検索センター サイトをカスタマイズする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

検索センター サイト テンプレートは、コードを使用せずに容易にカスタマイズまたは拡張できるようになっているため、検索機能を利用するユーザーに合った最適な使用感を提供することができます。この記事では、検索センター サイトのしくみ、カスタマイズの方法、より詳しい情報を入手するためのリソースなどを大まかに紹介しています。

目的に合ったトピックをクリックしてください

検索センター サイトのしくみ

検索センター サイトをカスタマイズする方法

検索センター サイトのページを編集します。

検索センター サイトのページに Web パーツを追加します。

ツール ウィンドウを使用して Web パーツの編集します。

詳細については、リソース

検索センター サイトのしくみ

検索センター サイトの基本的なしくみをごく簡単に説明します。まず、検索センター サイトの検索ページ (default.aspx) に設けられた検索ボックス Web パーツにユーザーがクエリを入力すると、クエリ エンジンが Search サービスに対して要求を送信します。Search サービスから結果が返され、それが検索結果ページ (results.aspx) の各種 Web パーツに表示されます。同じプロセスは、ユーザーが高度な検索ページ (advanced.aspx) を使用してクエリを作成したときにも実行されます。ユーザーに表示されるのは、閲覧権限のある結果だけです。

すべての検索ページは Web パーツ ページであり、ニーズに応じて構成できる検索 Web パーツを少なくとも 1 つ使って事前に構成されます。Web パーツは追加または削除できるほか、ページ上の位置を変更することもできます。Web パーツはそれぞれが、結果を表示したりクエリを受け付けたりする独立したコンポーネントですが、ユーザーにとっての操作性はあくまで、これらの Web パーツが互いに連携した結果として生まれるものです。

検索センター サイトは、組織内の他のサイトと同様、権限を継承します。固有の権限を使用するようにサイトをセットアップすることもできます。検索してその結果を表示するためには、サイトにアクセスするための権限がユーザーに付与されている必要があります。

ページの先頭へ

検索センター サイトをカスタマイズする方法

検索センター内のページは、いくつかの方法でカスタマイズできます。簡単な方法としては、既定の Web パーツのプロパティを変更することが挙げられます。たとえば、検索結果ページに表示される結果の件数は、主要な検索結果 Web パーツのプロパティを変更することによって変更できます。

一部の Web パーツは、XSL を Web パーツ プロパティとして持っているため、外観やレイアウトをより柔軟にカスタマイズすることができます。XSLT に関する少しの知識で、ページ上に表示される結果の体裁を変更することができます。たとえば、既定では、キーワード検索の結果が太字体で示されます。XSL に変更を加えることにより、検索結果にキーワードが黄色で強調表示されるように変更できます。

ページの見た目や操作感は、Web パーツの追加と削除、移動などによって変更できます。検索 Web パーツは、既成のものがいくつか用意されており、結果の表示機能やユーザー インターフェイスのデザイン機能を提供するように、あらかじめブログラムされています。検索 Web パーツとその動作説明の一覧を次に示します。

Web パーツの名前

説明

高度な検索のボックス

高度な検索のエントリ ポイントです。ドキュメント メタデータなど、より絞り込んだ範囲のクエリが可能になります。

中国語のデュアル検索

簡体字および繁体字の両方の中国語でコンテンツを検索します。

フェデレーション検索結果

外部ソース (Live.com など) を対象として、検索ボックス Web パーツに入力されたクエリの結果を表示します。

絞り込みパネル

結果の概要をドキュメントの種類や作成者別に表示します。

関連するクエリ

検索ボックスに入力されたキーワードまたは語句に似たクエリに対するリンクのリストを提供します。

検索操作リンク

ユーザーは、RSS や通知など、結果セットのハイパーリンクをクリックできます。

検索のおすすめコンテンツ

特定のキーワード用語に一致した URL の結果を表示します。

検索ボックス

ユーザーがキーワード クエリを入力する場所です。

主要な検索結果

一連の結果、表形式データ、メタデータ、および URL を表示します。スニペットと呼ばれる結果の説明も含まれます。

検索ページ

結果セットのページ番号と移動用の矢印 (進む/戻る) です。

検索の統計

特定のクエリに対する結果の合計件数と処理に要した時間を表示します。

検索結果

クエリの代替スペルを提供します。"検索語句の候補 Web パーツ" と呼ばれることもあります。

上位フェデレーション検索結果

構成済み場所から上位 "x" 件の結果を一覧表示します。

表示される Web パーツは、インストールされている製品によって異なる場合があります。また、最上位の Web サイトの所有者によって、Web パーツが削除されていたり、Web パーツのタイトルが変更されている場合もあります。

ページの先頭へ

検索センター サイト内のページを編集する

ページの編集には、ブラウザーのほか、SharePoint Designer などのツールを使用できます。検索センター サイト (default.aspx) または結果ページ (results.aspx) を編集するには、サイトの所有者またはそれ以上の権限が必要です。

  • 検索センター サイトのホーム ページまたは結果ページで、[サイトの操作] メニューの [ページの編集] をクリックします。

ページが編集モードになり、Web パーツを追加したり、ページ上の Web パーツの位置を変更したりできるようになります。

サイトの発行が有効になっている場合、変更内容はチェックインして初めてユーザーに表示されます。

ページの先頭へ

Web パーツを検索センター サイトのページに追加する

Web パーツは、Web パーツ ページに追加して、必要に応じて変更できるコードの一部が含まれているモジュールです。SharePoint Server 2010ユーザーが検索結果 Web パーツのいくつかの種類にクエリを入力、検索ボックス Web パーツからまで 15 個を超える検索 Web パーツが表示されます。結果 Web パーツを使用すると、選択し、[ユーザーの検索結果の環境を構成することができます。Web パーツをページに配置するのには、次の手順を使用します。

  1. 検索センター サイトのホーム ページまたは結果ページで、[サイトの操作] メニューの [ページの編集] をクリックします。

  2. Web パーツを追加する Web パーツ領域で、[Web パーツの追加] をクリックします。

  3. [カテゴリ] で [検索] を選択して、検索 Web パーツを表示します。

  4. ページに追加する Web パーツの名前をクリックします。

  5. [追加] をクリックして、Web パーツをページに追加します。

ページの先頭へ

ツール ウィンドウを使用して Web パーツを編集する

高度な設定を行うことができる Web パーツは、高い柔軟性を備えており、さまざまな要求を満たすことができます。ページに追加した Web パーツを構成するには、[編集] メニューの [共有 Web パーツの変更] または [Web パーツの編集] をクリックします。ユーザーがページを使い始めた後で Web パーツを構成するには、ページを編集モードに切り替えてください。

すべての Web パーツには、その Web パーツに固有のプロパティ グループが少なくとも 1 つと、すべての Web パーツに共通のプロパティ グループが複数あります。共通のプロパティには、外観とレイアウトなどの設定が含まれています。

ページの先頭へ

関連情報

Web パーツを使用して、Web パーツの共通プロパティの構成方法については、 Microsoft SharePoint Foundation 2010ヘルプを参照してください。Web パーツ、検索を使用するまたは XSLT の使用に関する情報を含む、カスタム検索センター サイトの作成の詳細については、www.microsoft.com \enterprisesearch、または MSDN の [リソースのトピックを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×