検索先について

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

SharePoint Server 2010 では、フェデレーション対象と範囲を使って、検索を特定のコンテンツ セットまたは検索結果のサブセットに制限していました。SharePoint Server 2013 では、検索先がこの機能を果たします。

検索先を作成し、この検索先について、検索結果を取得する場所と、検索結果を取得するために使うプロトコルを指定します。SharePoint Server 2010 では、場所とプロトコルを指定するにはフェデレーション対象を作成していました。プロトコルとして、ローカルの SharePoint インデックス、FAST Search Server 2010 for SharePoint インデックス、または OpenSearch を指定できました。これに対し、SharePoint Server 2013 のプロトコル (ソースの種類と呼ばれます) には、ローカルの SharePoint インデックス、リモートの SharePoint インデックス、OpenSearch、または Microsoft Exchange Server インデックスを指定できます。ソースの種類としてリモートの SharePoint インデックスを指定する場合は、SharePoint Server 2010 と異なり、認証を処理するためにカスタム コードを提供する必要がありません。

検索先] で制限することもクエリには、コンテンツのサブセットを使用して、 クエリに変換します。たとえば、「ローカル ビデオの結果」の定義済みの検索先はクエリの変換を使用して、ローカル SharePoint のインデックスからビデオの結果のみを返します。SharePoint Server 2010 では、検索範囲を使用して、このようなクエリの条件を構成します。

検索結果ページでは、特定の検索先に対するクエリの結果を、結果ブロックや専用の Web パーツなど、複数の方法で表示できます。

SharePoint Server 2010 では、Search Service アプリケーションの管理者だけがフェデレーション対象を管理、構成できました。これに対して SharePoint Server 2013 では、サイト コレクション管理者、サイト所有者、サイト デザイナーも、特定の要件に合うように検索先を作成して構成できます。Search Service アプリケーションの管理者に頼る必要はありません。

詳細については、次のトピックを参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×