スキップしてメイン コンテンツへ

特定のセルまたはセル範囲を選択する

数式バーの左側にある [名前] ボックスに名前またはセル参照を入力して、特定のセルまたは範囲をすばやく見つけて選ぶことができます。

名前ボックス

[移動先] (F5またはCtrl + G) コマンドを使用して、名前付きまたは名前なしセルやセル範囲を選択することもできます。

重要: 名前付きのセルと範囲を選択するには、最初に定義する必要があります。 詳細については、「数式で名前を定義し使用する」を参照してください。

  • 名前付きのセルまたは範囲を選択するには、[名前] ボックスの横にある矢印をクリックして、名前付きセルまたは範囲の一覧を表示し、目的の名前をクリックします。

  • 2つ以上の名前付きセル参照またはセル範囲を選択するには、[名前] ボックスの横にある矢印をクリックし、選択する最初のセル参照または範囲の名前をクリックします。 次に、 CTRL キーを押しながら、[名前] ボックスの他のセルまたは範囲の名前をクリックします。

  • 名前が指定されていないセル参照またはセル範囲を選択するには、選択するセルまたはセル範囲のセル参照を入力し、 enterキーを押します。 たとえば、B3 を入力してセルを選択するか、B1: B3 を入力してセルの範囲を選択します。

注: [名前] ボックスでは、セルまたはセル範囲に対して定義されている名前を削除または変更することはできません。 名前の削除または変更ができるのは、名前マネージャー ([数式] タブの [定義された名前] グループ) だけです。 詳細については、「数式で名前を定義し使用する」を参照してください。

  1. F5キーまたは CTRL キーを押しながら Gキーを押して、 [ジャンプ] ダイアログボックスを開きます。

  2. [ジャンプ] ボックスの一覧で、選択するセルまたはセル範囲の名前をクリックするか、[参照] ボックスにセル参照を入力して、 [OK]を押します。

    たとえば、[参照] ボックスに「 b3 」と入力してそのセルを選択するか、 B1: B3を入力してセルの範囲を選択します。 [参照] ボックスにコンマで区切って入力することで、複数のセルまたは範囲を選ぶことができます。 動的配列数式によって作成されたこぼれた範囲を参照している場合は、"こぼれ range" 演算子を追加できます。 たとえば、セル A1: A4 に配列がある場合は、[参照] ボックスに「 a1 # 」と入力して、[ OK]をクリックします。

ヒント: 特定の種類のデータ (数式など) が含まれているすべてのセル、または特定の条件を満たしているセル (可視セルのみ、データまたは書式を含むワークシートの最後のセルなど) のみをすばやく検索して選択するには、[ジャンプ] ウィンドウで [特殊文字] をクリックし、目的のオプションをクリックします。

  1. [数式>定義された名前 >名前マネージャーに移動する。

  2. 編集または削除する名前を選択します。

  3. [編集] または [削除] を選択します。

Ctrlキーを押しながら、含める各セルまたは範囲を左クリックします。 選択を超過した場合は、意図しないセルをクリックして選択を解除できます。

Bing Maps のデータを選択する場合は、そのデータが場所のデータであることを確認してください。市区町村名、国名など。そうしないと、Bing にマップすることはできません。

セルを選択するには、[データの選択] ダイアログボックスで参照を入力するか、ダイアログボックスの折りたたみ矢印をクリックして、セルをクリックして選択します。 目的のセルを選択するためのその他のオプションについては、前のセクションを参照してください。

セルをクリックし、ドラッグして範囲を拡張することにより、 Web 用 Excel の隣接するセルを選ぶことができます。 ただし、特定のセルやセル範囲の間に隣接していない場合は、それらを選択することはできません。 Excel デスクトップアプリケーションをお持ちの場合は、Excel でブックを開き、 Ctrlキーを押しながら隣接していないセルをクリックして選ぶことができます。 詳細については、「 Excel で特定のセルまたはセル範囲を選択する」を参照してください。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

Excel でセルの内容を選択する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する