状態を設定する

状態情報には、連絡先が連絡可能かどうかに関する情報が表示され、連絡先と連絡を取るための最良の方法を判断するのに役立ちます。たとえば、連絡先リスト内の同僚のステータス インジケーターが緑色になっている場合は、その人が連絡可能であることを示しています。

目的に合ったトピックをクリックしてください

設定できる状態

自動的に設定される状態

個人メモを設定する

設定できる状態

状態を変更するには、[情報] 画面で現在の状態をタップし、続いて [状態を選択] 画面で次のいずれかのプレゼンス状態を選択します。

  • 連絡可能

  • 取り込み中

  • 応答不可

  • 一時退席中

  • 業務時間外

  • 状態のリセット

自動的に設定される状態

次のプレゼンスが状態領域に自動的に表示されます。

  • 非アクティブ: X 分の間、コンピューターが使用されていない、または携帯電話で Lync を使用していないことを意味します。既定値は 5 です。

  • オフライン

  • 不明

個人メモを設定する

Microsoft Outlook の [自動応答 (不在時)] 設定を変更すると、Outlook に入力したメモも Lync の [個人メモ] 領域に表示されます。このメモは、Outlook でメモをキャンセルするか、または Lync で新しいメモを入力するまで保持されます。

個人メモを設定するには、次の操作を行います。

  1. [情報] 画面でメモ領域をタップし、必要なメモを入力します。

  1. 画面の下部にある [完了] を選択し、メモを保存します。メモが連絡先カードに表示されます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×