検索先を管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

検索先は、結果を特定のコンテンツ、または検索結果のサブセットに制限します。 検索先を使って、Bing などの外部プロバイダーにクエリを送信することもできます。

SharePoint Online 管理者は、その SharePoint Online インスタンス (テナント) 内のすべてのサイト コレクションとサイトの検索先を管理できます。 サイト コレクション管理者はサイト コレクションの検索先を管理でき、サイト所有者はサイトの検索先を管理できます。

独自の検索先を作成することも、定義済みの検索先を使用することもできます。 検索先を作成した後で、検索 Web パーツと、それを使うクエリ ルール アクションを構成します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

新しい検索先を作成します。

検索先を既定として設定します。

新しい検索先を作成する

  1. テナント、サイト コレクション、または 1 つのサイト用の [検索先の管理] ページに移動します。

    テナント

    1. Office 365 管理センターにサインインします。

    2. [管理]、[SharePoint] の順に選びます。SharePoint 管理センターが表示されます。

    3. [検索] をクリックし、検索管理のページで [検索先の管理] をクリックします。

    サイト コレクション

    サイト コレクションで [設定] に移動し、[サイトの設定] をクリックし、[サイト コレクションの管理] の [検索先] をクリックします。

    サイト

    サイトで [設定] に移動し、[サイトの設定] をクリックし、[検索] の [検索先] をクリックします。

  2. [検索先の管理] ページの [新しい検索先] をクリックします。

  3. [一般的な情報] セクションに、新しい検索先の名前と説明を入力します。

  4. [プロトコル] セクションで、検索結果の取得に使うプロトコルを選びます。

    このプロトコルを選択します。

    検索結果を取得するには

    ローカルの SharePoint

    このテナントの検索インデックス (Search Service)。

    リモートの SharePoint

    別のファーム (外部ソース) の検索サービスのインデックス。

    [リモート サービス URL] ボックスに、リモートの SharePoint ファームのルート サイト コレクションのアドレスを入力します。

    OpenSearch 1.0/1.1

    OpenSearch 1.0/1.1 プロトコルを使う検索エンジン。

    Exchange

    Microsoft Exchange Server。

    検索システムを自動的には、Exchange Server エンドポイントを見つけるか、結果の取得元に Exchange web サービスの URL を入力して、使用する自動検出] をクリックして、 https://contoso.com/ews/exchange.asmxなどです。

    注: Exchange Web Services Managed API が、検索サービスを実行中のコンピューターにインストールされている必要があります。

  5. プロトコルとして [ローカルの SharePoint] または [リモートの SharePoint] を使う場合は、[種類] を選びます。

    • インデックス全体を検索するには、[SharePoint 検索結果] を選びます。

    • ユーザーのプロファイルを検索し、名前の発音による照合やニックネームによる照合など、人の検索に固有なクエリ処理を有効にするには、[ひとの検索結果] を選びます。

  6. クエリの変換] セクションで、新しいクエリ テキストを使用するように入力されるクエリを変更できます。これらのオプションのいずれかを選択します。

    1. 既定のクエリ変換 (searchTerms) のままにします。 クエリは、前の変換のままになります。

    2. 別のクエリの変換をボックスに入力します。クエリ変換についての詳細を表示を参照してください。

    3. 独自のクエリを作成するには、[クエリ ビルダーを起動します] をクリックします。

      1. [基本] タブ:

        このオプションを選択します。

        目的

        キーワード フィルター

        キーワード フィルターを使って、定義済みのクエリ変数をクエリ変換に追加します。 一覧からクエリ変数を選び、[キーワード フィルターの追加] をクリックしてクエリに追加します。

        プロパティ フィルター

        プロパティ フィルターを使って、検索スキーマ内で [クエリ可能] に設定されている管理プロパティのコンテンツを照会します。

        [プロパティ フィルター] の一覧から管理プロパティを選びます。 [プロパティ フィルターの追加] をクリックして、フィルターをクエリに追加します。

        注: プロパティ フィルターの一覧では、ユーザー設定の管理プロパティは表示されません。クエリ テキスト] ボックスで、クエリにユーザー設定の管理プロパティを追加するには、 MyCustomColorProperty:Greenなど、クエリの条件が続く、ユーザー設定の管理プロパティの名前を入力します。

      2. [並べ替え] タブ:

        このオプションを選択します。

        目的

        結果の並べ替え

        結果の並べ替えを定義します。 [並べ替え] の一覧には、検索スキーマ内で並べ替え可能と設定されている管理プロパティが含まれています。

        1. 並べ替えるプロパティを選び、[降順] または [昇順] を選びます。 関連性によって並べ替えるには、[ランク] を選びます。

        2. 並べ替えの他のレベルを指定する場合は、[並べ替えレベルの追加] をクリックします。

        ランク付けモデル

        [並べ替え] の一覧から [ランク] を選んだ場合は、並べ替えに使うランク付けモデルを選びます。

        動的順序付け

        特定の条件を満たしたときに結果ブロック内の結果の順序を変えるルールを追加して、追加のランク付けを指定するには、[動的順序付けルールの追加] をクリックします。 表示される一覧から選ぶことで、条件を追加できます。

      3. [テスト] タブ:

        このオプションを選択します。

        目的

        クエリ テキスト

        元のクエリ テンプレート、適用可能なクエリ ルール、変数値に基づく、最終的なクエリ テキストを確認します。

        詳細表示

        リンクをクリックして他のオプションを表示します。

        クエリ テンプレート

        [基本] タブ、または [検索先の追加] ページの [クエリの変換] セクション内のテキスト ボックスで定義されたクエリを表示します。

        クエリ テンプレート変数

        クエリ変数の値を指定して、クエリ テンプレートをテストします。 [テスト クエリ] をクリックして結果を確認します。

      4. 終了したら [OK] をクリックして、[検索先の追加] ページに戻ります。

  7. [資格情報の情報] セクションで、ユーザーが検索先に接続するための認証の種類を選びます。

  8. [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

検索先を既定として設定する

既定の検索先は [ローカル SharePoint の結果] ですが、別の検索先を既定として選ぶこともできます。 これを行うと、検索 Web パーツでクエリを簡単に編集できるようになります。 たとえば、コンテンツ検索 Web パーツをページに追加すると、Web パーツで自動的に既定の検索先が使われます。

  1. テナント、サイト コレクション、または 1 つのサイト用の [検索先の管理] ページに移動します。

    テナント

    1. Office 365 管理センターにサインインします。

    2. [管理]、[SharePoint] の順に選びます。SharePoint 管理センターが表示されます。

    3. [検索] をクリックし、検索管理のページで [検索先の管理] をクリックします。

    サイト コレクション

    サイト コレクションで [設定] に移動し、[サイトの設定] をクリックし、[サイト コレクションの管理] の [検索先] をクリックします。

    サイト

    サイトで [設定] に移動し、[サイトの設定] をクリックし、[検索] の [検索先] をクリックします。

  2. [検索先の管理] ページで、既定に設定する検索先をポイントし、表示される矢印をクリックし、 [既定に設定] をクリックします。

ページの先頭へ

以下の項目も参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×