演算子と Excel での優先順位

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

演算子の数式の要素を実行する計算の種類を指定、加算、減算、乗算、除算などです。この記事では、既定の順序を演算子働きかける計算内の要素を学習します。その方法についても学習かっこを使用して、順序を変更します。

演算子の種類

演算子には、算術演算子、比較演算子、文字列連結演算子、参照演算子の 4 種類があります。

加算、減算、乗算などの基本的な算術演算を実行する- または数字の組み合わせを数値結果の生成しは、次の表の算術演算子を使用します。

算術演算子

説明

+ (正符号)

加算

3+3

– (負符号)

減算
負の数

3-1
– 1

* (アスタリスク)

乗算

3*3

/ (スラッシュ)

除算

3/3

% (パーセント記号)

パーセント

20%

^ (キャレット)

べき算

3^2

次の表の演算子、2 つの値を比較できます。これらの演算子を使用して 2 つの値を比較すると、論理値 TRUE または FALSE のいずれかになります。

比較演算子

説明

= (等号)

左辺と右辺が等しい

A1=B1

> (より大記号)

左辺が右辺よりも大きい

A1>B1

< (より小記号)

左辺が右辺よりも小さい

A1<B1

>= (より大か等しい記号)

左辺が右辺以上である

A1>=B1

<= (より小か等しい記号)

左辺が右辺以下である

A1<=B1

<> (不等号)

左辺と右辺が等しくない

A1<>B1

アンパサンド (&) は、1 つ以上の文字列を連結して 1 つの文字列にします。

文字列演算子

説明

& (アンパサンド)

接続すると、または 1 つの連続したテキスト値を生成する 2 つの値を連結します。

("北"&"風")

これらの演算子を使用して計算するセル範囲を結合します。

参照演算子

説明

: (コロン)

セル範囲の参照演算子。指定した 2 つのセル参照と、その間に含まれるすべてのセルによって構成される 1 つの参照を作成する

B5:B15

, (コンマ)

Union 演算子、複数の参照を 1 つの参照に結合します。

SUM(B5:B15,D5:D15)

(スペース)

論理積演算子には、次の 2 つの参照に共通するセル参照を生成します。

B7:D7 C6:C8

Excel の数式内での計算順序

場合によっては、計算を実行する順序影響することが、数式の戻り値順序を理解することが重要であるため、表示する、結果を得る順序を変更する方法とします。

数式では、特定の順序で値を計算します。Excel の数式は、常に等号 (=) で開始します。等号の後の文字が数式を構成します。この等号 (=)、後にすることがある一連のする要素 (オペランド) を計算する計算演算子で区切って入力します。Excel では、数式内の各演算子に特定の順序に従って左から右に数式を計算します。

1 つの数式で複数の演算子を組み合わせると、次の表の順に演算が実行されます。数式に優先度が同じ演算子が含まれる場合 (たとえば、数式に乗算演算子と除算演算子の両方が含まれる場合)、左から右の順に演算子が評価されます。

演算子

説明

: (コロン)

(スペース 1 つ)

, (コンマ)

参照演算子

負の数値 (-1 など)

%

パーセント

^

べき算

* または /

乗算または除算

+ および -

加算または減算

&

文字列の結合または連結

=
< >
< =
> =
<>

比較

評価の順番を変更するには、最初に計算する数式の一部をかっこで囲みます。たとえば、次の数式結果 11] の値ため、追加する前に Excel で乗算します。数式では、まず 2 と 3 を乗算し、結果に 5 を加算します。

=5+2*3

一方、かっこを使用して、書式を変更するのには、Excel は 5 と 2 を加算して、結果は 21 に 3 が、結果を乗算します。

=(5+2)*3

は、次の例では、数式の最初の部分を囲むかっこを強制的に B4 + 25 を最初に、計算し、D5、E5 と f5 キーを押して、セルの値の合計で結果を分割します。

=(B4+25)/SUM(D5:F5)

このビデオでは、 Excel の演算の順序の詳細。

Excel で数式内の値を変換する方法

数式を入力するときに、各演算子の特定の種類の値が必要とします。予定よりも、異なる種類の値を入力すると、Excel は値を変換することがあります。

数式

結果

説明

=「1」+「2」

76

Excel では、正符号 (+) を使用するとき、数式に数値が求められます。"1" や "2" の引用符はそれがテキスト値であることを意味しますが、数値に自動的に変換されます。

= 1 +"400 円"

5

数式に数値が求められるとき、通常、数値として受け入れられる形式にテキストが変換されます。

=「6/1/2001」-「5/1/2001」

31

このテキストは mm/dd/yyyy 形式の日付として解釈され、日付がシリアル番号に変換され、2 つの差が計算されます。

= SQRT (「8 + 1」)

#VALUE!

このテキストは数値に変換されません。"8+1" というテキストは数値に変換できないためです。"8+1" ではなく "9" または "8"+"1" を利用すれば、テキストを数値に変換できます。3 という結果が返されます。

="A"と条件を満たす

ATRUE

テキストが求められるとき、数値と TRUE や FALSE のような論理値はテキストに変換されます。

特定の関数について質問がある場合

Excel のコミュニティ フォーラムに質問を投稿してください

Excel の機能を向上させるためのお願い

次のバージョンの Excel の改善に関して、ご提案はございませんか。提案がありましたら、Excel UserVoice のトピックをご覧ください。

[参照]

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×