概要: プロジェクトを設定する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

プロジェクトの概念イメージの設定

最初の計画を完了したら、または開始していない場合は、: Microsoft project 2010 を使用して、プロジェクト計画を作成して設定します。その後、プロジェクトの強力な機能を使用して、プロジェクトをより効率的に管理することができます。

ここでは、プロジェクトの設定の概要を順を追って説明します。個々のプロセスの詳細については、各手順のリンク先を参照してください。

この記事は、プロジェクトロードマップにおける多くのプロジェクト管理目標の1つです。

目的に合ったトピックをクリックしてください

手順 1: プロジェクトを作成する

手順 2: タスクを追加してリンクする

手順 3: プロジェクトにアウトラインを設定する

手順 4: カレンダーを作成する

手順 5: 保存して発行する

手順 1: プロジェクトを作成する

Project 2010の使用を開始する通常の方法は、新しい空白のプロジェクト計画を作成することです。または、必要なタスクやリソースを含む既存のプロジェクトまたはテンプレートに新しいファイルを作成することができます。

新しいプロジェクトを作成する

まず、クリーンスレートを使用して、タスク、リソース、およびその他のスケジュール情報を入力します。

プロジェクトを開く

既存のプロジェクトまたはテンプレートをプロジェクトの基準として使用して、前のプロジェクトに行った思想を活用します。

プロジェクト テンプレート

Word 2010 では、[ファイル]、[新規作成] の順に選び、Office.com で使用できる Project 2010 以前のテンプレートを検索します。

以前のバージョンのファイルを開く

project 2010 は、以前のバージョンの project を使用して作成されたプロジェクトを開きますが、変換は特定の機能に影響する可能性があります。

ページの先頭へ

手順 2: タスクを追加してリンクする

ほとんどのプロジェクトでは、まずタスク リストを用意し、それを発展させて本格的なプロジェクト計画とスケジュールを作成します。タスク リストを作成またはインポートしたら、タスク間の関係を定義できます。

タスクを追加する

通常のタスクおよび定期的なタスクを作成し、プロジェクト計画に追加します。

タスクをインポートする

他のプログラムのタスクおよびフィールド データを、プロジェクト計画に追加します。

マイルストーンを設定する

マイルストーンとは、プロジェクトの主要なイベントをマークすることで基準点として機能するタスクです。

タスク期間を設定する

タスクの完了に要する時間を判定し、その情報を計画に追加します。

タスク間のリンクを作成する

タスク リストに含まれるタスク間のリンク (依存関係) を作成します。1 つのタスクの実行が遅れると、後続のタスクが影響を受けます。

タスクを無効化する

タスクを取り消しますが、そのレコードはプロジェクト計画に保持します。これは、プロジェクトへの変更による影響をテストできる便利なツールです。

ページの先頭へ

手順 3: プロジェクトにアウトラインを設定する

タスクリストを整理して読みやすくするには、プロジェクトのタスクをインデントしてレベルするだけで、サマリータスクとサブタスクのアウトラインを作成できます。以前のバージョンとは異なり、 Project 2010では、サマリータスクのリストを作成して、その他の方法ではなく、そのためのサブトピックを作ることができます。

タスクにアウトラインを設定する

タスク リストに追加するタスクとサブタスクを作成します。

WBS 番号を追加する

wbs 番号を表示する場合は、プロジェクト内の既存の構造を使用するか、タスクを作成するときに wbs 番号の構造を指定するためのカスタム wbs コードマスクを作成することができます。

トップダウン プランニングを使用する

最初に主要なフェーズを設定してから、個々のタスクに分割します。

ページの先頭へ

手順 4: カレンダーを作成する

実行する必要があるものと、プロジェクト内のすべてのパーツが互いにどのように関係しているかをより的確に把握できるようになると、スケジュールの調整を開始できます。Project では、既定の稼働時間は、平日の 8:00 ~ 5:00 P.M. です。プロジェクト全体、特定のタスク、プロジェクトで作業しているリソースの予定表を設定できます。

稼働時間、休暇、祝日を設定する

すべての稼働日、一部の曜日 (毎週火曜日など)、または特定の日付 (祝日) の稼働時間を変更します。

タスクのカレンダーを作成する

特定のタスクの稼働時間と非稼働時間を指定します。

Project でのスケジュールの機能

Project でのスケジュールの計算方法と、手動でタスクをスケジュールする方法について説明します。

ページの先頭へ

手順 5: 保存して発行する

場合によっては、プロジェクトの変更の定期的な保存、バックアップ コピーの作成、別のプロジェクトに流用できるテンプレートの作成、または Project Server へのプロジェクトの発行が必要になることがあります。

プロジェクトを保存する

ローカル プロジェクトまたはエンタープライズ プロジェクトをコンピューターに保存します。

プロジェクトを発行する

Project Server の他のユーザーがプロジェクトを使用できるようにします。

計画を PDF ファイルまたは XPS ファイルに保存する

これらの形式は、ほとんどのコンピューターで表示できます。Project がインストールされていない場合も問題ありません。

ページの先頭へ|プロジェクトロードマップに戻る

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×