検索利用状況データを確認する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

利用状況レポートを実行する場合、これらのレポートを [情報管理ポリシー利用状況レポート] ページで構成する必要があります。ポリシー利用状況レポートを有効にし、構成するには、次の手順に従います。

  1. サイド リンク バーの [監視] をクリックします。

  2. [監視] ページの [レポート] で、[情報管理ポリシー利用状況レポートの確認] をクリックします。

  3. [情報管理ポリシー利用状況レポートの確認] ページの [Web アプリケーション] セクションに、構成する Web アプリケーションが表示されていない場合は、[Web アプリケーション] メニューの [Web アプリケーションの変更] をクリックします。[Web アプリケーションの選択] ダイアログ ボックスで、構成する Web アプリケーションをクリックします。

  4. SharePoint でポリシー利用状況レポートが作成されるようにする場合は、[情報管理ポリシー利用状況レポート] ページの [定期レポートのスケジュール] セクションで [ポリシー利用状況の定期レポートを有効にする] をオンにし、日単位、週単位、または月単位でレポートが生成されるように構成します。

    レポートをすぐに作成するには、[レポートを今すぐ作成] をクリックします。

  5. [レポート ファイルの場所] セクションの [レポート ファイルの場所] ボックスに、レポートの保存先の URL を入力します。[URL のチェック] をクリックして、場所が正しく入力されていることを確認します。

  6. 既定のレポート テンプレートを使用する場合は、[レポート テンプレート] セクションの [既定のレポート テンプレートを使用する] をオンにします。カスタム レポート テンプレートを使用する場合は、[カスタム レポート テンプレートを使用する] をオンにし、[カスタム テンプレートの URL] ボックスに使用するカスタム レポート テンプレートのパスとファイル名を入力します。[URL のチェック] をクリックして、パスが正しく入力されていることを確認します。

  7. [テンプレートのテスト] をクリックして、カスタム テンプレートが有効であることを確認します。

  8. [OK] をクリックします。

この製品に関する最新の総合的なコンテンツについては、http://technet.microsoft.com を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×