状況報告日を設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Project では、状況報告日を使用して、進捗状況をイナズマ線で表示したり、時間配分されていない進捗状況の情報 (達成率 (%)など) をプロジェクトに含めたり、達成額の合計を計算したりします。別の状況報告日を指定しない限り、状況報告日は現在の日付 (今日の日付) になります。状況報告日は、進捗状況の情報を入力するときに、スケジュールのどこに実績作業時間と残存作業時間を配置するかを決定するためにも使用できます。

この記事の内容

状況報告日を変更するどうすればよいですか。

状況報告日が進捗状況の更新に影響ですか。

状態の達成に影響を与える値への日付

状況報告日がイナズマ線の計算に影響ですか。

状況報告日の変更方法

プロジェクトの状態を表示するには、イナズマ線を使用して、現在の日付のプロジェクトのステータスが表示されます。同様に、進捗状況の情報を入力すると、実績作業時間と残存作業時間スケジュールの現在の日付をされます。達成額に関する情報は、現在の日付のも計算されます。

状況報告日を変更すると、現在の日付以外の日付における進捗状況の情報を入力または表示することができます。たとえば、先週の時点でのプロジェクトの状況を確認できます。また、進捗状況の報告を金曜日に義務付けているにもかかわらず、報告が遅れて提出された場合は、進捗状況の情報を入力する前に状況報告日を金曜日に設定できます。

注: 状況報告日を変更しても、プロジェクトにまったく変化が見られない場合は、計算モードが手動に設定されている可能性があります。自動計算に変更するには、[ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[計算方法] タブをクリックします。[Microsoft Office Project の計算オプション] セクションで、[計算モード] の横の [自動] をクリックします。

  1. [プロジェクト] メニューの [プロジェクト情報] をクリックします。

  2. [状況報告日] ボックスで、状況報告日を入力または選択します。

    状況報告日を削除するには、[状況報告日] ボックスに「NA」と入力します。

注: Microsoft Office Project Web Access のタイムシートや他のソースからの実績作業時間でプロジェクトを更新する場合は、タイムシート期間の最終日を状況報告日として設定できます。

ページの先頭へ

状況報告日が進捗状況の更新に与える影響

進捗状況を現在までの達成率または実績作業時間として入力すると、Project では、実績作業時間の配置場所と残存作業時間のスケジュール場所を決定するために、状況報告日が使用されます。スケジュールよりも前または後に割り当てが完了したときなど、任意の場所に実働作業時間と残存作業時間を配置する場合の状況報告日の使用方法について、既定の設定を変更できます。

Project での実績期間および残存期間のスケジュール方法は、[オプション] ダイアログ ボックス ([ツール] メニュー) の [計算方法] タブにある次のチェック ボックスによって影響されます。

  • [状況報告日よりも後にあるタスクの完了部分の終了点を、状況報告日に移動する]    状況報告日より後にスケジュールされていて、実績が入力されているタスクについて考えます。[状況報告日よりも後にあるタスクの完了部分の終了点を、状況報告日に移動する] チェック ボックスがオンになっている場合、状況報告日より後にスケジュールされているタスクに対して実績を入力すると、タスクの実績部分、つまり完了した部分が移動して、完了した作業は状況報告日に終了するように配置され、残りの作業は状況報告日より後に開始するようにスケジュールされたまま残ります。したがって、状況報告日を今日に設定して実績を入力すると、作業は明日以降の日付ではなく今日終了したと見なされます。ただし、残りの作業は明日以降の日付になるまで開始しないと見なされます。

    状況報告日よりも後にあるタスクの完了部分の終了点を、状況報告日に移動する

  • [タスクの残存部分の開始点を、状況報告日に移動する]    [状況報告日よりも前にあるタスクの残存部分の開始点を、状況報告日に移動する] チェック ボックスがオンになっている場合は、[タスクの残存部分の開始点を、状況報告日に移動する] チェック ボックスもオンにできます。両方のチェック ボックスをオンにすると、タスク全体が状況報告日を基準に移動します。これにより、タスクの作業が実行済みで状況報告日には完了していること、および残存作業は状況報告日の時点で継続していることが示されます。

    そして、残りパーツの開始を状況報告日に戻す

  • [状況報告日よりも前にあるタスクの残存部分の開始点を、状況報告日に移動する]    状況報告日より前にスケジュールされていて、実績が入力されているタスクについて考えます。[状況報告日よりも前にあるタスクの残存部分の開始点を、状況報告日に移動する] チェック ボックスがオンになっている場合、状況報告日より前にスケジュールされたタスクに対して実績を入力すると、タスクの実績部分はスケジュールされた日付のまま残り、残りの作業はすべて状況報告日に移動します。このため、状況報告日を今日に設定して実績を入力すると、作業はスケジュールされた時点で既に完了したと見なされます。残りの作業部分は、過去 (状況広告日より前) の日付で開始するのではなく、直ちに開始すると見なされます。

    状況データよりも前にある残存部分の開始点を、状況報告日に移動する

  • [タスクの完了部分の終了点を、状況報告日に移動する]    [状況報告日よりも前にあるタスクの残存部分の開始点を、状況報告日に移動する] チェック ボックスがオンになっている場合は、[タスクの完了部分の終了点を、状況報告日に移動する] チェック ボックスもオンにできます。両方のチェック ボックスをオンにすると、タスク全体が状況報告日を基準に移動します。これにより、タスクの作業が実行済みで状況報告日には完了していること、および残存作業は状況報告日の時点で継続していることが示されます。

    完了した部分の末尾を状況報告日に移動する

これらの設定は、"スケジュールよりも進んでいる" イナズマ線を表示する場合に特に便利です。また、達成額の計上方法を変更する場合にも役立ちます。

これらの設定を変更しても、Project によって実績作業時間や残存作業時間が移動されることはありません。スケジュールされた日付よりも何週間か早く作業が完了したという報告を行ったとしても、作業は最初にスケジュールされた日付のまま残ります。

注: 期間別の実績作業時間を入力して進捗状況を管理する場合、これらの設定では実績作業時間および残存作業時間の配置は制御されません。

ページの先頭へ

状況報告日が達成額に与える影響

特定の達成額コストは、状況報告日における計算されます。たとえば、作業時間の予算に計上されたコスト スケジュール (BCWS) は、タスクの開始日と、状況報告日の間にタスクに費やす金額を表示する予定のコストの部分です。たとえば、合計では、4 日のタスクが $100 と開始日を月曜日に予算が計画されています。状況報告日を次に設定されている場合、水曜日 BCWS が ¥ 75 します。状況報告日を変更する場合、最大のコストと、状況報告日を含む、達成額の計算が反映されます。

ページの先頭へ

状況報告日がイナズマ線の計算に与える影響

イナズマ線を使用して進捗状況の情報を表示する場合は、状況報告日、現在の日付、または標準間隔に基づいてイナズマ線を表示できます。イナズマ線を正しく表示するには、[ツール] メニューの [オプション] をクリックします。[計算方法] タブをクリックし、[タスク全体の期間達成率の入力結果を、状況報告日までにする] チェック ボックスをオンにします。この設定により、期間達成率によって報告される作業は、状況報告日まで均等に配置されます。このように設定してイナズマ線を表示すると、イナズマ線にはある特定日の時点で予想される進捗状況が反映されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×