正常性レポートを検索する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint Server 2013 の検索システムには、主に 2 種類の正常性レポートがあります。クエリの正常性レポートとクロールの正常性レポートです。

この記事の内容

クエリの正常性レポート

クロールの正常性レポート

クエリの正常性レポート

クエリのパフォーマンスに関する次のレポートを利用できます。

クエリの正常性レポート

説明

傾向 (クエリ待機時間の傾向)

指定した間隔で、クエリ待機時間 (ミリ秒) が百分位ごとに表示されます。たとえば、グラフの 5 番目の百分位の線で示される待機時間よりも待機時間が短かったのはすべてのクエリのうち 5% です。

グラフには、指定した期間中のクエリ レートのオーバーレイが含まれます。このクエリ レートは、クエリ オブジェクト モデル (OM) から結果が返されたクエリ数/分です。

また、グラフには、分析のためのクロール レートと一部の更新レートのオーバーレイも含まれます。

このレポートは、次の条件でフィルターできます。

  • 開始日/時刻

  • 終了日/時刻

  • クライアントの種類

  • 結果ページ (検索結果ページ)。詳細ログが有効な場合にのみ表示されます。

既定では、検索サービス アプリケーションのすべての結果ページのデータがグラフに表示されます。

全体 (クエリ全体の待機時間)

指定した間隔で、クエリ レート (クエリ数/分) と、クエリ待機時間 (ミリ秒) のオーバーレイが表示されます。

次の各領域のクエリ待機時間が表示されます。

  • オブジェクト モデル。Web サーバーとバックエンド間で通信するために時間がかかります。

  • バックエンド。クエリを変換する、インデックスの参照を実行する、結果を処理する (重複の削除など)、オブジェクト モデルに結果を返す処理に時間がかかります。

このレポートは、次の条件でフィルターできます。

  • 開始日/時刻

  • 終了日/時刻

  • クライアントの種類

  • 結果ページ (検索結果ページ)。詳細ログが有効な場合にのみ表示されます。

既定では、検索サービス アプリケーションのすべての結果ページのデータがグラフに表示されます。

メイン フロー (SharePoint の既定フローのクエリ待機時間)

指定した間隔で、クエリと結果の処理に関するメイン フローのクエリ待機時間 (ミリ秒) が表示されます。これは、システムがクエリを処理して結果を Web サーバーに返す処理の速度を示します。グラフには、以下のクエリ待機時間が表示されます。

  • クエリ ルール条件での照合

  • クエリの変換

  • クエリ ルーティング

  • 結果の混合

  • レイアウトの選択

  • クエリ ログ

  • その他

グラフには、指定した間隔のクエリ レートのオーバーレイが含まれます。

このレポートは、次の条件でフィルターできます。

  • 開始日/時刻

  • 終了日/時刻

  • クライアントの種類

フェデレーション (フェデレーション クエリ待機時間)

指定した間隔で、すべての検索先の種類について、クエリ待機時間 (ミリ秒) が表示されます。

既定では、検索サービス アプリケーションのすべての結果ページのデータがグラフに表示されます。

このレポートは、次の条件でフィルターできます。

  • 開始日/時刻

  • 終了日/時刻

  • クライアントの種類

  • 結果ページ (検索結果ページ)。詳細ログが有効な場合にのみ表示されます。

  • ソースの種類 (検索先の種類):

  • おすすめコンテンツ プロバイダー

  • Exchange 検索プロバイダー

  • ローカルひとプロバイダー

  • ローカル SharePoint プロバイダー

  • OpenSearch プロバイダー

  • お気に入りプロバイダー

  • リモートひとプロバイダー

SharePoint Search プロバイダー (ローカル SharePoint 検索フローのクエリ待機時間)

ローカル SharePoint 検索プロバイダーによって処理されたすべてのクエリについて、指定した間隔でクエリ待機時間 (ミリ秒) が表示されます。グラフには、以下のクエリ待機時間が表示されます。

  • キーワード解析

  • 言語

  • おすすめ候補のセキュリティによるトリミング

  • セキュリティ トークンの作成

  • インデックス検索

  • 検索結果の種類の処理

  • カスタムのセキュリティ トリミング

  • 概要の生成

  • その他

グラフには、指定した間隔のクエリ レートのオーバーレイが含まれます。

このレポートは、次の条件でフィルターできます。

  • 開始日/時刻

  • 終了日/時刻

  • クライアントの種類

ひとの検索プロバイダー (ひとの検索フローのクエリ待機時間)

ローカルのひとの検索プロバイダーによって処理されたすべてのクエリについて、指定した間隔でクエリ待機時間 (ミリ秒) が表示されます。グラフの次の各領域のクエリ待機時間が表示されます。

  • キーワード解析

  • 言語

  • ひとの処理

  • セキュリティ トークンの作成

  • インデックス検索

  • 検索結果の種類の処理

  • カスタムのセキュリティ トリミング

  • 概要の生成

  • その他

グラフには、指定した間隔のクエリ レートのオーバーレイが含まれます。

このレポートは、次の条件でフィルターできます。

  • 開始日/時刻

  • 終了日/時刻

  • クライアントの種類

インデックス エンジン (インデックス エンジン クエリ待機時間

指定した間隔で、フィルターに使う各インデックス サーバーのクエリ待機時間 (ミリ秒) が表示されます。既定では、検索サービス アプリケーションのすべての結果ページのデータがグラフに表示されます。このレポートは、次の条件でフィルターできます。

  • 開始日/時刻

  • 終了日/時刻

  • インデックス サーバー (少なくとも 1 つのインデックス パーティションをホストするコンピューター)

  • 結果ページ (検索結果ページ)。詳細ログが有効な場合にのみ表示されます。

グラフには、過去の指定した間隔に関するインデックス検索時間のオーバーレイが含まれます。インデックス検索時間は、インデックス エンジンが結果を返すまでにかかった時間の 1 分あたりの平均です。インデックス検索時間は、インデックス エンジンから結果が返されたクエリにのみ適用されます。

ページの先頭へ

クロールの正常性レポート

クロールの正常性に関する次のレポートを利用できます。

クロール レポート

説明

クロール レート

指定した間隔で、グラフと次の概要が表示されます。

  • 1 分あたりのクロールされたコンテンツ アイテムの数。これには、次の内容が含まれます。

  • コンテンツ アイテムの合計

  • 変更済みアイテム。変更され、再クロールされたコンテンツ アイテムです。

  • 未変更アイテム。変更されず、再クロールもされなかったコンテンツ アイテムです。

  • セキュリティ アイテム。セキュリティ属性が変更されたコンテンツ アイテムです。

  • 削除済みアイテム。コンテンツ ソースから削除されており、インデックスからも削除する必要があるコンテンツ アイテムです。

  • 1 分あたりの実行されたその他のクロール操作の平均数。これには、次の内容が含まれます。

  • 再試行 (クロールの再試行)

  • エラー (クロールのエラー)

このレポートは、次の条件でフィルターできます。

  • 開始日/時刻

  • 終了日/時刻

  • コンテンツ ソース (たとえば、ローカル SharePoint サイト)

  • コンピューター

クロールの待機時間

指定した間隔で、次のそれぞれについて、クロールの負荷を構成するアイテム数のグラフが表示されます。

  • クローラー キュー内

  • コンテンツ処理への送信を待機中

  • コンテンツ処理に送信済み

  • コミットの待機 (SQL)

このレポートは、コンピューターでのみフィルターできます。

また、指定した間隔で、グラフとクロールの待機時間の概要が表示されます。この待機時間は、各コンテンツ アイテムが、フィードするパイプラインの次の各サブシステム内にある時間 (ミリ秒) です。

  • クローラー

  • プロトコル ハンドラー (PH)

  • リポジトリ

  • SQL 時間

このレポートは、次の条件でフィルターできます。

  • 開始日/時刻

  • 終了日/時刻

  • コンテンツ ソース (たとえば、ローカル SharePoint サイト)

  • コンピューター

クロール キュー

指定した間隔で、次の 2 つのクロール キュー内にあるアイテム数が表示されます。

  • 処理対象リンク。クロール対象としてキューに格納され、まだクロールされていない URL の数です。

  • キューに格納されたトランザクション。クロール パイプラインの処理対象としてキューに格納され、クロールされた URL の数です。

このレポートは、開始日/時刻と終了日/時刻でフィルターできます。

クロールの鮮度

指定した間隔で、検索システムによってインデックスが作成されたコンテンツの鮮度が表示されます。各ドキュメントの最終変更時刻のタイム スタンプが、グラフに指定された時刻と比較されます。次のようにコンテンツの鮮度を確認できます。

  • 過去 1 か月未満

  • 過去 1 週間未満

  • 過去 1 日未満

  • 過去 4 時間未満

コンテンツ処理アクティビティ

指定した間隔で、コンテンツ処理に使われた時間の合計が表示されます。

  • コンテンツ ソース

  • コンピューター

  • コンテンツ処理コンポーネント

  • コンテンツ処理アクティビティ

グラフには、次のように多様なコンテンツ処理アクティビティに使われた時間の合計が表示されます。

  • 言語処理

  • ドキュメント解析

  • ドキュメント要約の生成

  • インデックス作成

このレポートは、次の条件でフィルターできます。

  • 開始日/時刻

  • 終了日/時刻

  • コンテンツ ソース

  • コンピューター

  • コンテンツ処理コンポーネント名

  • 処理アクティビティ

CPU とメモリの負荷

指定した間隔で、使用されている CPU の割合、メモリ使用量 (MB)、これらの処理に関するシステムの概要が表示されます。

  • MSSDmn

  • MSSearch

  • NodeRunner

  • Timer

このレポートは、次の条件でフィルターできます。

  • コンピューター

  • 開始日/時刻

  • 終了日/時刻

継続的クロール

指定した間隔で、処理にかかった時間 (ミリ秒) と検出時間 (分) のオーバーレイが表示されます。

  • リンク テーブルの時間

  • キュー テーブルの時間

  • クローラーの時間

  • PH (プロトコル ハンドラー) 時間

  • リポジトリ時間

  • コンテンツ パイプラインの時間

  • SQL 時間

このレポートは、次の条件でフィルターできます。

  • コンテンツ ソース

  • 開始日/時刻

  • 終了日/時刻

詳細については、TechNet の「検索診断表示をするを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×