概要: 時間およびタスクの進捗状況を管理する

Microsoft Project Web App を使用すると、プロジェクトのタスクに費やした時間と、それらのタスクの完了に向けての進捗状況を簡単に管理できます。また、休暇、出張、トレーニング、病欠など、管理タスクに費やした時間を入力することもできます。Project Web App のこのバージョンでは、時間とタスクの進捗状況の入力に、同じビューを使用することも、個別のビューを使用することもできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

時間およびタスクのレポートを設定する

時間とタスクの進捗状況を入力して提出する

時間とタスクの進捗状況を承認または却下する

時間およびタスクのレポートを設定する

チーム メンバーが各自の時間とタスクの進捗状況を報告できるようにするには、サイト管理者が Project Web App でいくつかの事項を設定する必要があります。

必要な作業

説明

タイムシート期間を設定する

タイムシート期間は [自分のタスク] ページと [自分のタイムシート] ページの両方で使用されるもので、タイムシート期間が設定されないと、どちらのページも使用できません。

タイムシート行の分類を構成する

タイムシート行の分類は、プロジェクト タスクについての詳細情報を提供するために使用されます。たとえば、休日出勤倍額支給対象時間などの超過作業時間の分類を使用できます。

タイムシートの設定および既定値を構成する

タイムシートでは、どのようにユーザーが時間を管理できるかを、ビジネス ルールを適用してさまざまな方法で構成できます。Project Web App のこのバージョンの新機能である単一入力モードも、この構成で有効にします。

管理用時間のカテゴリを構成する

既定では、Project Web App には、病欠休暇管理用の 3 種類の管理用時間のカテゴリがあります。各組織のニーズに合わせて、特定のカテゴリが設けられる場合もあります。

タスクの設定および表示を構成する

タスクの進捗状況の更新方法は、各組織のニーズに合わせて、いくとおりかの方法で構成できます。

ページの先頭へ

時間とタスクの進捗状況を入力して提出する

チーム メンバーはタスクでの作業を進めるに従って、タスクに費やした時間をタイムシートを使用して入力できます。タスクの完了に向けての進捗状況は、サイト管理者による Project Web App の設定方法に応じて、タイムシートと同じビュー ("単一入力モード") または別個のビューを使用して入力できます。

必要な作業

説明

タイムシートで作業を報告する

タスクに費やされた時間を入力できるようにするには、タイムシートを作成します。

自分のタスクの状況を報告する

タスクの進捗状況は、タイムシートと同じビューで入力することも、タイムシートとは別のビューで入力することもできます。

タイムシートのタスク (行) を追加または削除する

ある期間内に作業したタスクがタイムシート上に表示されない場合は、そのタスクを個別の行として追加できます。

タスクの状況にタスクを追加する

ある期間内に作業したタスクが表示されず、タスクの進捗状況を報告できない場合は、そのタスクをタスクの実施状況に追加できます。

ページの先頭へ

時間とタスクの進捗状況を承認または却下する

チーム メンバーがタイムシートまたはタスクの進捗状況を提出したら、次は、承認者が提出された内容を確認して、これを承認または却下します。

必要な作業

説明

タイムシート全体を承認または却下する

承認待ちのタイムシートが多数ある場合は、各タイムシート行を確認するのではなく、タイムシート全体を承認または却下するとより効率的な場合があります。

タスクまたはタイムシート行を承認する

Project Web App のこのバージョンでは、個々のタスクの進捗状況の更新またはタイムシート行を承認または却下できます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×