生徒の成績をオンラインで表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

個人用サイトのリストに生徒の成績を保存しておくと、各生徒にそれぞれの成績をオンラインで示したり、成績を管理したりできます。教師はリスト内のすべての成績を表示および変更できますが、生徒が確認できるのは Web パーツ ページに表示された自分の成績だけです。Web パーツ ページは、生徒のログオン情報と現在のユーザー フィルタ Web パーツを使用して、その生徒に関連する情報だけを表示するように構成されているので、生徒は自分の成績しか確認できません。

リストを操作するときは、生徒全員のすべての成績が表示されるように、データシート ビューを使用します。データシート ビューを使用して、新しい成績の追加や既存の成績の変更をリストで簡単に行うことができます。

[等級の入力] データシート ビューでは、等級を更新できる
インストラクターでは、データシート ビューを使用して、簡単に追加したり、既存の成績を変更します。

生徒が学校のネットワークにログオンしてこの Web パーツ ページにアクセスしたとき、ページに表示されるのは自分の成績だけです。

1 人の学生の成績を示す成績リストの学生の表示
学生は、Web パーツ ページで、評価のみが表示されます。

現在のユーザー フィルタ Web パーツに表示される情報は、ページを見ているユーザーのユーザー名にのみ関連付けられている情報なので、Web パーツ ページにはその生徒の成績しか表示されません。このページのリストは、生徒に自分の成績の閲覧権限だけを与えるように構成されているので、生徒はこのページで自分の成績を変更できません。

この機能を作成するには、次の操作を行います。

  1. 新規または既存の Excel ワークシートを使用して、学生の情報と成績が含まれている Excel ブックでワークシートを作成します。学生の情報を含む既存のワークシートがある場合は、次の手順に移動できます。成績はリストの個人用サイトでは既に保存されている場合、次の手順をスキップ 3 番目の手順に移動し、データシート ビューを作成、できます。

  2. リストを作成する-新しいリストとしてサイトに、ワークシート内の情報がインポートされます。新しいリストを作成した後は、アーカイブまたはブックが不要になったために、ブックを削除できます。追加新規または既存の成績を変更するには、このリストで作業します。

  3. データシート ビューを作成する-簡単に追加したり、既存の成績を更新できるように、リストのビューを作成します。

  4. 学生のビューを作成するなど、リストには、Web パーツ ページに表示したくないその他の情報が含まれている可能性があるため学生の制限付きビューが作成されます。

  5. Web パーツ ページを作成する-学生の成績を表示できる Web パーツ ページを作成します。このページでは、このページを見ている学生の成績のみ表示されます。

  6. Web パーツの追加-リスト Web パーツと現在のユーザー フィルター Web パーツを前の手順で作成した Web パーツ ページに追加されます。

  7. Web パーツを構成する-は学生の表示を使用するリスト Web パーツを構成します。

  8. Web パーツの接続このページを見ている学生の成績のみを表示する Web パーツを接続します。

手順 1. 新しい Excel ワークシートを作成するか、既存の Excel ワークシートを使用する

ワークシートには、次の列を追加する必要があります。

  • ユーザー名: 生徒が学校のネットワークにログインするために使用する名前です。現在のユーザー フィルタ Web パーツは、その生徒の成績だけを表示するために、この情報を利用します。

  • 宿題/テストごとの成績用の列: 各生徒の宿題とテストの成績を入力するために使用します。

作成したワークシートは次のようになります。

この記事で使用されている学生の情報と成績が含まれるワークシート。
学生の情報と成績をワークシートです。スチューデントの姓と名に列を追加します。

ワークシートを作成したら、ローカル ドライブなど、サイトからアクセスできる場所にワークシートを保存します。

手順 2. リストを作成する

  1. [すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、[すべてのサイト コンテンツ] ページで [作成] をクリックします。

    ヒント: ほとんどの場合、[サイトの操作] メニュー ボタン イメージ を使って、この手順をすべて行うことができます。

  1. [作成] ページの [カスタム リスト] で [スプレッドシートのインポート] をクリックします。

  2. [新規作成] ページで [] ボックスにEnglish4 2008」と入力します。タイトル バーに、新しいリストの URL に表示されます。

  3. [説明] ボックスには、英語 4 2008 クラスの成績を入力します。新しいリストのタイトル、説明が表示されます。

  4. [参照] をクリックします。[ファイルの選択] プロパティ ページでワークシートの場所を参照し、ワークシートをクリックして、[開く] をクリックします。

  5. [新規] ページで、[インポート] をクリックします。

  6. [Windows SharePoint Services リストにインポート] プロパティ ページで、[範囲の種類] ボックスの一覧の [セル範囲] をクリックします。

    [セルの範囲] リストで選択されたセルの範囲が表示された [インポート] ダイアログ ボックス

  7. [範囲の選択] ボックス内をクリックし、このリストにインポートする情報が含まれるセルを Excel で選択します。

  8. [インポート] をクリックします。

注: ワークシートの情報が含まれる新しいリストを作成すると、このリストで成績を直接入力または更新できるようになるので、ブックはアーカイブまたは削除できます。このワークシートはリストには関連付けられていません。

手順 3. データシート ビューを作成する

教師が新しい成績の追加と既存の成績の更新を行うために使用するビューです。

  1. [表示] メニューの [ [表示] メニュー ビューの作成] をクリックします。

  2. [ビューの作成: 英語 4-2008] ページの [ビュー形式の選択] で [データシート ビュー] をクリックします。

  3. ビュー名] ボックスで、 [等級の入力を入力します。新しいリストの [ビュー ] メニューでこの名前が表示されます。

  4. [OK] をクリックします。

手順 4. 生徒用ビューを作成する

生徒が自分の成績を確認するために使用するビューです。

  1. [表示] メニューの [ [表示] メニュー ビューの作成] をクリックします。

  2. [ビューの作成: 英語 4-2008] ページの [ビュー形式の選択] で [標準ビュー] をクリックします。

  3. ビュー名] ボックスで、成績を入力します。English4 2008 Web パーツのツール ウィンドウで、 [ビューの選択] ボックスの一覧でこの名前が表示されます。

  4. [対象ユーザー] セクションの [対象ユーザーの表示] で [パブリック ビューを作成する] をクリックします。

  5. [] セクションで、生徒に表示しない列のチェック ボックスをすべてオフにします。現在のユーザー フィルタ Web パーツは、特定の生徒の成績だけを表示するために [ユーザー名] 列を使用するので、この列のチェック ボックスはオンのままにしてください。

  6. [左からの並び順] ボックスの一覧の適切な数値をクリックし、列の並び順を調整します。

  7. [OK] をクリックします。

手順 5. Web パーツ ページを作成する

生徒が各自の成績を確認できる Web パーツ ページです。

  1. [すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、[すべてのサイト コンテンツ] ページで [作成] をクリックします。

    ヒント: ほとんどの場合、[サイトの操作] メニュー ボタン イメージ を使って、この手順をすべて行うことができます。

  1. [作成] ページの [Web ページ] で [Web パーツ ページ] をクリックします。

  2. ビュー名] ボックスで、学生を入力します。名前は、タイトル バーで、新しいページの URL が表示されます。

  3. [レイアウト] セクションの [レイアウト テンプレートの選択] で [ページ全体, 縦型] をクリックします。

  4. [保存場所] セクションの [ドキュメント ライブラリ] ボックスの一覧の [共有ドキュメント] をクリックします。

  5. [作成] をクリックします。

このページの URL をメモします。このページが完成したら、この URL を生徒に教えてください。

手順 6. Web パーツを追加する

  1. Web パーツ ページで、[Web パーツの追加] をクリックします。

  2. [Web パーツの追加 -- Web ページ ダイアログ] ボックスの [リストとライブラリ] セクションで [英語 4-2008] チェック ボックスをオンにします。

  3. [フィルタ] セクションで [現在のユーザーによるフィルタ] チェック ボックスをオンにします。

  4. [追加] をクリックします。

手順 7. Web パーツを構成する

  1. English4 2008 Web パーツで、[編集] ボタン [Web パーツ] メニュー ] をクリックし、[共有 Web パーツの変更] をクリックします。

    ツール ウィンドウが開きます。プロパティを構成し、適切なビューを表示して生徒が成績を変更できないようにします。このビューは、SharePoint がページの閲覧者として特定したユーザーの情報だけを表示する読み取り専用のビューです。

    Web パーツ ツール ウィンドウでは、Web パーツのプロパティを構成できます。

  2. [ビューの選択] ボックスの一覧の [成績] をクリックします。

    [ビューの選択] リストですべてのアイテムを選んだ Web パーツ ツール ウィンドウ。

  3. ビューの切り替え結果に関するメッセージ ボックスで [OK] をクリックします。

  4. [ツール バーの種類] ボックスの一覧の [ツール バーなし] をクリックします。一覧からこれを選択すると、[英語 4-2008] Web パーツのツールバーが非表示になり、生徒は自分の成績を変更できなくなります。

    [ツール バーの種類] リストで [No Toolbar] が選択されている Web パーツ ツール ウィンドウ

  5. [OK] をクリックします。

  6. [現在のユーザー フィルター Web パーツの編集] ボタン [Web パーツ] メニュー ] をクリックし、[共有 Web パーツの変更] をクリックします。

    ツール ウィンドウが開きます。プロパティを構成し、ページを見ているユーザーのユーザー名のみに関連付けられている情報が表示されるようにします。

    現在のユーザー フィルター Web パーツのツール ウィンドウ。

  7. [渡す値を選択してください] で、[現在のユーザー名] をクリックします。

    現在のユーザーによるフィルター Web パーツの [ツール] ウィンドウの現在のユーザー名オプションをクリックします。

  8. ツール ウィンドウで [OK] をクリックします。

手順 8. Web パーツを接続する

  1. 現在のユーザー フィルター Web パーツで [Web パーツ] メニュー の編集] ボタンをクリックして、接続] をポイントフィルター値を送信] をポイントし、[ English4 2008] をクリックします。

  2. [コンシューマ フィールド名] ボックスの一覧の [ユーザー名] をクリックし、[完了] をクリックします。

  3. [編集モードの終了] をクリックします。

生徒が学校のネットワークにログインして生徒用ページにアクセスしたとき、現在のユーザー フィルタ Web パーツには、その生徒の成績だけが表示されます。生徒が各自の成績を変更できないように、このページのリストのツールバーは無効になっています。

追加新規または既存の成績を更新、一覧を参照してください。[表示] メニューの [ [表示] メニュー すばやく追加したり、既存の成績を更新できるように、データシート ビューに変更するのには、等級の入力] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×