検索し、Office 365 でユーザーの名前を付けて検疫メッセージをリリース

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office 365ユーザーの場合は、2 つの方法で送信元の代わりに検疫に受信したメッセージを管理することができます:直接的に送信されたスパム通知に応答する(この場合、管理者が設定)] または [セキュリティとコンプライアンス センターを使用しています。

注: 管理者の場合、できます検疫メッセージを管理する他のユーザーに、組織内で。

ではなく検疫に送信されたメッセージを表示します。

  1. Office 365セキュリティとコンプライアンス センターに移動する職場または学校のアカウントを使用してにサインインします。

  2. 左側の脅威の管理を展開、確認] を選択し、検査します。

    ヒント: 

既定では、[セキュリティとコンプライアンス センターは、迷惑メールとして検疫されたすべてのメール メッセージが表示されます。メッセージは、メッセージを受信した日時に基づいてから順に並べ替えられます。送信者件名、および [期限切れ日時) の有効期限日もメッセージごとに表示されます。対応する、列ヘッダーをクリックしてフィールドで並べ替えることができます。並べ替え順序を逆にする列の見出しを 2 回目をクリックします。

すべての検疫済みメッセージの一覧を表示できます。また、フィルターを使用して特定のメッセージを検索できます。一括操作は 100 件以下に対して実行できます。100 件を超える場合は、フィルターを使って結果セットを減らして実行することができます。1 つの検疫理由にメッセージをすばやくフィルターするには、ドロップダウン リストのオプションを選択します。次のオプションがあります。

  • メールを迷惑メールとして識別します。既定では、これらの検疫メッセージが表示されます。

  • メールを迷惑メールとして識別します。

特定の検疫メッセージを確認した後、詳細を表示するメッセージをクリックし、操作を実行します。受信トレイにメッセージを解放してメッセージをプレビューする、メッセージをダウンロードするか、または検疫からのメッセージをすぐに削除できます。

注: 他のユーザーに送信された検疫済みメッセージを処理するには、Office 365 の管理者アクセス許可が必要です。

検疫メッセージを検索するには

検疫済みのアイテムの多くを使っている場合にフィルターを適用して管理しやすい規模の数を減らすことができます。

  1. [検査] ページで、次のように選択します。 メッセージは検疫スパムまたは一括を表示するかどうか。

  2. [による結果の並べ替え、フィルター (この時点でワイルドカードを使用できません)、適切なフィルターを設定して条件の任意の組み合わせを選択します。選択できるなど、次のいくつかの条件があります。

    • メッセージ ID メッセージ ID がわかっているメッセージを選ぶときに使用します。

      たとえば、目的のメッセージの送信者または宛先が組織内のユーザーであり、宛先に到達しない場合、メッセージ追跡を使用してメッセージを検索できます (「メッセージの追跡を実行し、結果を表示する」を参照してください)。メッセージが検疫に送信された場合、メール フロー ルールに一致したか、スパムと識別された可能性があります。この場合、メッセージ ID を指定して検疫のメッセージを簡単に見つけることができます。メッセージ ID 文字列は省略せずに指定してください。ID には、次の例のように、山かっこ (<>) が含まれることもあります。

      <79239079-d95a-483a-aacf-e954f592a0f6@XYZPR00BM0200.contoso.com>

    • 送信者のメール アドレス 1 つの送信者のメール アドレスによってフィルター処理する場合に選択します。

    • 受信者のメール アドレス 1 つの受信者のメール アドレスによってフィルター処理する場合に選択します。

    • 件名 検索するメール アドレスの件名を入力します。

    • 日付の範囲検査するメッセージが送信された日付をフィルター処理することができます。日付または時刻を含む、日付の範囲を指定できます。

    • 有効期限日有効期限の日付をフィルターするには、高度なフィルターを選択します。24 時間以内 (現在)、48 時間以内 (次の 2 日) (次の 7 日間)、次の週検疫から削除されるメッセージを選択またはユーザー設定の時間間隔を選択することができます。

      重要: 既定では、メッセージを迷惑メールおよび一括は 30 日間の検疫に保持されます。ただし、次の期間を構成することは、管理者が検疫を別の保持期間を設定している可能性があります。削除すると Office 365 メッセージ検疫から、再び取得できません。

特定のメッセージの詳細情報を表示する

メッセージを選択すると、ページの右側のウィンドウに表示するメッセージのプロパティの概要が表示されます。

  • メッセージ ID:メッセージの一意の識別子。

  • 送信者アドレス:ユーザーは、メッセージを送信します。

  • 受信:メッセージを受信した日付。

  • 件名:メッセージの件名のテキスト。

  • 理由を検疫:メッセージを迷惑メールまたは一括として指定されている場合に表示されます。

  • 有効期限が切れる:検疫からメッセージを削除する場合の日付。

  • にリリース:すべてへのメール アドレス (存在する場合) メッセージがリリースされました。

  • にリリースされていない:すべてへのメール アドレス (存在する場合) をメッセージがリリースされていません。(詳細については、次のセクション内のメッセージを解放) 受信トレイにメッセージを解放する場合は、リリース選択できます。

次のオプションのいずれかを選択してもの詳細については、メッセージを取得できます。

  • ビューのメッセージ ヘッダーメッセージのヘッダー テキストを表示する場合に選択します。奥行きのヘッダーを分析するをクリックし、[メッセージのヘッダー テキストをクリップボードにコピーして、[リモート接続アナライザーに移動するのには、 Microsoft メッセージ ヘッダー アナライザー ] を選びます (右クリックし、Office 365 のままにしたくない場合、新しいタブで開く] を選びますこのタスクを完了)。メッセージ ヘッダー アナライザー] セクションで、ページ上にメッセージのヘッダーをペーストし、分析のヘッダーを選択します。

  • メッセージのプレビュー メッセージ本文の raw バージョンまたは HTML バージョンを表示できます。HTML 表示の場合、リンクは無効です。

検疫メッセージを管理します。

メッセージまたはメッセージのグループを選択すると後で検疫メッセージを管理するためのいくつかのオプションがあります。

  • 何を実行します。何の操作も行わない場合は、メッセージが削除されます Office 365 によって自動的に有効期限。Office 365 でのメッセージを削除すると、覚え検査からをもう一度表示します。

  • リリース メッセージメッセージは受信トレイに送信されるように、検疫メッセージ (または一連のメッセージ) を離します。メッセージを離すと、分析するため、メッセージを Microsoft に報告するオプションがあります。

    メッセージを false、正の数値としてのレポートとも呼ばれる、メッセージを報告するメッセージが Microsoft 迷惑メールの分析チームに報告されます。チームを使用して評価 false の正のメッセージが分析や分析の結果、によってからこれらのメッセージを許可するサービス全体の迷惑メール コンテンツ フィルターのルールを調整することがあります。

  • メッセージをダウンロードします。.Eml ファイルとして、メッセージをダウンロードすることができます。メッセージをダウンロードするには、メッセージを解放するよりも前のメール クライアント、.eml ファイルを確認できます。

  • 検疫から削除します。メッセージを削除、すぐに検疫から受信トレイにメッセージのボタンを押したまま。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×