概要のレポートの転送

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

概要のレポートの転送

概要のレポートの転送、メール フローのダッシュ ボードでは、Office 365 の組織内の外部ドメイン内の受信者に自動的に転送されるメッセージに情報が表示されます。

[Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センター、メール フローのダッシュ ボードの転送の概要レポート

組織の転送のアクティビティでは次の 3 つの異なるピボットのデータを表示] ドロップダウンを使用してアクセスできるでできます。パーセンテージのピボット データを表示します。[データの表をビューにスイッチをテーブルの詳細の表示] をクリックします。

  • 転送する方法は、メッセージを転送するために使用する 3 つの方法を示しています。

    • SMTP 転送

    • 受信トレイのルール

    • [メール フロー ルール (トランスポート ルールとも呼ばれます)

  • ドメインの転送は、[レポート] ビューと詳細テーブルでのドメインの一覧で上位ジャンプ先のドメインを示しています。

  • フォワーダーでは、ボリュームを転送する、外部からのメールの最も原因となっている、組織内のメールボックスが表示されます。レポート ビューには、転送メッセージ全体のパーセンテージを最上位のフォワーダーが表示され、詳細の表には、転送の詳細をすべてを示します。

インサイト

レポートのデータに基づいて 2 つの分析結果が生成される:転送先の新しいユーザードメインの転送を新規作成します。各情報は、2 種類のデータの詳細については、新しい転送レポートに新しいフォワーダーまたはリンクのあるドメインの数の概要を示します。新しい転送レポートには、タイムライン ビューの新しいアクティビティと詳細の表の転送を開始したどのドメインにも表示されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×