横方向領域を挿入する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office InfoPath フォーム テンプレートで 2 つのエリアを左右に並べて配置するには、横方向領域を使用できます。そのフォーム テンプレートに基づくフォームのサイズが変更された場合、横方向領域は、表示可能な領域に合わせて拡大または縮小されます。

この記事の内容

横方向領域の使用が適している場合

互換性に関する考慮事項

横方向領域を挿入する

レイアウトに関するヒント

横方向領域の使用が適している場合

横方向領域は、一連の関連するコントロールを横に並べて配置する場合に使用します。複数の横方向領域を左右に並べて配置した場合、画面のサイズが変更されると、表示幅に合わせて領域が次の行に折り返されます。

フォーム テンプレートに横方向領域を挿入する場合、実質的には空のコンテナーを挿入することになります。領域が実際に役に立つようにするには、その内部に他のコントロールを挿入する必要があります。挿入できるコントロールには、テキスト ボックス、リスト ボックス、またはセクションがあります。次の図は、デザイン モードでの 2 つの横方向領域を示しています。

ラベルとテキスト ボックスが含まれる横方向領域

レイアウト用の表を使用して、コントロールを同じように配置することもできます。たとえば、2 つのテキスト ボックスを表の別々のセルに入れて、左右に並べて配置できます。ただし、横方向領域とは異なり、レイアウト用の表のセルは、画面のサイズが変更されても次の行には折り返されません。この場合、セル内のコントロールが表示領域から外れて見えなくなります。

次の例では、"名前" ボックスと "電子メール アドレス" ボックスがフォーム上の別々の横方向領域として隣り合わせに表示されています。

ウィンドウをサイズ変更する前の横方向領域

ユーザーがウィンドウのサイズを変更すると、次の図のように横方向領域が自動的に次の行に移動します。

ウィンドウをサイズ変更した後の横方向領域

ヒント: 既定では、横方向領域の境界線はフォームに表示されません。領域の周囲に外枠を表示する場合は、[罫線と網かけの設定] ダイアログ ボックスで領域に境界線を適用できます。

関連コントロール

InfoPath には、横方向領域と似ているコントロールが他にも用意されていますが、それぞれに適した用途は異なります。自分のフォーム テンプレートに最適なコントロールを決定するには、次の一覧を参照してください。

  • スクロール領域    領域にスクロール バーを組み込んで、表示領域の外にある情報をスクロールして表示できるようにする場合は、横方向領域ではなくスクロール領域を使用します。

  • セクション   お住まいの地域を折り返すとフォームのサイズを変更しない場合は、横方向領域の代わりにセクションを使用できます。非連結コントロールは、横方向領域とは異なり、セクションはデータ ソース内のグループにバインドされています。

ページの先頭へ

互換性に関する考慮事項

フォーム テンプレートのデザイン時には、ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインするように選択できます。横方向領域コントロールは Web ブラウザーに表示できないため、ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインしているときは、[コントロール] 作業ウィンドウで横方向領域コントロールを使用できなくなります。

ページの先頭へ

横方向領域を挿入する

横方向領域はレイアウトの目的でのみ使用されるため、データ ソースのフィールドまたはグループにはバインドされません。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する位置にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. [コントロールの挿入] の [横方向領域] をクリックします。

  4. 横方向領域にコントロールを追加するには、必要なコントロールを [コントロール] 作業ウィンドウから横方向領域にドラッグします。

ページの先頭へ

レイアウトに関するヒント

横方向領域の外観、サイズ、およびその他の要素を調整するには、次のヒントを参考にしてください。

  • 横方向領域の境界線や背景の色を変更するには、その領域を選択します。[表示形式] メニューの [罫線と網かけの設定] をクリックし、[罫線と網かけの設定] ダイアログ ボックスで必要な調整を行います。

  • 複数の横方向領域のサイズを一度に変更するには、目的の領域をすべて選択し、Alt キーを押しながら Enter キーを押して、[プロパティ (複数選択)] ダイアログ ボックスで必要な調整を行います。

  • 既定では、InfoPath が挿入する横方向領域の幅は、印刷ページの幅に合わせられます。この既定の設定を変更するには、[ビュー] メニューの [ビューのプロパティ] をクリックします。[全般] タブの [レイアウトの設定] で、[このフォーム テンプレートでユーザー設定レイアウトを使用する] チェック ボックスをオンにし、[ユーザー設定レイアウトの幅] ボックスに別の数値を入力します。

  • 横方向領域にユーザー設定のレイアウトの幅を指定する場合は、その幅がフォーム テンプレートの印刷可能な領域より広くならないようにしてください。印刷ページの幅、およびフォーム テンプレートのコンテンツがページに収まるかどうかを簡単に確認するには、[ビュー] メニューの [ページの幅ガイド] をクリックします。このコマンドをクリックすると、画面の右側に垂直の破線がガイドとして表示されます。このガイドは、コンピューターに設定されている通常使うプリンターに基づいて、印刷ページの右余白を示します。

  • スペース (領域の内容を囲む緩衝用のスペースの量) または余白 (領域の境界線から、その周囲にあるフォーム テンプレート上の任意のテキストまたはコントロールまでのスペースの量) を変更することで、横方向領域の内側および周囲のスペースを調整できます。横方向領域のスペースを調整するには、その領域をダブルクリックします。[横方向領域のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[サイズ] タブをクリックし、余白とスペースのオプションを適切に調整します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×