検索管理レポート

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

検索管理レポートは、SharePoint ファームの Search サービス アプリケーションの正常性を調べる際に役立ちます。検索管理レポートには次の 3 種類があります。

  • 基本的な検索管理レポート: この種類のレポートは既定で有効になります。選択した Search サービス アプリケーションについて、すべてのコンポーネントから集計された基本的な監視データが表示されます。基本的な検索管理レポートには次の 4 つがあります。

    • コンテンツ ソース別のクロール レート: このレポートには、最近のクロール処理が、コンテンツ ソースごとに並べ替えて表示されます。アンカー クロールは、独立した (仮想の) コンテンツ ソースとして表示されます。

    • 種類別のクロール レート: このレポートには、最近のクロール処理が、指定された URL のアイテムおよび処理ごとに並べ替えて表示されます。これらのアイテムや処理には、変更済みアイテム、削除済みアイテム、再試行、エラーなどが含まれます。

    • クエリ全体の待機時間: このレポートには、最近のクエリ処理について、クエリ パイプラインの主要なセグメントの待機時間と平均クエリ数の 1 分ごとのデータが表示されます。

    • SharePoint バックエンド クエリの待機時間: このレポートには、最近のクエリ処理について、クエリ パイプラインの SharePoint バックエンド部分 (データベース、検索コンポーネントなど) の待機時間の詳細と平均クエリ数の 1 分ごとのデータが表示されます。

  • 高度な検索管理レポート: この種類のレポートは既定で有効になります。選択した Search サービス アプリケーションについて、すべてのコンポーネントから集計された詳細な監視データが表示されます。高度な検索管理レポートには次の 3 つがあります。

    • 処理単位のクロール処理: このレポートには、パイプラインでのクロール処理の発生箇所に関する 1 分ごとのデータが表示されます。コンポーネントごとのタイミングが、処理 (フィルター、改行など) ごとにまとめて表示されます。

    • コンポーネント単位のクロール処理: このレポートには、パイプラインでのクロール処理の発生箇所に関する 1 分ごとのデータが表示されます。タイミングがコンポーネント (ファイル プロトコル ハンドラー、アンカー プラグインなど) ごとにまとめて表示されます。

    • クロール キュー: このレポートには、クロール キューの状態について、プロセスに対する受信リンクとキューに格納された送信トランザクションが表示されます。

  • 詳細な検索管理レポート: 検索の詳細なクエリ監視を有効にすると、この傾向レポートに、クエリごとのデータに基づくクエリ待機時間の百分位が表示されます。詳細な検索管理レポートは次の 1 つだけです。

    • クエリ待機時間の傾向: このレポートには、現在のクロール レートに加え、エンド ユーザーとサーバー側のクエリ待機時間の内訳が百分位で表示されます。

      注: 詳細な検索管理レポートを有効にするには、次の Windows PowerShell コマンドレットを実行する必要があります。

      • $app =「アプリケーション名」を取得する SPEnterpriseSearchServiceApplication

      • $app ="True"を設定する SPEnterpriseSearchServiceApplication – VerboseQueryMonitoring

      • $app =「アプリケーション名」を取得する SPEnterpriseSearchServiceApplication

      • $app します。Update()

検索管理レポートの前提条件

検索管理レポートを取得するには、クロール済みデータと検索センターが準備された Microsoft SharePoint Server 2010 または Microsoft Search Server 2010 環境が必要です。また、ファーム構成ウィザードで State Service を有効にしておく必要があります。

検索管理レポートに移動する

検索管理レポートはすべて、[検索管理レポート] フォルダーに格納されます。このフォルダーにアクセスするには、"ファームの管理者" SharePoint グループに属している必要があります。

  1. サーバーの全体管理で [監視] をクリックします。

  2. [監視] ページの [レポート] セクションで [管理レポートの表示] をクリックします。

  3. [管理レポート ライブラリ] ページで [検索管理レポート] をクリックします。

  4. [検索管理レポート] ページで、表示するレポートをクリックします。高度な検索管理レポートを表示するには、[詳細レポート] をクリックします。

検索管理レポートのデータをフィルターする

検索管理レポートには、既定では、すべての検索アプリケーションについての過去 12 時間分のデータが表示されます。レポートのデータは、次の方法でフィルターすることができます。

レポートの対象を 1 つ以上の特定の Search サービス アプリケーションだけに制限するには

  1. レポートのページで、[アプリケーション] ボックスの横にあるフィルター アイコンをクリックします。

  2. [フィルター値の選択] ダイアログ ボックスで、Search サービス アプリケーションを選択し、[OK] をクリックします。

  3. [フィルターの適用] をクリックしてレポートを更新します。

レポートの対象を特定の期間だけに制限するには

  1. レポートのページで、[開始日] と [終了日] のカレンダーと時刻をクリックして期間を指定します。

  2. [フィルターの適用] をクリックしてレポートを更新します。

検索管理レポートの詳細については、TechNet を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×