その製品に合わせるために名刺を再度デザインする必要が生じることがあります。

メーカーの製品が一覧にない場合、[文書の書式設定] 作業ウィンドウの [ページ サイズの変更] をクリックしてカスタム ページ サイズを作成できます。詳細については、「ページ サイズを選択する」を参照してください。

印刷オプションを使用して位置を選択する

[印刷] ダイアログ ボックスの [印刷の詳細設定]

[印刷] ダイアログ ボックスで、印刷オプションを調整するには、枚の用紙に、文書を印刷場所を指定できます。たとえば、文書のコピーの垂直方向の間隔を大きくして 2 つの列と (6 つの電子名刺の合計) の 3 つの行に印刷の 2 つの列と 1 行の名刺 (2 つの電子名刺の合計) を変更できます。または、文書のコピーの水平方向の間隔を大きくして、1 つの列と名刺 (5 つの電子名刺の合計) の 5 つの行を印刷することができます。

印刷オプションを調整する

  1. 印刷に使用する用紙のサイズより小さい文書 (名刺など) を作成するか、開きます。

  2. [ファイル] メニューの [印刷] をクリックし、[文書および用紙の設定] タブをクリックします。

  3. [印刷の詳細設定] に、印刷を開始するページ上の行および列を入力します。

  4. [左右の余白]、[上余白]、[左右の間隔]、および [上下の間隔] の値を変更して、[プレビュー] ウィンドウに必要なコピー数が表示されるようにします。

    ヒント: 特定のメーカーの製品に印刷する場合は、まずは白紙に印刷してみて、文書が目的の製品上に印刷されることを確認してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×