検索のヒント

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

情報を検索しても、期待する結果が得られないことがあります。

会社や組織で検索できない情報について質問がある場合は、サイト管理者または会社のヘルプ デスクに問い合わせてください。ここでは、SharePoint の検索エンジンが検出する結果の微調整についてのヒントについて説明します。

検索結果がまったくないか、少なすぎる場合

情報を検索しているときに結果が表示されない場合、すべての単語が正しく入力されているのであれば、次のように検索範囲を広げてみます。

  • 関連コンテンツ全体を検索しており、検索をコンテンツの一部だけ (人物やビデオなど) に限定していないことを確認します。

  • 検索語句を減らします。 たとえば、"営業レポート" ではなく "レポート" にします。

  • より一般的な検索語句を使います。 たとえば、"ラップトップ" ではなく "コンピューター" や "PC" を使います。

  • クエリに含まれる単語の末尾にワイルドカード文字として * を使います。たとえば、"micro*" と指定すると、"Microsoft" または "microchip" を含むドキュメントが検索されます。単語の先頭または単語の途中に * を使っても機能しません。

これらのヒントは、検索結果が多すぎる場合にも効果があります。検索範囲を広げたら、絞り込み条件を使って検索結果を絞り込み、探している情報を見つけてください。

役に立たない場合は、コンテンツが実際には検索可能ではない可能性があります。

  • 表示アクセス許可のないものを探している場合、検索から結果は返されません。つまり、同じクエリでもユーザーによって結果が異なる可能性があります。たとえば、部下には上司と同じファイルを表示するアクセス許可はないことがあります。

  • コンテンツが新しい場合、検索システムでまだ検出されない可能性があります。しばらく待ってからやり直してください。それでもまだ結果が得られない場合は、検索している Web ページの責任者に確認します。探しているコンテンツが検索対象から除外されている可能性があります

  • 組織によっては、ライブラリでファイルのメジャー バージョンとマイナー バージョンの両方を追跡していることがあります。通常、ファイルが開発中のときはマイナー バージョンが使われ、特定のマイルス トーンに達したとき、またはファイルが多くのユーザーでレビューできる状態になったときは、メジャー バージョンが使われます。ファイルを検索する場合、検索結果にはメジャー バージョンのみが含まれ、マイナー バージョンは含まれません。アクセス許可とバージョン管理の詳細については、こちらをご覧ください

SharePoint 管理者の場合は、コンテンツが検索可能であることを確認する方法をご覧ください。

ページの先頭へ

検索結果が多すぎる場合

検索結果が多すぎて、絞り込み条件を使って検索結果を減らしても情報が見つからない場合は、[高度な検索] を使って、より具体的に条件を設定します。

[高度な検索] ページを使うと、特定の単語や語句の有無や、言語や検索結果の種類での絞り込みで、情報を検出できます。 特定のドキュメント プロパティを使って検索することもできます。たとえば、"作成者が次の値を含む John Doe" などと指定できます。

[高度な検索] のリンクが表示されない場合は、次のような高度なクエリを作成することができます。

  • ("wind farms" OR "solar panels") AND (title:"innovations" OR title:"technologies")

  • author:"Shakespeare" AND "To be or not to be"

文書の検索ボックスに直接クエリの詳細についてください。

ページの先頭へ

適切な構文の使用について

結果が表示されずに、構文が正しいことを確認するように求めるエラー メッセージが表示される場合は、検索システムで高度なクエリ (キーワード クエリ言語 (KQL) クエリ) として解釈された検索構文にミスがあることを意味します。

正しい構文を使っていること、特にかっこや二重引用符の数が正しいことを確認してください。かっこや二重引用符を含む語句を検索する場合は、語句全体 (かっこや二重引用符を含む) を二重引用符で必ず囲みます。高度な/KQL クエリの構文についてはこちらをご覧ください

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×