演算コントロールを作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Access データベースでフォームやレポート上に演算コントロールを使用するには、計算の結果を表示します。 たとえば、販売アイテムの数を表示するレポートと各単位の価格があれば、その合計価格を表示する 2 つのフィールドの積を計算する計算のテキスト ボックスを追加できます。 計算のテキスト ボックスの [コントロール ソース] プロパティには、2 つのフィールド (時間単価を含むアイテムの数) の積を計算結果を取得する式が含まれています。

目的に合ったトピックをクリックしてください

演算コントロールを作成する

演算コントロールにバインドされたコントロールを変更します。

演算コントロールとして使用できるコントロールの種類についてください。

演算コントロールを作成する

この手順では、コントロール ウィザードを使用せずに演算コントロールを作成できます。

  1. フォームまたはレポートでは、ナビゲーション ウィンドウを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックします。

  2. [デザイン] タブの [コントロール] グループを作成するコントロールの種類のツールをクリックします。

    演算コントロールとして使用できるコントロールの種類のリストは、「演算コントロールとして使用できるコントロールの種類について」を参照してください。

  3. フォームまたはレポート上に配置して、[フォーム] をクリックしてまたはコントロールを挿入するレポートを管理する場所にポインターを置きます。

  4. コントロール ウィザードが起動した場合は、キャンセルを終了] をクリックします。

  5. コントロールを選択し、f4 キーを押してプロパティ シートを表示し、[コントロール ソース] プロパティ ボックスに式を入力します。 式を作成するのには、 式ビルダーを使用するには、 [ビルダー] ボタン コントロール ソース] プロパティ ボックスの横にあるをクリックします。

  6. フォーム ビュー] または [レポート] ビューに切り替えるし、演算コントロールが期待どおりに動作することを確認します。

    注: 

    • =演算子を使って各式の前にします。 例: = [単価] *.75します。

    • 式の作成に関する詳細については、「式を作成する」の記事を参照してください。

    • コントロール ソース] プロパティ ボックスに式を入力する場合は、[ズーム] ボックスを開く shift キーを押しながら F2 キーを押します。

    • 場合は、フォームまたはレポートは、クエリにに基づいて、演算コントロールの代わりに、クエリで式を配置することがあります。 これを行うと、パフォーマンスが向上し、レコードのグループの合計を計算する場合は、やすいを集計関数での集計フィールドの名前を使用するします。

    • 演算コントロールをフォームまたはレポートに並べ替えを行うときに、コントロールの [書式] プロパティが適切に設定されていることを確認します。 それ以外の場合、計算された数値または日付の値は、数値ではなくアルファベット順に並べ替えることがあります。

ページの先頭へ

演算コントロールにバインドされたコントロールを変更します。

演算コントロールを作成するのには効果的な方法を最初にバインドされたコントロールを作成する (たとえば、フィールドをドラッグして [フィールド リスト] ウィンドウからフォームまたはレポートに)、式を作成するのには、連結コントロールのコントロール ソース] プロパティを編集します。 コントロールの名前が、任意の式に含まれるフィールド名と競合しないことを確認する場合に限り、動作します。 [フィールド リスト] ウィンドウからフィールドをドラッグして連結コントロールを作成する方法の詳細については、フォームまたはレポートにフィールドを追加する」を参照してください。

バインドされたコントロールを既に作成するいると仮定して、演算コントロールに変更し、任意の名前の競合を避けるために、次の手順を使用します。

  1. フォームまたはレポートでは、ナビゲーション ウィンドウを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックします。

  2. 変更するフィールドをクリックし、F4 キーを押してプロパティ シートを開きます。

  3. プロパティ シートで、[すべて] タブで、[名前] プロパティには、"コントロール ソース"プロパティが一致すると、] プロパティを編集 2 つのプロパティが一致しないようにします。 入力した名前が予約語や、データベース内の別のフィールドの名前がないことを確認します。 予約語の詳細については、「 Access の予約語と記号について」を参照してください。

  4. コントロール ソース] プロパティ ボックス内の文字列を編集する式が含まれるようにします。

  5. Ctrl キーを押しながら S キーを押して変更内容を保存します。

  6. レイアウト ビューまたはフォーム ビューに切り替えるし、演算コントロールが期待どおりに動作することを確認します。

コントロールにデータが表示されない場合は (が表示された場合に、 #Name ですか?コントロールで) またはフォームのレコード ソースをチェックして、レポートの式で使用するすべてのフィールドがあることを確認します。 レコード ソースがクエリの場合は、いずれかを追加する必要がありますか、式の前に、このクエリにその他のフィールドは機能します。

注: 

  • =演算子を使って各式の前にします。 例: = [単価] *.75します。

  • コントロール ソース] プロパティ ボックスに式を入力する場合は、[ズーム] ボックスを開く shift キーを押しながら F2 キーを押します。

  • 場合は、フォームまたはレポートは、クエリにに基づいて、演算コントロールの代わりに、クエリで式を配置することがあります。 これを行うと、パフォーマンスが向上し、レコードのグループの合計を計算する場合は、やすいを集計関数での集計フィールドの名前を使用するします。

  • 演算コントロールをフォームまたはレポートに並べ替えを行うときに、コントロールの [書式] プロパティが適切に設定を確認します。 それ以外の場合、計算された数値または日付の値は、数値ではなくアルファベット順に並べ替えることがあります。

ページの先頭へ

演算コントロールとして使用できるコントロールの種類についてください。

テキスト ボックスは、いろいろな種類のデータを表示できるため、よく使われる演算コントロールの選択をします。 ただし、演算コントロールとコントロール ソースプロパティがいずれのコントロールを使用できます。 多くの場合は演算コントロールに特定の種類のコントロールを使用する効果を作成する、制御する方法を更新できない場合は、連結または非連結コントロールを更新することができます。 たとえば場合フォームのチェック ボックス コントロールを配置して、チェック ボックスのコントロール ソースプロパティの式を入力しては不要になったを選択またはをクリックして、チェック ボックスをオフにします。 チェック ボックスは、オンまたはオフにした、式の結果が表示されます。 場合は、チェック ボックスをクリックすると、Access ステータス バーの通知が表示されます。コントロールを編集することはできません。 式にバインドされている<your expression>します。 レポート、ただし、可能性があります、計算の結果のチェック ボックス コントロールの基に役立つ情報を表示するだけでレポートのコントロールを使用します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×