演算子一覧表

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

演算子は、式で実行する計算の種類を指定する記号またはシンボルです。 算術、比較、論理、参照の各演算子があります。 Access では +-、乗算 (*)、除算 (/) などの算術演算子に加え、値を比較するための比較演算子、テキストを結合するためのテキスト演算子、True または False の値を決定する論理演算子など、さまざまな演算子をサポートしています。 この記事では、これらの演算子の使用方法について詳細に説明します。

注: Access 2010 で以降では、式ビルダーは、IntelliSense、式を必要とどのような引数を見られるようにします。

この記事の内容

算術演算子

比較演算子

論理演算子

連結演算子

特殊演算子

算術演算子

2 つ以上の数値から 1 つの値を計算したり、数値の記号を正から負に (または負から正に) 変換するには、算術演算子を使います。

演算子

用途

使用例

+

2 つの数値の和を求めます。

[小計]+[販売税]

-

2 つの数値の差を求めたり、数値の負の値を示したりします。

[価格]-[割引金額]

*

2 つの数値を乗算します。

[数量]*[単価]

/

最初の数値を 2 番目の数値で除算します。

[合計]/[アイテム数]

\

両方の数値を四捨五入したり、最初の数値を 2 番目の数値で除算して、結果を整数に切り捨てたりします。

[登録人数]\[部屋数]

MOD

最初の数値を 2 番目の数値で除算して、余りだけを返します。

[登録人数] Mod [部屋数]

^

指数で累乗した数値に変換します。

Number ^ Exponent

ページの先頭へ

比較演算子

比較演算子を使用する値を比較すると、結果が True、False、または Null を返します。

演算子

用途

使用例

<

最初の値が 2 番目の値よりも小さい場合に True を返します。

値 1 < 値 2

<=

最初の値が 2 番目の値以下の場合に True を返します。

値 1 < = 値 2

>

最初の値が 2 番目の値よりも大きい場合に True を返します。

値 1 > 値 2

>=

最初の値が 2 番目の値以上の場合に True を返します。

値 1 > = 値 2

=

最初の値が 2 番目の値と等しい場合に True を返します。

値 1 = 値 2

<>

最初の値が 2 番目の値と等しくない場合に True を返します。

値 1 <> 値 2

注: いずれの場合でも、最初の値または 2 番目の値のいずれかが Null の場合、結果も Null になります。 Null は不明の値を意味するため、Null の値との比較結果も不明になります。

ページの先頭へ

論理演算子

論理演算子を使って、2 つのブール値を組み合わせると、結果として True、False、または Null が返されます。 論理演算子は、ブール演算子とも呼ばれています。

演算子

用途

使用例

And

Expr1 と Expr2 が True の場合に True を返します。

Expr1 And Expr2

Or

Expr1 または Expr2 のいずれかが True の場合に True を返します。

Expr1 Or Expr2

Eqv

Expr1 と Expr2 の両方が True か、Expr1 と Expr2 の両方が False の場合に True を返します。

Expr1 Eqv Expr2

Not

Expr が True でない場合に True を返します。

Not Expr

Xor

Expr1 または Expr2 のいずれか一方が True で、両方が True でない場合に True を返します。

Expr1 Xor Expr2

ページの先頭へ

連結演算子

2 つのテキスト値を 1 つに組み合わせるには、連結演算子を使用します。

演算子

用途

使用例

&

2 つの文字列を組み合わせて、1 つの文字列を作成します。

string1 & string2

+

2 つの文字列を組み合わせて、1 つの文字列を作成し、Null 値を伝達します (一方の値が Null の場合、式全体が Null と評価されます)。

string1 + string2

ページの先頭へ

特殊演算子

次の表に示すように結果として True または False を返すには、特殊演算子を使用します。

演算子

用途

使用例

Is Null または Is Not Null

値が Null か Null でないかを決定します。

Field1 Is Not Null

Like "パターン"

ワイルドカード演算子 ?* を使って、文字列値の一致を検索します。

Field1 Like "instruct*"

Between val1 And val2

数値またはデータ値が一定範囲内にあるかどうかを決定します。

Field1 Between 1 And 10
- または -
Field1 Between #07-01-07# And #12-31-07#

In(val1,val2...)

値セット内に特定の値があるかどうかを決定します。

Field1 In ("red","green","blue")
- または -
Field1 In (1,5,7,9)

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×