状況説明マークを追加する

ほとんどすべてのタスクおよびリソース ビューには、画面の左側に [状況説明マーク] 列があります。タイトルの文字ではなく図 インジケーター列のアイコン が示されるのは、この列だけです。この列が表示されない場合は、次の操作を行ってみてください。

  1. [状況説明マーク] 列を配置する場所の右側の列見出しを右クリックします。

  2. [列の挿入] をクリックし、[状況説明マーク] をクリックします。

ヒント: 状況説明マークの意味がよくわからない場合は、マークの上にポインターを置きます。マークを説明するボックスが開きます。

状況説明マークの一覧など、技術的な詳細については、「[状況説明マーク] フィールド」を参照してください。

状況説明マークを変更する、非表示にする

状況説明マークはステータスを示すマークで、ステータスを管理するためのものではありません。実際、[状況説明マーク] 列のマークを直接変更することはできません。

状況説明マークが適切でないと思われる場合は、その原因を探してください。たとえば、まだ完了していないタスクの横に完了を示す状況説明マーク [タスクの完了] インジケーター が表示されている場合は、タスクが間違って 100% 完了としてマークされていないか確認します。

状況説明マークが不要な場合は、[状況説明マーク] 列を非表示にできます。つまり、列見出しを右クリックして [列の非表示] をクリックします。

ユーザー設定の状況説明マークを作成する

プロジェクトにユーザー設定フィールドを追加するとき、これらのフィールドの値に応じた状況説明マークを選ぶことができます。たとえば、進捗状況フィールドを作成し、予定どおりに進んでいるタスク、スケジュールより遅れているタスク、ブロックされているタスクごとにマークを選ぶことができます。

ユーザー設定フィールドを作成するには:

  1. [プロジェクト]、[ユーザー設定フィールド] の順にクリックします。

    [プロジェクト] タブの [ユーザー設定フィールド] コマンド

  2. 使われていないテキスト フィールドをクリックして、[名前の変更] をクリックします。

  3. 進捗状況」(または任意の名前) と入力して [OK] をクリックします。

    [ユーザー設定フィールド] ダイアログ ボックスの画像

  4. [属性] で [参照] をクリックします。

  5. 目的の値をテーブルに追加します。この例では、「予定どおり」、「遅れ」、「ブロック」と入力します。

  6. [フィールドの既定のエントリとしてテーブルの値を使う] チェック ボックスをオンにします。

  7. 最初の値 ([予定どおり]) をクリックし、[既定値に設定]をクリックして、[閉じる]をクリックします。

    [参照テーブルの編集] ダイアログ ボックスの画像

マークを選ぶには:

  1. [ユーザー設定フィールド] ダイアログ ボックスに戻り、[表示する値] で [マーク] をクリックします。

  2. [‘進捗状況’ の条件] 列で [等しい] をクリックします。

  3. [] 列に、前の手順で設定した値の名前 (「予定どおり」、「遅れ」、「ブロック」) を追加します。

  4. [] 列に、各値の図を追加します。これが、プロジェクト計画に表示される状況説明マークになります (下に示すスマイル マークがふさわしくなければ、他にもたくさん選択肢はあります)。

  5. [OK] を 2 回クリックして、ガント チャートに戻ります。

[マーク] ダイアログ ボックスの画像

ユーザー設定フィールドをガント チャートに追加するには:

  1. ユーザー設定の [進捗状況] 列を配置する場所の右側の列見出しを右クリックします。

  2. [列の挿入] をクリックして、一覧から [進捗状況] を選びます。

  3. タスクごとに進捗状況のステータスを選びます。

    ガント チャートのユーザー設定の進捗インジケーター

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×