概要: 複数のプロジェクトで共同作業する

コラボレーション アートの概要

プロジェクトが成功するかどうかは、プロジェクトで共同作業がどの程度行われるかにかかっています。Project Professional 2010 では、プロジェクト情報をより簡単に共有できるようになりました。プロジェクト情報を関係者に連絡するための手段として、Project Server、SharePoint Server、Outlook のいずれを使用することもできます。

ここでは、プロジェクト情報を基に共同作業するためのさまざまな方法について簡単に説明します。各プロセスの詳細情報を参照するには、各手順のリンクをクリックしてください。

共同作業のためのオプション

計画の階層化: マスター プロジェクトとサブプロジェクト

複数のプロジェクトをグループ化して、マスター プロジェクトと呼ばれる 1 つのプロジェクトにまとめることができます。複数のサブプロジェクトを 1 つのマスター プロジェクトに統合することで、個々のプロジェクトが関連するプロジェクトのグループに与える影響をモニタリングし、調整できます。

概要: SharePoint を使用する

SharePoint 2010 を使用すると、Project Server を使わなくてもプロジェクト情報を共有できます。

Project Web App を活用する

組織全体で共同作業するための究極のツールである Microsoft Project Server 2010 およびそれに付随するアプリケーションである Project Web App について説明します。

Office Live Workspace で Project 2010 を使用する

Office Live Workspace では、Project 2010 の MPP ファイルを簡単に共有できます。Excel、Word、PowerPoint のドキュメントも、Project Server や SharePoint を使わずに共有できます。

以前のバージョンと共に Project 2010 を使用する

複数のプロジェクトで共同作業する場合、以前のバージョンの Project で作成した Project ファイルを参照しなければならないことがあります。以前のバージョンの Project を Project 2010 と共に使用する方法について説明します。

Project 2010 を使用しないでプロジェクト情報を表示する

プロジェクトの管理に、必ずしも Microsoft Project を使う必要はありません。他のアプリケーションを使ってプロジェクト情報を共有する方法について説明します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×