検索結果の種類の構成について

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

表示テンプレートを使用すると、検索関連の Web パーツに表示する検索結果とその動作を制御することができます。構成済みの表示テンプレートが数多く用意されているほか、その他の表示テンプレートを作成することもできます。特定の種類の検索結果に対して使用する表示テンプレートを指定するには、検索結果の種類を使用します。検索結果の種類を使用すると、他の種類の検索結果から簡単に区別できるようにしたり、検索結果ページで特定の外観や動作を適用したりできます。検索結果の種類も、構成済みのものが数多く用意されています。その他の検索結果の種類を作成することもできます。検索結果の種類は、サイト コレクション レベルで構成することも、サイト レベルで構成することもできます。

検索結果の種類では、検索結果に対する 1 つ以上の条件 (検索結果の種類、検索先など) と、それらの条件が満たされた場合に実行するアクションを指定します。アクションでは、検索結果に対して使用する表示テンプレートを指定します。たとえば、[個人] という構成済みの検索結果の種類は、検索結果の検索先が [ローカルのひとの結果] の場合に [ひとのアイテム] 表示テンプレートを使用するように指定されています。[ひとのアイテム] 表示テンプレートでは、その人物が作成したドキュメントなどの情報がホバー パネルに表示され、それらのドキュメントに直接移動できます。

検索結果の種類を作成するには、[検索結果の種類の管理] ページで次のいずれかの操作を行います。

  • [新しい検索結果の種類] をクリックします。

  • 既存の検索結果の種類の一覧で、検索結果の種類の名前 ([個人] など) をクリックし、[コピー] をクリックします。そのコピーを変更して新しい検索結果の種類を作成できます。

詳しくは、次のトピックをご覧ください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×