検索結果の種類を管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

サイト コレクションの管理者またはサイト所有者は、検索結果の種類を作成して使用することで、特定の種類のドキュメントについての検索結果の表示方法をカスタマイズできます。

検索結果の種類を使用して、検索システムが特定の種類のドキュメントまたは検索結果に対して使用する表示テンプレートを指定します。ドキュメントはどれも同じではないので、検索結果も同じにする必要はありません。検索結果の種類と表示テンプレートを使用すると、ユーザーが目的の検索結果をはるかに簡単に見つけられるようになります。

検索結果の種類では、検索結果の比較対象となる 1 つ以上の条件 (検索結果の種類、検索先など) と、検索結果がそれらの条件を満たす場合に実行するアクションを指定します。アクションでは、検索結果に対して使用する表示テンプレートを指定します。

たとえば、[個人] という構成済みの検索結果の種類では、検索先が [ローカルのひとの結果] である場合に、[ひとのアイテム] 表示テンプレートを使用するように指定しています。[ひとのアイテム] 表示テンプレートでは、個人が作成したドキュメントなどの情報がホバー パネルに表示され、それらのドキュメントに簡単にアクセスできます。

また、[ContentType] プロパティが売上報告書含む場合に実行される検索結果の種類を設定し、売上報告書用の表示テンプレートを設定することもできます。ユーザーは検索結果が売上報告書であることをすぐに認識できます。

詳しくは、「検索結果の種類と表示テンプレートを使用して、検索結果の表示方法を変更する」をご覧ください。

構成済みの検索結果の種類が多数用意されており、それらを選んで使用することも、独自の検索結果の種類を新たに作成することもできます。検索結果の種類は、サイト コレクション レベルで構成することも、サイト レベルで構成することもできます。

新しい検索結果の種類を追加する

  1. サイト コレクションまたはサイトの [検索結果の種類の管理] ページに移動します。

    • サイト コレクションの場合:

      • サイト コレクションで [設定] に移動し、[サイトの設定] をクリックし、[サイト コレクションの管理] の [検索結果の種類] をクリックします。

    • サイトの場合:

      • サイトで [設定] に移動し、[サイトの設定]をクリックし、[検索] の [検索結果の種類] をクリックします。

  2. [検索結果の種類の管理] ページで、次のいずれかを実行します。

    • [新しい検索結果の種類] をクリックします。

    • 既存の検索結果の種類の一覧で、検索結果の種類の名前 ([個人] など) をクリックし、[コピー] をクリックします。そのコピーを変更して新しい検索結果の種類を作成できます。

  3. [一般的な情報] セクションの [名前の指定] ボックスで、検索結果の種類の名前を入力します。

  4. [条件] セクションの最初の一覧で、検索結果が一致する必要がある検索先を選びます。

  5. [条件] セクションの 2 番目の一覧で、一致する必要があるコンテンツの種類を選びます。すべてのコンテンツに一致させるには、このルールをスキップします。コンテンツの種類を追加するには、[値の追加] をクリックします。

  6. 管理プロパティに関連する高度な条件を追加するには、[表示する条件を多くする] を展開します。

    1. 最初の一覧で、一致させるプロパティを選びます。

    2. プロパティを 1 つ以上の値に関連付ける方法を選びます。

    3. プロパティの 1 つ以上の値をボックスに入力します。セミコロンを使用して区切ります。

    4. 一致させるプロパティを追加するには、[プロパティの追加] をクリックします。

  7. [アクション] セクションで、表示テンプレートを選びます。表示テンプレートの URL が [表示テンプレートの URL] に表示されます。

  8. この検索結果の種類が最も頻繁に使用する検索結果の種類に含まれる場合は、[頻繁に使えるように最適化する] ボックスをオンにします。

  9. [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×