無料の Azure Active Directory サブスクリプションを登録する

Office 365、Microsoft Dynamics CRM Online、Enterprise Mobility Suite、またはその他の Microsoft サービスを有料でサブスクリプトしている場合、Microsoft Azure Active Directory のサブスクリプションが無料で与えられます。Azure AD を利用すると、ユーザーとグループのアカウントを作成して管理できます。このサブスクリプションを有効にして Azure 管理ポータルにアクセスするには、1 回限りの登録プロセスを完了する必要があります。完了後、それを使用する Microsoft サービスから Azure AD にアクセスできます。

注: Active Directory は、無料サブスクリプションに含まれている唯一の Microsoft Azure サービスです。詳細については、「Azure とは」を参照してください。

始める前に

(通常のセッションではなく) プライベート ブラウジング セッションで Azure サインイン ページまたは Azure 管理ポータルにアクセスします (手順 1)。現在のログオンに使用している資格情報が Azure に渡されないからです。Internet Explorer で InPrivate ブラウズ セッションを開始する、または Mozilla FireFox でプライベート ブラウジング セッションを開始するには、Ctrl キー、Shift キー、P キーを同時に押します。Google Chrome でプライベート ブラウジング セッションを開始するには (シークレット ウィンドウと呼ばれています)、Ctrl キー、Shift キー、N キーを同時に押します。

Azure AD サブスクリプションを登録する

  1. 次のいずれかの方法で Microsoft Azure サインイン ページに移動します。

    • 使用している Microsoft サービス内で Azure AD に移動するリンクをクリックします。たとえば、Office 365 管理ポータルに移動して、[レポート]、[セキュリティ/コンプライアンス] の順に選択し、[Azure AD レポート (有料の Office 365 サブスクリプションが必要)] をクリックして、Azure AD サインアップ ワークフローに移動します。FISMA 要件ウィンドウが表示された場合、[同意] をクリックします。

    • Office 365 管理ポータルに移動し、[管理センター]、[Azure AD] の順に選択します。

  2. Microsoft Azure サインアップ ページで、[個人情報] に情報を入力して、[次へ] をクリックします。

    Azure サブスクリプション サインアップ フォームの 4 つのセクションのスクリーンショットです。[個人情報] セクションは展開され、[電話による本人確認]、[カードによる本人確認]、[契約] セクションは折りたたまれます。
  3. [電話による本人確認] で確認方法 (テキスト メッセージまたは電話) を選択し、携帯電話の電話番号を入力して、[テキスト メッセージの送信] または [電話で確認する] のいずれかをクリックします。

    Azure サブスクリプション サインアップの [電話による本人確認] セクションのスクリーンショットです。ここで、電話番号を入力し、テキスト メッセージか電話で確認コードを受け取ることを選択します。
  4. 6 桁の確認コードが、選択した確認方法によって携帯電話に送信されます。ボックスに検証コードを入力し、[コードの確認] をクリックします。

    Azure サブスクリプション サインアップの [電話による本人確認] セクションのスクリーンショットです。ここで、確認コードを入力してから [コードの確認] をクリックします。
  5. [カードによる本人確認] で、クレジット カードまたはデビット カードの情報を入力し、[次へ] をクリックします。

    Azure サブスクリプション サインアップの [カードによる本人確認] セクションのスクリーンショットです。ここで、クレジット カードやデビット カードの詳細情報と、住所や電話番号などの関連情報を入力します。
  6. [契約] で、サブスクリプション契約、プランの詳細、およびプライバシーに関する声明を確認します。合意を示すチェック ボックスをオンにして、[サインアップ] をクリックします。

    Azure サブスクリプション サインアップの [契約] セクションと、サブスクリプション契約、プランの詳細、プライバシーに関する声明へのリンクのスクリーンショットです。チェック ボックスを選択して同意すると、[サインアップ] ボタンが使用可能になります。
  7. Microsoft Azure の [サブスクリプション] ページで、ブラウザーを更新すると、サブスクリプションの設定プロセスが完了していることを確認できます。

  8. サブスクリプションの登録後、[サブスクリプション] ページは下の画像のようになります。ステータスが [アクティブ] になっていることに注目してください。登録が完了したことを示します。[ポータル] をクリックすると、組織の Azure 管理ポータルに移動します。

    Azure Active Directory にアクセスするためのサマリーの [概要] ページのスクリーンショットです。購入日、現在の課金期間、アカウントの管理、サブスクリプション ID、受注 ID、プラン、プラン ID、通貨、支払い状況などの情報が表示されます。
  9. Azure 管理ポータルへのアクセスが初めてとなるため、簡単なチュートリアルを見ることができます (見るだけの価値があります)。または、ポータルに直接進むことができます。矢印をクリックしてチュートリアルを開始するか、[X] をクリックしてチュートリアルをスキップし、Azure 管理ポータルに直接進みます。

    Azure ツアーのウェルカム ページのスクリーンショットです。管理ポータルを使用して、クラウドのリソースを作成および管理する方法を表示するには、30 秒かかります。

  10. チュートリアルを見終えるか、キャンセルすると、Azure 管理ポータルが表示され、[すべてのアイテム] ページに組織の名前が表示されます。

    Azure 管理ポータルの [すべてのアイテム] ページのスクリーンショットです。ここに名前、タイプ、状態、サブスクリプション、および場所など、組織に関する情報が表示されます。

詳細情報

  • Microsoft サービスから Azure 管理ポータルにアクセスできます。または、https://manage.windowsazure.com に進み、Office 365 組織の作成時に使用されたグローバル管理者アカウントを使用して Azure にサインインできます。

  • ユーザーとグループの管理やその他のディレクトリ管理タスクの実行に関する詳細については、「Azure AD ディレクトリの管理」を参照してください。

  • Access を Azure Active Directory サブスクリプションに登録すると、Azure Active Directory Premium サブスクリプションにアップグレードできます。詳細については、「Azure Active Directory のエディション」を参照してください。

先頭に戻る

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×