現在のマスタ ページを変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

マスタ ページを使用すると、サイトに一貫した外観を容易に適用できます。マスタ ページは、ロゴ、チームのサイト名、共有ナビゲーション、類似のサイト要素などの、サイトの各ページで繰り返される共有のコンテンツを定義するものです。

マスタ ページを使用していてサイトのデザインを変更する場合は、次のいずれかの操作を行うことができます。

  • 現在のマスタ ページを変更する    現在のマスタ ページを変更することは、ソースに変更を加えて、このマスタ ページに適用されているすべてのページに対してこの変更を適用することを表します。

  • 他のマスタ ページを既定のマスタ ページとして設定する    新しいマスタ ページを既定のマスタ ページとして設定すると、既定のマスタに適用されているサイト内のすべてのページに新しいマスタ ページが適用されます。

  • コンテンツ ページを異なるマスタ ページに個別に適用する    マスタ ページは、サイトのすべてのページに適用する代わりに、単独のコンテンツ ページや選択したコンテンツ ページのコレクションに適用することもできます。

マスター ページの詳細については、 ASP.NET マスター ページの概要を参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

現在のマスター ページを変更します。

既定のマスター ページとして別のマスター ページを設定します。

別のマスター ページに各コンテンツ ページを添付します。

コンテンツ領域を新しいマスター ページにマップします。

現在のマスタ ページを変更する

現在のマスタ ページがニーズをほぼ満たしているときに小さな変更を加える場合は、現在のマスタ ページを変更するのが最も良い方法です。次のいずれかの操作を行います。

  • [フォルダ一覧] 内でマスタ ページをダブルクリックしてマスタを開き、デザイン ビューでページを編集します。

    注: マスタ ページは、マスタ ページ ギャラリー ([フォルダ一覧] の _catalogs フォルダ内の masterpage フォルダ) に格納されています。

  • または、適用されているコンテンツ ページ内からマスタ ページを開くこともできます。コンテンツ ページ (たとえば Default.aspx) を開いた状態で、[書式] メニューの [マスタ ページ] をポイントし、[適用されているマスタ ページを開く] をクリックします。次に、デザイン ビューでページを編集します。

SharePoint サイトの既定のマスター ページを変更する方法の詳細については、「既定のマスター ページの変更」を参照してください。

ページの先頭へ

他のマスタ ページを既定のマスタ ページとして設定する

Microsoft Office SharePoint Designer 2007 で新しいマスタ ページを作成した後は、新しいマスタ ページをサイト全体の既定のマスタ ページとして簡単に設定できます。

注: 新しいマスタ ページを既定のマスタ ページとして設定すると、既定のマスタに適用されているすべてのページ (サイトに既に存在するページやこれから新しく作成されるページを含む) が、新しいマスタ ページに適用されます。

  1. [フォルダ一覧] の _catalogs フォルダ内の masterpage フォルダを開きます。

    注: masterpage が折りたたまれている場合は、正符号 (+) をクリックして、これを展開します。

  2. masterpage フォルダ内で、新しい既定のマスタとして使用するマスタ ページを右クリックし、ショートカット メニューの [既定のマスタ ページとして設定] をクリックします。

    新しい既定のマスター ページに表示されないコンテンツの領域を含むページが壊れて表示されることを警告するメッセージが表示されます。新しい既定のマスター内のコンテンツ領域には、サイトのコンテンツ ページでコンテンツ領域が一致すると、[はい] をクリックします。コンテンツ領域とコンテンツ プレース ホルダーの詳細については、「コンテンツ プレース ホルダーの既定の SharePoint の変更」を参照してください。

注: マスタ ページが既にサイトの既定のマスタ ページに設定されている場合、[既定のマスタ ページとして設定] コマンドは使用できません。

ページの先頭へ

コンテンツ ページを異なるマスタ ページに個別に適用する

単独のコンテンツ ページや選択したコンテンツ ページのコレクションを異なるマスタ ページに適用できます。

重要: default.master の既定のコンテンツ プレースホルダのほとんどは Windows SharePoint Services 3.0 (SharePoint リストおよびライブラリなど) の共同作業機能に必要なので、削除しないでください。コンテンツ領域がサイトにどのような影響を及ぼすかわからない場合は、コンテンツ ページを他のマスタ ページに適用する前にサイト管理者に相談してください。

  1. 別のマスタ ページに適用するコンテンツ ページを開きます。

    マスタ ページを複数のページに適用するには、[フォルダ一覧] で、[Ctrl] キーを押しながら、マスタ ページを適用させる各ページをクリックします。

  2. [書式] メニューの [マスタ ページ] をクリックし、[マスタ ページの適用] をクリックします。

  3. [マスタ ページの選択] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 現在サイトの既定のマスタ ページとして設定されているマスタ ページを使用する場合は、[既定のマスタ ページ] をクリックします。

    • 現在サイトのユーザー設定のマスタ ページとして設定されているマスタ ページを使用する場合は、[ユーザー設定のマスタ ページ] をクリックします。

    • [特定のマスタ ページ] をクリックして、サイトの既定のマスタまたはサイト独自のマスタとして設定されていないページを選択して使用します。[参照] をクリックして、目的のマスタ ページを参照して選択します。コンテンツ領域をマップする方法については、次のセクションを参照してください。

      注: 特定のマスタ ページを選択する場合、そのマスタ ページは現在のサイトと同じサイト コレクションに存在していなければなりません。

ページの先頭へ

コンテンツ領域を新しいマスタ ページにマップする

古いマスタ ページに含まれていたコンテンツ領域が新しいマスタ ページのコンテンツ領域と一致しない場合は、新しいマスタに適用されているコンテンツ ページを開いたときに次のエラー メッセージが表示されます。

マスタ ページのエラー メッセージ

この場合、元のマスタ ページに含まれていたのと同じコンテンツ領域をすべて含む新しいマスタ ページを適用するか、または一致しないコンテンツ領域を新しいマスタ ページのコンテンツ領域にマップすることが可能です。

現在のページから新しいマスタ ページにコンテンツ領域をマップすると、古いコンテンツ領域は削除され、削除されたコンテンツ領域内に含まれていたコンテンツは対応する領域に組み込まれます。

  1. [マスタ ページのエラー] ボックスで、[コンテンツ領域のマッピングを変更] をクリックします。

    [コンテンツ領域の一致] ダイアログ ボックスが表示されます。[現在のページ] 列には、現在のページに存在する古いマスタ ページで指定されているコンテンツ領域が表示されます。[マスタ ページ] 列には、新しいマスタ ページで指定されているコンテンツ領域が表示されます。

  2. 新しいマスタ ページ上のコンテンツ領域にマップするコンテンツ領域をクリックし、[変更] をクリックします。

  3. [コンテンツの編集可能な領域の選択] ダイアログ ボックスで、[以前の領域] ボックスに表示されている現在の領域に対して [新しい領域] ボックスの一覧でコンテンツ領域をクリックし、[OK] をクリックします。以前のコンテンツ領域が新しいコンテンツ領域に対応せず、そのコンテンツを新しいコンテンツ領域に含めない場合は、[(なし)] をクリックします。

    注: [(なし)] を選択した場合、コンテンツ コントロールとその内容が現在のページから完全に削除されます。

  4. それぞれのコンテンツ領域について、対応付け操作を繰り返します。

  5. [コンテンツ領域の管理] ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックしてページに戻ります。

    注: このプロセスをスキップするには、[コンテンツ領域の管理] ダイアログ ボックスで [作業中のページをスキップ] をクリックします。この操作をスキップした場合、現在のコンテンツ領域に対応付けられていないコンテンツはページに表示されません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×