機能が豊富なニュースフィード投稿を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

9/19/2012 7:29 AM

注:  この記事は、SharePoint のエンド ユーザーを対象とする Get the Point ブログ (英語) で 4 年間にわたって集めた投稿の一部です。

7 月頃、Ben Wilde は、Feed the Newsfeed 投稿で、間もなく発表される SharePoint ニュースフィードの強力な新機能の一部を発表しました。この投稿では、さらに詳しく掘り下げ、ニュースフィード投稿機能の全範囲を紹介します。

手短に言えば、ニュースフィード投稿の内容は開始点に過ぎません。Ben が記事で紹介した #tags と @mentions 以外に、ハイパーリンク、写真、動画を簡単に追加できます。

注: 組織によっては、この記事で説明している機能をカスタマイズしたり、その一部を制限したりしている場合があります。

タグを追加し、フォローする

この投稿では、タグとメンションについてレビューします。

タグを投稿に追加するのは簡単です。ナンバー記号 (#) を入力し、キーワードを入力するだけです。唯一の注意点は、タグを 1 語にする必要があると言うことです (スペースは許可されません)。短い語句をタグにする場合、次のように言葉をつなげます。

リッチ ニュースフィード投稿の作成

タグの入力を開始すると、次のように、以前に使用されたタグが提案されます。

リッチ ニュースフィード投稿の作成

他人が既に使用しているタグを使用することが効果的です。そのタグをフォローしている人たちと投稿を共有できます (その人たちがあなたをフォローしていなくても)。それが可能になるのは、ニュースフィード設定に指定されている "Followed #Tags" に、あなたがフォローするタグが自動的に追加されるためです。あなたが使用するタグをフォローしている人と投稿を共有すると、あなたがフォローしているタグを使用している投稿が表示されます。

リッチ ニュースフィード投稿の作成

この例でこの投稿が表示されるのは、あなたは Diane Prescott をフォローしていないが、#espresso というタグをフォローしているためです。これが示すように、タグを追加し、フォローすることは、情報通の人たちとつながる強力な方法です。

自分のニュースフィードに表示される新しいタグのフォローを開始するには、"フォロー" リンクをクリックします。

リッチ ニュースフィード投稿の作成

メンションを追加する

ニュースフィード投稿で人をメンション (言及) することもまた、人をつなげる優れた方法です。"メンション" の使用には 2 つの基本効果があります。

  • 組織内の他の人に、あなたがリンクとしてメンションした人が表示されるので、その人のサイトにアクセスしたり、必要に応じてフォローを開始したりできます。

  • あなたがメンションした人は、自分のニュースフィードで更新を受け取ります。このように、人をメンションすることで誰かの注目を確実に引くことができます。

投稿でメンションを使用することは、タグの追加によく似ています。@ 文字を入力し、メンションする人の名前を入力するだけです。入力すると同時に、SharePoint は、あなたが現在フォローしている人からメンションしそうな人を賢く想定し、その人たちを最初に一覧表示します。

リッチ ニュースフィード投稿の作成

一覧から名前を選択します。入力している文字がフォローしている人と一致しない場合、組織内の人に一覧表示が拡大されます。

ハイパーリンクを追加する

投稿にハイパーリンクを追加することは、大まかに言ってコピーアンドペースト操作です (URL の入力をしたいのでなければ)。気を付けて欲しい唯一の点は、通常、サイトの URL をディスプレイ テキストの下に埋め込むということです。それで、投稿の見栄えが良くなります。便利なことに、サイト URL を貼り付けると同時に、ディスプレイ テキストを入力するオプションが表示されます。"表示形式" オプションが表示されない場合、サイト URL 内のどこでも良いのでクリックします。あるいは、左方向キーを押し、カーソルをサイト URL に移動します。

リッチ ニュースフィード投稿の作成

これで "表示形式" フィールドを入力できます。Enter キーを押し、サイト URL をディスプレイ テキストに変更します。それから、投稿の入力を続けます。

リッチ ニュースフィード投稿の作成

投稿後、リンクは一般的なハイパーリンクとして表示されます。

リッチ ニュースフィード投稿の作成

SharePoint ライブラリでドキュメントにリンクを追加する

これらのリンクは、前のセクションで説明したハイパーリンクによく似ています。唯一の違いは、URL を表示するには、ドキュメントの吹き出しを開く必要があるということです。それから、右クリックし、コピーして投稿に貼り付けます。

リッチ ニュースフィード投稿の作成

ドキュメントの URL をコピーしたら、Web サイトの場合と同様に、ニュースフィード投稿に貼り付けることができます。

投稿にビデオを埋め込む

YouTube などのサービスの動画を投稿に埋め込むことができます。投稿から動画を直接再生できます。この手順は実際、Web サイトやドキュメントのリンクを作成する手順とよく似ています。動画の URL を投稿にコピーアンドペーストするだけです。任意で、ディスプレイ テキストを入力すると、見栄えが良くなります。次に例を示します。

リッチ ニュースフィード投稿の作成

エントリを投稿すると、動画がサムネイルとして表示され、いつでも再生できます。

リッチ ニュースフィード投稿の作成

画像を追加する

最後に、画像を投稿に追加します。カメラ アイコンをクリックし、画像ファイルをアップロードします。想像どおり、単純で簡単な作業です。これで今回の投稿の隠された動機が明らかになりました。インターネットの猫画像を増やすことです。

リッチ ニュースフィード投稿の作成

ご覧のとおり、さまざまな高度な機能をニュースフィード投稿に追加できます。興味のある人やコンテンツのフォローに慣れ、そのような要素でコミュニティのつながりが発展するしくみを理解できれば、SharePoint アクティビティのメイン ハブとしてニュースフィードが機能するしくみがわかってきます。

--Joe Levine、SharePoint ユーザー アシスタンスのシニア ライター

コメント

"最高のニュースフィード投稿ですね" に対する返信
9/26/2012 7:49 AM
最初にお礼を言います。ありがとう。とても感謝しています。
社員のニュースフィードを各自のホーム ページにするというのは、とても良いアイディアですね。しかしながら、その必要はないかもしれません (必要ないというのは、私たちの意図です)。2013 年に SharePoint サイトのデザインが更新され、ニュースフィード (ならびに、ユーザーの個人ドキュメント ライブラリ) には、ページの一番上にあるグローバル ナビゲーション バーをクリックするだけで、至る所からアクセスできるようになりました。
ユーザーがページの一番上のリンクを見つけ、SharePoint で作業する際の "ハブ" として利用してくれることを願っています。"ハブ" には、さまざまな更新と会話のための "ニュースフィード"、ドキュメントを保存し、共有する場所である "OneDrive"、フォローしているサイトが見つかる "サイト" などがあります。
何らかの依存関係がある上で、組織はそのポータルを配備し、ハブへのアクセスを維持することは認識しています。維持すれば、それぞれの長所を活用できるでしょう。カスタマイズしたポータルで、新しい高性能な SharePoint 機能をいつでも利用できます。

最高のニュースフィード投稿ですね
9/25/2012 10:50 AM
Joe -
最高の投稿をありがとう。社員のニュースフィードが会社のポータルの代わりに社員の 'ホームページ' になれば、面白いでしょう。一日の始めに重要なコンテンツが目の前に表示されたら、効率的ではないでしょうか。
それを実行するにあたり、何が問題となりますか。ビジネス リーダーが文化的障壁を突破するために IT プロフェッショナルは何ができますか。ユーザーの採用とトレーニングには、どの程度の労力が必要になりますか。考えることはたくさんありますね。
ではまた。

"スクリーンショットの追加" に対する返信
9/24/2012 8:34 AM
いいえ。ご説明いただいたスクリーンショットの追加方法 (作成、保存、アップロード) は、現在、ニュースフィード投稿にスクリーンショットを追加するための唯一の方法です。コピーアンドペーストできれば、確かに便利ですね。

スクリーンショットの追加
9/24/2012 4:24 AM
スクリーンショットを簡単に追加する方法はありますか。スクリーンショットを作成し、保存し、アップロードしなければなりませんか。コピーアンドペーストできれば便利ですが、できません。コピーアンドペースト機能が有効になるようにどこかで設定できますか。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×