無料版の Teams の組織で最初に行う 5 つのこと

無料版の Teams の組織で最初に行う 5 つのこと

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

チームにサインアップして、参加するユーザーを招待しました。すばらしい仕事です。次に、 Teams (無料) org を取得するための5つの操作を示します。

  1. 組織内で必要なチームを作成し、ユーザーを追加します。たとえば、スポーツリーグ用のTeams (無料) org を作成した場合、コーチ用チーム、管理者チーム、チームごとにチームを作成できます。

  2. 各チーム内にチャネルを作成します。作成する各チームにはそれぞれ、既定で [全般] という 1 つのチームが含まれています。プロジェクトやトピックを継続的に整理するためには、チャネルをさらに追加します。

  3. チャネルにメッセージを投稿します。チーム メンバーのために会話を開始します。チャネル名をクリックし、チャネルの下部にあるボックスに入力し始めます。メッセージでは、次のような楽しい操作を行うことができます。

  4. 1 対 1 のチャットを開始します。[新しいチャット [新しいチャット] ボタン ] をクリックし、ユーザーの名前を入力し手からメッセージを入力し、[送信 [送信] ボタン ] をクリックします。

  5. ファイルをチャネルの上部にあるタブとして表示します。これにより、ファイルにいつでも簡単にアクセスできるようになります。この操作を、頻繁に参照する必要があることが知られているユーザーに対して行います。ファイルをメッセージに添付したり、直接アップロードしたら、それをタブとして表示することができるようになります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×