独自の基本レポートを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プロジェクトには、事前に定義された 29 の基本的なレポートが含まれています。既定のレポートの [なし] に合わない場合については、ユーザー設定の基本的なレポートを作成するテンプレートを使用することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

レポートのユーザー設定のタスクまたはリソース レポートを作成します。

カスタム カレンダー レポートを作成します。

ユーザー設定のクロス集計レポートを作成します。

独自のタスク レポートまたはリソース レポートを作成する

  1. [レポート] メニューの [レポート] をクリックします。

  2. [ユーザー設定] をクリックし、[選択] をクリックします。

  3. 独自のタスク レポートまたはリソース レポートを作成するには、[レポートのユーザー設定] ダイアログ ボックスの [新規作成] をクリックし、[タスク] または [リソース] をクリックし、[OK] をクリックします。

    タスク レポートまたはリソース レポートを編集するには、[レポート名] ボックスの一覧で必要なレポートをクリックし、[編集] をクリックします。

  4. [定義] タブで、レポートの名前を [名前] ボックスに入力します。

  5. 表示する期間を [期間] ボックスの一覧でクリックし、[期間の間隔] ボックスに、レポートする期間の一単位となる間隔を数値で入力します。

    注: 期間が [プロジェクト全体] の場合、[期間の間隔] ボックスを使用することはできません。

  6. [テーブル名] ボックスの一覧で、表示するテーブルをクリックします。

  7. [フィルタ名] ボックスの一覧で、適用するフィルタをクリックします。

  8. フィルタが適用されたタスクを異なる書式で表示するには、[強調表示] チェック ボックスをオンにします。

    ヒント: 強調表示する文字列の設定を変更するには、[文字列] をクリックし、[設定の対象] ボックスの一覧の [強調表示したタスク] または [強調表示したリソース] をクリックして、書式に関するオプションを選択します。

  9. サマリー タスクをレポートに含めるには、[サマリー タスク] チェック ボックスをオンにします。

  10. レポートに境界線が表示されるように書式設定するには、[境界線を表示する] チェック ボックスをオンにします。

  11. レポート内でのタスク データまたはレポート データの表示順序を変更するには、[並べ替え] タブをクリックし、[最優先されるキー] ボックスの一覧で、並べ替えるフィールドをクリックしてから、[昇順] または [降順] をクリックします。

    さらに他の条件を使って並べ替えるには、該当する [2 番目に優先されるキー] ボックスの一覧で、使用するフィールドをクリックし、[昇順] または [降順] をクリックします。

    注: レポートのテーブル セクションに表示されているデータは、この条件に基づいて並べ替えられます。レポートのテーブルに表示されていない詳細項目は並べ替えられません。

ページの先頭へ

独自のカレンダー レポートを作成する

  1. [レポート] メニューの [レポート] をクリックします。

  2. [ユーザー設定] をクリックし、[選択] をクリックします。

  3. 新しいカレンダー レポートを作成するには、[新規作成] をクリックし、[カレンダー] をクリックして、[OK] をクリックします。

    カレンダー レポートを編集するには、[レポート名] ボックスの一覧でカレンダー レポートの名前をクリックし、[編集] をクリックします。

  4. [名前] ボックスに、レポートの名前を入力します。

  5. [フィルタ名] ボックスの一覧で、適用するフィルタをクリックします。

  6. フィルタが適用された項目を異なる書式で表示するには、[強調表示] チェック ボックスをオンにします。

    ヒント: 強調表示する文字列の設定を変更するには、[文字列] をクリックし、[設定の対象] ボックスの一覧の [強調表示したタスク] をクリックして、書式に関するオプションを選択します。

  7. [カレンダー名] ボックスの一覧で、使用するカレンダーをクリックします。

  8. 非稼働日のパターンを表示するには、[非稼働日のパターンを表示する] チェック ボックスをオンにします。

  9. タスクが翌週に続くときに、バーの末端に実線を表示するには、[バー区切りの実線を表示する] チェック ボックスをオンにします。

  10. 異なるタスク情報を区切るための境界線をカレンダーの日付の間に表示するには、[境界線を印刷する] チェック ボックスをオンにします。

  11. カレンダー レポートのタスクの表示形式を設定するには、[バー]、[実線]、または [開始日/終了日] をクリックします。

  12. カレンダー レポートのタスクの表示項目を設定するには、[ID]、[タスク名]、および [期間] の各チェック ボックスをオンまたはオフにします。

注: Project には [カレンダー] ビューが含まれています。カレンダー テンプレートを使って独自のカレンダー レポートを作成する代わりに、この [カレンダー] ビューを印刷用にユーザー設定することもできます。

ページの先頭へ

独自のクロス集計レポートを作成する

クロス集計レポートには、指定した期間のタスクとリソースに関する情報が表示されます。

  1. [レポート] メニューの [レポート] をクリックします。

  2. [ユーザー設定] をクリックし、[選択] をクリックします。

  3. 独自のクロス集計レポートを作成するには、[新規作成] をクリックし、[クロス集計] をクリックし、[OK] をクリックします。

    クロス集計レポートを編集するには、[レポート名] ボックスの一覧でカレンダー レポートの名前をクリックし、[編集] をクリックします。

  4. [定義] タブで、レポートの名前を [名前] ボックスに入力します。

  5. [] の隣の [クロス集計] で、表示する期間を選択し、各列の期間の単位数を入力します。

  6. [] ボックスの一覧で、レポートの各行にタスクまたはリソースを表示するかどうかを選択します。

  7. [フィールド] ボックスの一覧で、クロス集計レポートに表示するタスク フィールドまたはリソース フィールドをクリックします。

  8. タスクまたはリソースの割り当てを表示するには、[リソースの割り当てを表示する] チェック ボックスまたは [タスクの割り当てを表示する] チェック ボックスをオンにします。

  9. [フィルタ名] ボックスの一覧で、表示するフィルタをクリックします。

  10. フィルタが適用された項目を異なる書式で表示するには、[強調表示] チェック ボックスをオンにします。

    ヒント: 強調表示する文字列の設定を変更するには、[文字列] をクリックし、[設定の対象] ボックスの一覧の [強調表示したタスク] または [強調表示したリソース] をクリックして、書式に関するオプションを選択します。

  11. クロス集計レポートに表示する日付の形式を変更するには、[詳細] タブをクリックし、[日付の形式] ボックスの一覧で、目的の日付の形式をクリックします。

    ゼロの値を表示するには、[ゼロを表示する] チェック ボックスをオンにします。

  12. レポート内でのデータの表示順序を変更するには、[並べ替え] タブをクリックし、[最優先されるキー] ボックスの一覧で、並べ替えるフィールドをクリックしてから、[昇順] または [降順] をクリックします。

    さらに他の条件を使って並べ替えるには、該当する [2 番目に優先されるキー] ボックスの一覧で、使用するフィールドをクリックし、[昇順] または [降順] をクリックします。

ヒント: クロス集計レポートにタスク、リソース、または割り当ての詳細項目を表示する列を追加することはできませんが、クロス集計レポートに類似した方法で [タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューを印刷できます。そのためには、目的の詳細項目を表示するように [タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューをユーザー設定し、[ファイル] メニューの [ページ設定] をクリックします。次に、[ビュー] タブで、[印刷する日付範囲に含まれる行の合計を印刷する] チェック ボックスおよび [列の合計を印刷] チェック ボックスをオンにします。この設定で [タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューを印刷すると、クロス集計レポートと同様の結果が得られます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×