権限を制限して送信されたメッセージを表示する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft Outlook 2010 に用意されている Information Rights Management (IRM) を使用すると、個別のユーザーに対して電子メール メッセージへのアクセス許可を指定できます。IRM を使用するには、組織で IRM をインストールする必要があります。

irm の詳細については、「電子メールメッセージの irm の概要」を参照してください。

アクセスが制限されたメッセージを受信した場合、[受信トレイ] のメッセージ一覧のメッセージの横に表示されるアイコンで識別できます。

制限されたメッセージが表示されている受信トレイ

アクセスが制限されたメッセージを表示する

  • メッセージ一覧で、メッセージをダブルクリックして開きます。

注:  権限管理されたメッセージの内容を [閲覧ウィンドウ] に表示することはできません。

受信者は、権限が管理されたメッセージを印刷、転送、またはコピーすることはできません。ただし、送信者に返信することは可能です。返信では、受信者 (元の送信者) に対して元のメッセージと同じ制限が適用されます。

アクセスが制限されたメッセージを初めて開くときには、ライセンス サーバーに接続して資格情報を確認し、使用ライセンスをダウンロードする必要があります。使用ライセンスには、ファイルに対するアクセス レベルが定義されています。証明書をインストールすると、メッセージを開いてメッセージの内容を表示できるようになります。

資格情報のダウンロードの詳細

組織で IRM サーバーを使用している場合、管理者は権限の設定方法についてユーザーにアドバイスすることができます。ただし、自宅および個人の電子メール アカウントの多くは、IRM サーバーを使用していません。その場合は、メッセージに権限を初めて設定しようとすると、ダイアログ ボックスが開き、ここで Outlook は IRM サーバーの無料試用版にサインアップするよう求めるメッセージを表示されます。[はい] をクリックし、送信電子メール アドレスに対する権限管理 (RM) アカウント証明書にサインアップすると、一時的な資格情報が使用できるようになります。電子メール アドレスは、有効な Windows Live ID である必要があります。

アクセス許可をダウンロードするには、Microsoft Office で、電子メールアドレスとライセンスサーバーへのアクセス許可の権限に関する情報が含まれています。電子メールメッセージに含まれている情報は、ライセンスサーバーに送信されません。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×