検索フォルダーを作成する

検索フォルダーを作成する

注: Outlook 2016 の [頻繁に使用するテキスト フィールド] で [高度な検索] を使用してメッセージを検索すると、次のエラー メッセージが表示される場合があります: Outlook では指定した検索を行うことができません。Outlook では、このビューを表示できません。メモリまたはシステム リソースが不足しています。ウィンドウまたはプログラムを閉じて、もう一度お試しください。 修正プログラムをリリースするために、この問題に取り組んでいます。解決するまで、問題の回避策やさらに詳しい情報については、この記事を参照してください。

検索フォルダーは、特定の検索条件と一致するすべての電子メール アイテムを表示する仮想フォルダーです。たとえば、[未読のメール] 検索フォルダーを使用すると、メッセージが複数の異なるフォルダーに保存されている場合でも、すべての未開封メッセージを 1 つのフォルダー内に表示できます。

注記: 

  • 検索フォルダーでは、複数の Outlook データ ファイル (.pst) からの検索結果を含めることはできません。

  • 検索フォルダーでは、指定したテキスト文字列との前方一致がサポートされています。たとえば、"rain" という単語が含まれるすべてのメッセージを検索フォルダーに格納する場合、"raining" または "rainy" が含まれるメッセージも格納されますが、"brain" のような単語が含まれるメッセージは格納されません。

定義済みの検索フォルダーを追加する

  1. [メール] で、[フォルダー] をクリックします。

  2. [新規作成] で [新しい検索フォルダー] をクリックします。

    ショートカット キーの使用    検索フォルダーを作成するには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら P キーを押します。

  3. [検索フォルダーを選択してください] ボックスの一覧で、追加する検索フォルダーをクリックします。

  4. 入力を求められたら、[検索フォルダーのカスタマイズ] で、使用する検索条件を指定します。

  5. 別のメールボックスを選択して検索するには、[検索フォルダーのカスタマイズ] で [メールの検索場所] ボックスの矢印をクリックし、一覧からメールボックスを選択します。

ヒント: 検索フォルダーの検索条件を変更するには、ナビゲーション ウィンドウでフォルダーを右クリックし、[この検索フォルダーのカスタマイズ] をクリックします。次に、[条件] をクリックして条件を変更します。[受信トレイ]、[下書き]、[送信済みアイテム] などの [メールの読み取り] グループの検索フォルダーの条件は変更できません。

ページの先頭へ

カスタム検索フォルダーを作成する

  1. [メール] で、[フォルダー] をクリックします。

  2. [新規作成] で [新しい検索フォルダー] をクリックします。

    ショートカット キーの使用    検索フォルダーを作成するには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら P キーを押します。

  3. [検索フォルダーを選択してください] ボックスの一覧で、[カスタム検索フォルダーを作成する] をクリックします。

  4. [検索フォルダーのカスタマイズ] で、[選択] をクリックします。

  5. カスタム検索フォルダーの名前を入力します。

  6. [条件] をクリックし、使用するオプションを選択します。

    • [メッセージ] タブには、メッセージの内容、または差出人、キーワード、宛先などのプロパティに関する条件が表示されます。

    • [詳細設定] タブには、重要度、フラグ、添付ファイル、分類など、メッセージのその他の状態に関する条件が表示されます。

    • [詳細設定] タブでは、詳細な条件を作成できます。[検索条件の設定] で [フィールド] をクリックし、設定する条件の種類をクリックして、一覧から特定の条件をクリックします。次に、[条件] ボックスと [] ボックスで、設定するオプションをクリックし、[一覧に追加] をクリックします。この検索フォルダーに追加する各条件に対してこの手順を繰り返し、完了したら [OK] をクリックします。

  7. [参照] をクリックし、検索の対象とするフォルダーを選択します。

  8. [OK] をクリックして、開いている各ダイアログ ボックスを閉じます。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×