独自のデータ グラフィックを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ グラフィックは、図形に含まれるデータを示すために図形に対して適用できる一連の視覚効果です。データ グラフィックでは、データをテキスト要素と視覚要素の組み合わせ (フラグと進行状況バーなど) として提示します。

たとえば、売上に関する情報を含む図形があり、その情報を次のように表示するとします。

  • ラベル (売上地域) ではなく値 (西部) のみを示すテキストを用いて地域を表示

  • ラベルと値の両方を示すテキストを用いて売上を表示

  • 現在の売上と当該年度の予測売上を関連付けた進行状況バーを用いて売上を表示

  • ラベルと値の両方を示して去年との比較を表示

  • 状態を表す旗のアイコンを用いて去年との比較を表示

次のデータ グラフィックでは、これらの情報を明確に伝えています。

売り上げデータ付きの図形

データ グラフィックを作成した後

データ グラフィックを作成した、次のことができます。

  • 同じデータを使用して他の図形にデータ グラフィックを適用する。

  • データ グラフィックが適用されるすべての図形を自動的に変更するように、データ グラフィックを編集する。

1 つのデータ グラフィックを複数の図形に適用した後、このデータ グラフィックを変更すると、適用先のすべての図形にもこの変更内容が適用されます。

図形に必要なデータ グラフィックをいくつでも作成できます。たとえば、従業員データを示す 1 つのデータ グラフィックを作成し、それをすべての従業員図形に適用できます。機器データを示す 2 つ目のデータ グラフィックを作成し、それをすべての機器図形に適用できます。

独自のデータ グラフィックを作成します。

  1. [データ] をクリックし、[図形にデータを表示] をクリックします。

  2. [データ グラフィック] 作業ウィンドウで [新しいデータ グラフィックの作成] の [新しいデータ グラフィック] をクリックします。

  3. データ グラフィックをカスタマイズするのには、[新しいデータ グラフィックと、新しい吹き出しの種類] ダイアログ ボックスでオプションを選択します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×